FC2ブログ
HOME   »   日本プロ野球  »  [日本プロ野球2018オープン戦] 読売ジャイアンツが首位
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2月24日に始まり3月25日に終了した2018年のNPBオープン戦は、読売ジャイアンツが11勝5敗1引分の勝率.688で首位、2位には8勝4敗2引分・勝率.667で千葉ロッテマリーンズが入り、3位には9勝5敗2引分・勝率.643で東北楽天ゴールデンイーグルスが来ました。

 オープン戦ですから、各チームの試合数も違いますし、対戦しないチーム(例えばジャイアンツは広島、中日とは試合がありませんでした)もありますので、単純な成績比較はできないという見方もあるでしょうが、とはいえ昨年のオープン戦で5勝14敗・勝率.263で最下位(公式戦も不振)であったジャイアンツにしてみれば、2018年は良い準備が出来たということにはなりそうです。

 オープン戦は、当然ながら、公式戦・ペナントレースに向けての準備期間ですから、チーム毎の事情により、戦い方は様々でしょう。

 既にチームが相応のレベルで出来あがっているなら、「試してみたいプレーヤー」を実践で観てみるゲームが多くなりそうです。「個々の選手のコンディショニング・新しい選手の試行のためのゲーム」ということになりますから、チームとしての勝敗にはあまり重きが置かれないことになるのでしょう。

 一方で、チーム力向上の場としてオープン戦を捉えているチームにとっては、「試合に勝つためのチームプレー・チームのバランス」を検証し、チームとしての「勝つ形」を見出していく場となりますから、ゲームの勝利は重要な意味を持つのでしょう。

 様々な意図を持ったチームが、それぞれの方針を持ってオープン戦を戦って行くのですから、その成績についての各チームの評価も様々、ということになります。

 2018年ペナントレースでも「主役」になりそうな、パシフィックリーグの福岡ソフトバンク・ホークスと、セントラルリーグの広島東洋カープは、それぞれ10位・11位でした。
 2017年のペナントレースで、共に史上屈指の早さで優勝した両チームの2018年オープン戦は、まさに「新しい選手を試す場」だったのかもしれません。

 それにしても、こうしたオープン戦においても、成績上位6チームの内4チームがパ・リーグ、結果として下位6チームの内4チームがセ・リーグというのは、少し情けない感じがします。

 交流戦では「いつもパ・リーグの後塵を拝し」、日本シリーズでもなかなか勝てない中で、オープン戦までパ・リーグが優位というのでは・・・。

 2017年のオープン戦でも、上位6チームの内5チームがパ・リーグでしたし、2016年・2015年も上位6チーム中4チームがパ・リーグでした。

 今シーズンは、セ・リーグ各チームの奮起に期待したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[大相撲2018・3月場所] 看板取組「栃ノ心VS逸ノ城」
NEW Topics
[競馬コラム214] 過去10年間の菊花賞勝馬「ふたつのタイプ」
[NPB2018クライマックスシリーズ] 菅野智之投手 ノーヒットノーラン!
[NPB2018] ボール犬「わさび」の引退
日本フェンシング界2018の大改革
[MLB2018] 「200安打打者」は出ず
[NPB2018] 巨人・高橋監督、阪神・金本監督が辞任
[MLB2018・ポストシーズン] 地区シリーズを終えて
キヤノン・ブレディスローカップ2018のチケット価格
[MLB2018] 2017年のマーリンズの主力選手達
[競馬コラム213] 「花の47年組」
[凱旋門賞2018] レース展望
[WTAファイナルズ2018] 大坂なおみ選手 出場決定
[MLB2018] ヤンキース ワイルドカードゲームに勝利
[NFL2018~19] QBパトリック・マホームズ選手 開幕3試合で13TDパス
[MLB2018] 吉川峻平投手 ダイヤモンドバックス入団会見
[競馬コラム212] ダイナアクトレス号の毎日王冠1987
[大相撲2018・9月場所] 幕下筆頭・豊ノ島 6勝1敗で関取復帰へ
[NPB2018] 丸佳浩選手 出塁率.481
[柔道・世界選手権2018] 男女で明暗が分かれた日本チーム
[大相撲2018・9月場所] 関脇・御嶽海 大関取りならず
[MLB2018] 大谷翔平投手 10月第1週にトミー・ジョン手術へ
[PGAツアー2017~18] 松山英樹選手 ツアーチャンピオンシップ最終日の見事な追い上げ
[大相撲2018・9月場所] 大関・栃ノ心 カド番脱出
[競馬コラム211] スプリンターズステークス1991を圧勝した ダイイチルビー号
[大相撲2018・9月場所] 横綱・稀勢の里の15日間
[PGAツアー2017~18] タイガー・ウッズ選手 完全復活の80勝目
[大相撲2018・9月場所] 横綱・白鵬 41度目の優勝
[UEFA-CL2018~19] 開幕
[MLB2018] 9月19日時点の順位
[ベルリンマラソン2018男子] エリウド・キプチョゲ選手 世界新記録で優勝
[競馬コラム210] 1972年のオールカマーに優勝した イナボレス号
[NPB2018] 西武ライオンズ 天王山3連勝
[PGAツアー2017~18] タイガー・ウッズ選手 ツアーチャンピオンシップ大会に進出
[MLB2018] 岩隈久志投手が今季限りでシアトル・マリナーズを退団
[NFL2018~19] 開幕
[MLB2018] 田中将大投手 5年連続二桁勝利
[NPB2018] セ・リーグ 大幅負け越し下の大混戦
ルカ・モドリッチ選手が2017~18年UEFA欧州最優秀選手賞を受賞
[MLB2018] 8勝8敗のサイ・ヤング賞候補 ジェイコブ・デグロム投手
[PGAツアー2017~18] 松山英樹選手 ツアーチャンピオンシップ大会に進出
[ブンデスリーガ2018~19] 第2節を終えての順位
第1回UEFAネーションズリーグ2018~19 開幕
[アジア大会2018自転車・オムニアム] 橋本英也選手と梶原悠未選手が揃って優勝
[全米オープン2018女子シングルス] 大坂なおみ選手 歴史的な優勝!
[アジア大会2018・水球] ポセイドン・ジャパン 惜しくも銀メダル
[アジア大会2018サッカー女子] なでしこジャパン 「伝統の」勝負強さを発揮して優勝!
[全米オープン2018・女子シングルス] 大坂なおみ選手 ついに決勝進出
[大相撲2018・9月場所] 金足農業高校出身の琴風関
[全米オープン2018] 錦織圭選手と大坂なおみ選手が揃ってベスト4進出
[MLB2018] 大谷翔平選手 ルーキーイヤーの松井秀喜選手に並ぶ16号ホームラン
Entry TAG
NPB2018オープン戦・読売ジャイアンツが首位  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031