FC2ブログ
HOME   »   スポーツ共通  »  [AIとスポーツ-その10] チーム創り
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 本シリーズでは、スポーツにおける「AIの可能性」を考えてきています。
 相当の可能性があると感じています。

 それでは、現時点でAIには出来そうもないことを考えてみましょう。

 それは、団体スポーツにおける「チーム創り」ではないでしょうか。

① 複雑

 「チーム創り」には、とても多くの変数が存在し、それらの変数が互いに影響しあうという点で、極めて複雑な作業でしょう。

 加えて、多くの「チーム創り」には時限性がありますから、いつまでも情報を蓄積して行く時間が無い場合が多いと思います。
 短時間で最大の力を発揮できるチームを創っていくという作業は、現在のAIでは難しい(AIではなく、人間にとっても、もちろん難しい)作業であろうと思います。

 まず、その時点でチームを構成するプレーヤーの能力・特質は千差万別です。
 「こういうスキルのプレーヤーが何人いれば、こういうチームを創ることが出来る」という判断基準があったとしても、そういうプレーヤーが居なければ始まりません。

 例えば、高校野球であれば、選手は3年で卒業しますし、毎年新しい選手が入学してきます。こうした状況下で、毎年「勝てるチーム」を創り、能力が高い選手が揃った時には「とても強いチーム」を創るというのは、相当に高度な作業だと思います。
 甲子園大会を連破するようなチームを創り上げることが出来る監督の能力は、極めて高いということになります。

 個々のプレーヤーのフィジカルな能力はもちろんとして、それぞれのプレーヤーの性格なども考慮してチーム創りを行う、それも半年とか3ヵ月といった短い期間で、骨格は決めなければならないのですから、大変です。

 AIは個々のプレーヤーのレベルアップを進めるとか、ゲームにおいて最適な指揮を執る、といったことには、相当の力を発揮できそうですが、こうしたチーム創りには、まだ力が及ばない感じがします。

 理由として考えられるのは、そもそもベースとなるプログラムを作成する人間の側に、「チーム創り」のノウハウ・スキルが十分ではない可能性があることが挙げられるのでしょう。
 チーム創りにおいては、「チーム作る側の人の個性・性格」も大きく影響しますが、そうした要素を盛り込んだプログラム、それも精度の高いプログラムというのは、なかなか創れるものでは無いでしょう。

 加えて、AIの学習能力面でも、ほぼ同じチームでの情報の蓄積には限界があるでしょう。
 例えば、高校野球であれば、ほぼ同じチームで行う試合(毎年の大会での試合)は、おそらく数十試合であって、100試合は超えないのではないでしょうか。
 ワールドカップに出場するサッカーチームにしても、ほぼ同じチームでの試合は100試合には届かないでしょう。

 様々な観点から、各試合のメンバーを決め、試合を行い、控え選手も色々な投入の仕方を試すとしても、十分な情報を蓄積する前に、大きな大会は終わってしまう感じがします。

 人間の優秀な監督は、チームのメンバーを良く観て、過去のデータも勘案し、「こんな組合せ」のチームが良いのではないか、といった想定のもとに最初のチームを創り、練習や練習試合当の繰り返しの過程で、より強いチームへ変貌させていきます。
 当該監督の「勘」が働くことで、無駄の無いチーム創りが進むように見えます。

 例えば、高校野球で甲子園大会に出場を「重ねる」チームの監督には、間違いなくこうしたスキル・ノウハウが備わっているのでしょう。

② 心持ち

 チーム創りには、メンバーの「心持ち」のコントロールが必要です。
 切磋琢磨していく「良い仲間」としてのチームを創り上げ、試合に臨んでは「怯まない強い意志」をチームとして維持する体制作りが必須であることは、言うまでも有りません。

 少し弱気な選手に対して、それを励ますなどして「やる気」にさせる周囲のプレーヤーやキャプテンの存在など、強いチーム作って行く上では「メンバーの心持ちのコントロール」が不可欠でしょう。

 こうしたこと、単なる仲良し集団では無く、どんな状況下でも「戦う集団」を育てていくことが、競技スポーツにおける「チーム創り」のポイントとなるのです。
 この過程では、監督自身の性格や有り様、「心持ちの形」が大きな影響を与えることになります。
 当然ながら、「チームは監督と選手により構成される」のですから。

 こうした「心持ちのコントロール」については、AIは苦手であろうと思われます。

 今回は、現時点でAIが苦手とするであろうことを観てきました。

 とはいえ、「チーム創り」についても、いずれは(10~20年くらいあれば)AIが克服するような気もします。
 そして、「人間では考えもつかない形でのチーム創り」手法を創造してくれるのではないかと思います。

 (その11へ)
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬コラム206] カツトップエースとサニーブライアン
NEW Topics
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
[FIFAワールドカップ1978決勝] アルゼンチンチーム 初優勝
[競馬(無観客)] 桜花賞2020の注目馬
Entry TAG
AIとスポーツ10・チーム創りの難しさ  
Comment
258
文章掲載の問い合わせ
はじめまして。どうぞよろしくお願い致します。
私は我が社においてSEOのためのリンク建設の仕事をしている鈴木幸子と申します。
弊社は貴社のウェブサイトhttp://thsports.blog.fc2.com/において、ハイパーリンクを挿入した文章を掲載して頂くことが出来ればと思いご連絡させて頂きました。
もし我々の希望する記事を掲載して頂く事が可能であれば適切な料金を支払わせて頂きます。詳しい金額等については改めて詳しいお話をさせて頂ければと思います。
記事掲載以外にもバナー搭載や相互リンクといた形等も考えております。
もし興味がございましたらお返事頂ければと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031