FC2ブログ
HOME   »   バスケットボール  »  [NBA2017~18] ファイナルは今年も キャバリアーズVSウォリアーズ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[5月27日・ECF・第7戦]
クリーブランド・キャバリアーズ87-79ボストン・セルティックス

[5月28日・WCF・第7戦]
ゴールデンステート・ウォリアーズ101-92ヒューストン・ロケッツ

 セルティックス3勝2敗で迎えた、イースタンカンファレンス・ファイナルECFでしたが、第6戦と第7戦をキャバリアーズが連勝して4勝3敗と逆転し、NBAファイナルに駒を進めました。
 セルティックスのホームで行われた第7戦でのキャブスの「勝負強さ」が際立ちました。

 ロケッツ3勝2敗で迎えた、ウェスタンカンファレンス・ファイナルWCFでしたが、第6戦と第7戦をウォリアーズが連勝して4勝3敗と逆転し、NBAファイナルに駒を進めました。
 ロケッツのホームで行われた第7戦でのウォリアーズの「勝負強さ」が際立ちました。

 上記の2段落は、チーム名以外は全く同文です。

 ECF、WCF共に、本当に良く似た展開となったのです。

 そして、NBAファイナルは再び、キャバリアーズとウォリアーズの対戦となりました。

 2010年代後半のNBAにおいては、この2チームが「ポストシーズンの勝ち方を知っている」のは間違いないところでしょう。
 共に「計算通りの勝利」にも観えますから、カンファレンスファイナルを盛り上げるために、キャバリアーズとウォリアーズは「意図的に」第7戦まで持ってきたのではないか、という穿った見方さえ出てきそうな展開でした。

 先に行われたECF最終戦は、前半第2ピリオドPを終えて、セルティックスが43-39とリードしました。ホームでロースコアゲームに持ち込んでいることも有り、セルティックス有利の試合展開に見えました。
 ところがキャブスは、第3・4Pで48-36とセルティックスを圧倒し、「悠々と」勝ち切りました。
 まるで「第3Pから本気を出した」かのように観えました。

 今回「も」、大エースたるレブロン・ジェームズ選手の獅子奮迅の働きがチームに勝利を呼び込みました。
 「全48分にフル出場」というだけでも、これがカンファレンスファイナルという極めて厳しいゲームであることを考え合わせれば驚異的なことですが、35得点・15リバウンド・9アシストというのですから、まさに「信じられないような」パフォーマンスです。

 レブロン選手個人で見ても、前所属チームのマイアミ・ヒート時代から通算して「8年連続のNBAファイナル出場」というのですから、2011年以降、レブロン・ジェームズ選手は「ファイナルの舞台に立ち続けている」ことになります。
 その間、大きな故障・怪我も無く、高い実力のチームの一員であり続けることができたというのは、自身の節制と鍛錬の賜物でもあるのでしょうが、やはりバスケットボールの神様の支援無くしては、到底不可能なことでしょう。
 レブロン選手は「4度目のファイナル制覇」を目指すこととなったのです。

 続いてWCFですが、こちらも前半2Pまでは、ロケッツが54-43とリードしました。ECFセルティックスのリードより大きな点差です。ホームのロケッツが2ケタ得点差でリードしたとなれば、ゲームはこのままロケッツが支配すると観るのが常道でしょう。

 ところがウォリアーズは、第3・4Pを58-38と「20点差」で圧倒して、「悠々と」逆転勝ちを収めました。
 まるで「第3Pから本気を出した」かのように観えました。

 ケビン・デュラント選手が34得点、ステフィン・カリー選手が27得点・9リバウンド・10アシスト、クレイ・トンプソン選手が19得点、ドレイモンド・グリーン選手が13リバウンドと、相変わらずの多彩でキッチリと分業化された攻撃陣が、「第3Pから」本格稼働したのです。
 何か、前半に体力を温存し、後半の20数分に集中するような試合運びです。

 さて、NBAファイナルは4年連続で、キャバリアーズとウォリアーズの戦いとなりました。

 「レブロン・ジェームズ選手を中心とした攻撃陣」と「カリー選手・デュラント選手・トンプソン選手の多彩な攻撃陣」という構図も継続されています。

 昨年同様に「1対3」の様相ですので、変な書き方ですが「普通に戦えばウォリアーズの方が強い」のでしょう。いかにレブロン選手でも「スタープレーヤー3人分の働き」は至難の技なのです。
 
 5月31日から始まるファイナル2018では、キャバリアーズに「レブロン・ジェームズ選手の獅子奮迅の活躍」にプラスされる「α」が出現するかどうか、がポイントとなりそうです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬コラム207] 日本ダービーの人気
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Entry TAG
NBA2017~18・ファイナルは今年も同カード  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930