HOME   »   大相撲  »  [大相撲2018・3月場所] 魁聖の15日間
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 3月場所は、横綱・鶴竜が13勝2敗で優勝しました。
 2017年の苦闘を乗り越えての見事な優勝でした。

 そして、「準優勝」と呼んでも良い12勝3敗の力士が2名いました。
 大関・高安と前頭六枚目・魁聖でした。

 一時は「二場所連続の平幕優勝か」とも期待された魁聖の、15日間を観て行きましょう。

 初日の北勝富士との対戦は力強いものでした。体調の良さが感じられたのです。
 とはいえ、自己最多勝ち星を挙げる場所に成ろうとは、思いもよりませんでした。

 2日目の阿炎から9日目の竜電までの8日間は、一言で言えば「とても安定した取口」でした。
 故障のせいか、これまではどうしても取組において「腰の弱さ」が出がちだった魁聖なのですけれども、今場所は「どっしり」と安定していました。腰が安定していれば、もともとの大きな体と、意外に?器用な取口が生きるのです。

 「9連勝」で10日目の逸ノ城戦を迎えました。横綱・鶴竜との並走でした。

 この逸ノ城との一番で魁聖は今場所の初黒星を喫しました。
 「がっぷり四つ」から力負けした形でしたが、今場所の逸ノ城とがっぷり四つになって勝ち切ることが出来る力士は、全体でも「数えるほどしか」いない(相撲関係者の中には栃ノ心しか居ないという人もいます)ので、これは魁聖が取口を間違えたというところなのでしょう。
 ひょっとすると、「がっぷり四つでも勝負になる」と魁聖が考えていたのかもしれません。それ程に好調だったのです。

 12日目の遠藤との一番は、「上手く取られ」ました。まさに「遠藤の技能」が勝ったのです。
 残念ながら2敗目を喫した魁聖でしたが、気持は折れていなかったというか、元気いっぱいでした。
 13日目の横綱戦について聞かれた時「とても楽しみです」と応えています。

 幕ノ内最高優勝に大きな影響を与える13日目結びの一番は、横綱・鶴竜が貫録を示しました。「動きの速さ」で勝ったのです。今場所こそはと意気込んだ魁聖でしたが、力及ばずでした。

 番付と比べて上位の力士との対戦はこれで終了しましたが、14日目・千秋楽と番付に見合った相手との相撲では、「3月場所での強さ」を如何なく発揮しています。
 特に千秋楽の「12勝を賭けた」勢との取組は、両者の持ち味が出た、素晴らしい相撲でした。魁聖のこの場所の「安定感」が発揮されたのです。

 魁聖は「敢闘賞」を受賞しました。
 文句無しの受賞であったと思います。

 コンディションさえ整えば三役の力があることを、証明して見せたのです。

 今後の活躍をも予感させる、素晴らしい15日間でした。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[日本プロ野球2018] ムネリンの引退
NEW Topics
[ワールドカップ2018-63] 身長170cm前後
[ワールドカップ2018-62] KaZブログが選ぶベストイレブン
[MLBオールスター2018] 本塁打10本
[ワールドカップ2018-61] 西野ジャパン5 「世代交代」
[ワールドカップ2018-60] 西野ジャパン4 心身の持久力の高さ
[ワールドカップ2018-59] 西野ジャパン3 サイドネットへのシュートは効果的
[ワールドカップ2018-58] 「ファウルをしている暇は無い」
[ワールドカップ2018-57] フランスチーム 「2回目」の優勝!
[大相撲2018・7月場所] 上位陣に休場相次ぐ異常事態
[ワールドカップ2018-56] 「来た時よりも美しく」
[ワールドカップ2018-55] 決勝の見所
[夏の甲子園2018] 大谷二世ともダルビッシュ二世とも呼ばれる 佐々木朗希投手
[ワールドカップ2018-54] クロアチアチーム 逆転勝ちで決勝進出
[ワールドカップ2018-53] 守り切った フランスチーム
[ワールドカップ2018-52] 西野ジャパン2 「1勝2敗1引分」
[ワールドカップ2018-51] 準決勝の見所
[ワールドカップ2018-50] 西野ジャパン1 「ベルギー戦のラストプレー」
[ワールドカップ2018-49] クロアチアチーム 2試合連続PK戦勝利
[ワールドカップ2018-48] インクランドチーム ヘディング2発
[NBA2018] レブロン・ジェームズ選手 ロサンゼルス・レイカーズ入り
[ワールドカップ2018-47] ブラジルチーム 痛恨のオウンゴール
[ワールドカップ2018-46] カバーニ選手の欠場
[ワールドカップ2018-45] 「伝統的」な試合
[ワールドカップ2018-44] イングランドチーム ついにPK戦を勝つ
[ワールドカップ2018-43] 準々決勝の見所
[ワールドカップ2018-42] PKの失敗が多かったゲーム
[大相撲2018・7月場所] 活躍が期待される10名の力士
[MLB2018] 大谷翔平選手の復帰
[ワールドカップ2018-41] ブラジルチームの多彩で分厚い攻め
[ワールドカップ2018-40] 本気のベルギーチームの得点力
[ワールドカップ2018-39] ロシアチームの「気迫」
[ワールドカップ2018-38] スアレス選手⇔カバーニ選手 ファンタスティックな2トップ
[ワールドカップ2018-37] フランスチーム スピードで勝る。
[ワールドカップ2018-36] キングカズ「また俺は落選だ」
[ワールドカップ2018-35] 決勝トーナメント1回戦(後半)の見所
[ワールドカップ2018-34] 決勝トーナメント1回戦(前半)の見所
[ワールドカップ2018-33] スウェーデンチーム オランダ・イタリアを倒した力を示す。
[ワールドカップ2018-32] 西野ジャパン 決勝トーナメントを確保
[ワールドカップ2018-31] 37試合目にて初めての「0-0」引分け
[ワールドカップ2018-30] ドイツチーム「よもやの」グループリーグ敗退
[ワールドカップ2018-29] VARの影響
[ワールドカップ2018-28] メッシのアルゼンチンチーム 決勝トーナメント進出
[ワールドカップ2018-27] ラトーになれなかったレバンドフスキ
[ワールドカップ2018-26] 本田圭佑選手の存在感
[ワールドカップ2018-25] 乾貴士選手の大活躍
[ワールドカップ2018-24] 応援するということ
[ワールドカップ2018-23] ベルギー代表の驚くべき得点力
[ワールドカップ2018-22] ドイツチーム 追い込まれるもさすがの勝利
[日本陸上選手権2018] 男子100m決勝 山縣亮太選手の圧勝
[ワールドカップ2018-21] ブラジル代表 90分以降の2ゴールで勝ち切る
Entry TAG
大相撲2018年3月場所・魁聖の15日間  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031