FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB2018] 大谷翔平選手 初打席初安打と初登板初勝利
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 MLBに挑戦している大谷翔平選手が、メジャーデビューを果たし、3月29日の開幕戦(オークランド・アスレティックス戦)に「打者・大谷」として8番・DHで出場して初打席、ライト前に初ヒット(5打数1安打)を放つとともに、4月1日には敵地で「投手・大谷」として初先発(アスレティックス戦)し、6イニング・92球を投げて、被安打3・3失点・奪三振6・与四球1の好投を魅せて、勝利投手となりました。

 ホームランを打ったわけでは無く、165km/hのボールを投じたわけでもなく、完封勝利を挙げたわけでもない、打撃・投球ともに、「もの凄い」という内容では無いのですが、残した結果は「もの凄いもの」だと感じます。

 日本から渡米したばかりのプレーヤーが、メジャーでスプリングトレーニングを積み、それも異例の「二刀流」プレーヤーとしてトレーニングを積み、投手としても野手としてもプレシーズンゲームでは満足な成績は残せなかったにもかかわらず、「開幕メジャー」に名を連ね、開幕戦から出場して、初打席・初安打を放つとともに、開幕第4戦に先発登板してクオリティスタートを実現し、初勝利を挙げたというのですから、「なんだか凄いな」というか、「底知れぬ可能性」を漂わせているのです。

 そもそもルーキーが「メジャー初打席・初ヒット」、「メジャー初先発・初勝利」という結果を残すこと自体が驚異的であることは、異論のないところでしょう。どちらかひとつであっても、ベースボールを志す若者にとって「夢のような成果」なのです。

 それを両方、開幕から1週間も経たないうちに実現してしまうのですから・・・。

 これが「大谷選手の心身の才能の大きさ」なのであろうと思います。

 日本から来た若者が、「二刀流」などと言って騒いでいる、プレーをさせて観て「その可能性」が感じられなければ、ただの「ほら吹き」という扱いになる(嫌な言い方で恐縮です)筈なのですが、スプリングトレーニングで全く成績が上がらなくとも、エンゼルスのマイク・ソーシア監督以下のスタッフは、事も無げに「ロースター」に大谷選手を加えました。「メジャープレーヤーの資格有り」と明確に判断したのです。
 その「才能の大きさ」を感じたと言っても良いかもしれません。

 たとえ早々に結果が出なかったとしても、ベンチは、開幕1ヵ月位は「慣れる期間」として我慢して使い続けるつもりだったのかもしれませんが、そのプレーヤーは「最初から結果」を出しました。

 「・・・マウンドに行く時も、一番最初に野球を始めてマウンドに行く時の様な気持ちで行けたので、すごく楽しかったです」と初勝利の後コメントしました。
 これ程のコメント(少なくとも私はこれまで聞いたことが有りません)は、事前に用意できるようなものでは無いでしょう。本当に、そのように感じたのでしょうし、ひょっとすると「本当に初めて、ベースボールのマウンドに立つ」心持であったのかもしれないとさえ思います。日本における野球の経験など、全く頭に無かったのではないでしょうか。
 大谷選手は、日本での実績を背景にMLBに挑戦しているのではなく、ご本人の心持ちとしては、単純に「MLBに挑戦している」だけなのかもしれません。
 信じられないような領域に存在するアスリートという気がします。

 当然のことながら、大谷選手・投手は、メジャーの投手の「動くボール」などの投球に不慣れで、良く滑ると言われるメジャー球にも不慣れで、メジャーのマウンドや投球練習のやり方にも不慣れで、遠征やスケジュール管理にも不慣れです。慣れるまでには、相応の時間がかかるのでしょう。

 大谷投手が165km/hの投球を魅せてメジャーの打者をバッタバッタと打ち取り、場外ホームランを連発するまでには、まだまだ時間がかかるのです。
 しかし、大谷投手・選手がいずれ、こうした活躍を魅せるであろうことは間違いないことの様に思われます。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ジャンプW杯2017~18女子] 高梨沙羅選手 新記録通算54勝目!
NEW Topics
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
Entry TAG
MLB2018・大谷翔平選手いきなりの大活躍  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930