FC2ブログ
HOME   »   ゴルフ  »  [PGA2017~18] ジェイソン・デイ選手の「真の復活」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 5月3日から6日にかけて、ノースカロライナ州クエイルホロークラブを舞台に開催された、ウェルズファーゴ選手権大会2018は、オーストラリアのジェイソン・デイ選手が終始コースを支配し、4日間通算272ストローク・12アンダーパーのスコアで快勝しました。

 本年1月のファーマーズインシュアランス大会で優勝していますから、今季2勝目となるのですけれども、今大会のプレー内容の方が、全盛時の世界ランキング1位の頃のプレーにより近づいた感じがしますので、「真の復活」と呼びたいと思います。

 「もの凄く飛び、グリーン周りも秀逸」というのが、全盛時のデイ選手のゴルフですが、今大会のプレーは、それを髣髴とさせるものでした。

 350ヤードを超えるティーショットを何度も魅せましたが、特に凄かったのは、最終日の16番ホール、クエイルホローの「グリーンマイル」と呼ばれる難しい上がり3ホールの最初のホール、アーロン・ワイズ選手に10アンダーで並ばれて迎えた16番のティーショットです。379ヤードと報じられました。
 いかに下り斜面とはいっても、桁違いの飛距離でしょう。

 全盛時のデイ選手が「ダイエット」したのか、ひとまわりもふたまわりも細くなり、やや迫力が衰えて、なかなかトーナメントで好成績を残せなくなった時には、「体の絞り過ぎ」が原因ではないかと、私は感じました。
 その状態が、長く続いたのです。

 ところが今大会のデイ選手は、スリムな体はそのままに「臀部や太もも」に筋肉が付きました。
 そして、かつての爆発的な飛距離を取り戻した感があります。
 数字上の飛距離では無く、ショットの迫力・存在感としての飛距離のことです。
 世界ランキング1位で、圧倒的な飛距離を誇るダスティン・ジョンソン選手とも、十分に張り合って行けそうです。

 また、「秀逸なグリーン周り」も披露しました。
 4日間通算16度のバンカーショットで、「15度を寄せワン」でセーブしたのです。
 長いショット、短いショット、深いバンカー、浅いバンカー、ライもスタンスも様々な状況にありながらの15/16のセーブというのは、「秀逸なグリーン周り」を象徴するデータでしょう。

 ジョーダン・スピース選手、ロリー・マキロイ選手と共に「新・三強」と称されてから、この3プレーヤーの活躍が減ったのは皮肉な感じがしましたが、スピース選手とマキロイ選手に復活の兆しが見られ、デイ選手が完全復活したとなれば、今後の2017~18年シーズンは、「新・三強」を中心に回るのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬] ヴィクトリアマイル2018の注目馬
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
Entry TAG
PGA2018・Jデイ選手の真の復活  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031