FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬コラム45] 桜花賞
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 太平洋戦争前の1939年・昭和14年に「中山4歳牝馬特別」競走として創設されたのが、現在の桜花賞です。範としたのは、サラブレッドの故郷イギリスのクラシックレース「1000ギニー」競走でした。

 1000ギニーも桜花賞も、3歳牝馬限定のレースです。ご存知の方には当たり前のことで恐縮ですが、念のために記載しますと、クラシックレースというのは3歳馬限定のレース=生涯1度しか挑戦できないレースです。従って、イギリスなら1000ギニー、2000ギニー、オークス、ダービー、セントレジャー、我が国でいえば桜花賞、皐月賞、優駿牝馬(オークス)、東京優駿(日本ダービー)、菊花賞の5つのレースは、どんな競走馬でも、生涯に一回しか走ることができません。

 従って、この5大クラシックレースに優勝するのは極めて難しいことになります。たとえ地力抜群の馬でも、レース開催時期に、自らのコンディションの良い時が合わなければ勝てません。3歳馬という、人間でいえば中学生から高校生に相当する時期の若駒ですから、体も出来上がっていませんし、調子の上がり下がりも大きいので、生涯一度のレースにコンディションを合わせて行くのは至難の業というか、相当に運に左右されるのです。

 このクラシックレースの中で、皐月賞、日本ダービー、菊花賞の3レースは、3歳の牡馬・牝馬の両方が出走できますが、桜花賞とオークスは3歳牝馬限定のレースです。従って、5大クラシックレース全部に勝つ「5冠馬」が現れるとすれば牝馬ということになります。

 現在まで、5冠馬あるいは4冠馬は出現していませんが、牝馬の三冠馬は居ます。1943年・昭和18年、太平洋戦争中でしたが、クリフジ号が日本ダービー、オークス、菊花賞を優勝し、中央競馬史上唯一の牝馬のクラシックレース三冠馬となっています。(秋華賞やエリザベス女王杯はクラシックレースではありません)
 ちなみに2007年のウオッカ号による日本ダービー優勝は、クリフジ以来64年振りの牝馬による日本ダービー制覇でした。

 こうした栄光のクラシックレース体系の中で、桜花賞はその年の最初のクラシックレースということになります。歴史を見てみましょう。

① 1939年の第一回は、中山競馬場の芝1800mコースで行われました。
② 戦後の1947年・昭和22年からは京都競馬場芝1600mで行われることとなり、名称も「桜花賞」に変更されました。
③ 1950年・昭和30年には、施行場が阪神競馬場芝1600mに移りました。現在の形となったわけです。
④ 2007年には、阪神競馬場に新設された芝外回り1600mコースで行われるようになりました。
 この変更は、レースの性格に大きな影響を与えたと思います。それまでの1600mコースのスタート地点は、1コーナーのポケットでした。2コーナーまでの距離が短いため、各馬が好ポジションを求めて2コーナーに殺到するため、テンのペースが非常に速くなりました。いわゆる「魔の桜花賞ペース」です。

 この時期の牝馬有力馬は、スピードが身上であることが多いので、このハイペースで体力を消耗してしまい、ゴールまで持たないことも多かったのです。1番人気馬は中々勝てないと言われた桜花賞の原因のひとつだったのでしょう。
 2007年のコース変更以降は、最初のコーナーまで十分な距離がありますから、有力馬も慌てることなくポジションを取ることができるようになりました。実力馬が、力を発揮しやすいレースになったのです。

 2007年以降の優勝馬を見ると、2007年ダイワスカーレット、2009年ブエナビスタ、2010年アパパネ、2012年ジェンティルドンナと、その後のオークスを始めとする大レースでも好成績を上げ続けた実力馬が名を連ねています。2006年以前の優勝馬の多くが、その後中々「桜花賞馬」の称号に相応しい成績を上げられなかったことと、好対照であると思います。
 穴党の皆さんには、残念なことかもしれませんが。

 このレースの名付け親が誰であるのか、私は知りませんが、「桜花賞」というのは素晴らしいネーミングだと思います。
 本家イギリスのレース名が、当時の1着賞金額1000ギニー(1ギニー=21シリング、1ポンド=20シリング、ギニーは1971年まで使用されていました)から取られていることと比較しても、いかにも「四季の国」日本のレースという感じです。

 加えて、待ちに待った春が来たという喜びと、華やかな乙女の激しい戦いをも象徴しているというのは、思い入れが強すぎる穿った見方なのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬コラム46] 大差と8馬身差 最強テスコガビー
NEW Topics
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
[FIFAワールドカップ1978決勝] アルゼンチンチーム 初優勝
[競馬(無観客)] 桜花賞2020の注目馬
Entry TAG
桜花賞と1000ギニー  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031