FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [ワールドカップ2018-3] グループリーグの展望
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 東ヨーロッパで初めて開催されるFIFAワールドカップ・ロシア大会の開幕が近づいてきました。
 
 6月14日~7月15日の約1か月間に渡って開催される、世界最大級のスポーツイベントに、我らが日本代表チーム・西野ジャパンも出場します。

 西野ジャパンには、まずはグループリーグGLを突破いただき、決勝トーナメントでは「世界をアッと言わせる」活躍を期待しています。

 さて、今回はGLの検討です。
 世界中のナショナルチームを代表する32チームの戦いを観て行きましょう。

[A組]
・ロシア
・サウジアラビア
・エジプト
・ウルグアイ

 開催国の組です。
 本来であれば、ロシアチームが悠々と勝ち抜けるものと予想したいのですが、ユーロ(欧州選手権)などの戦い振りを観ると、ことはそう容易ではなさそうです。

 勝ち抜けは、ウルグアイチーム、エジプトチーム、ロシアチームの争いに成りそうですが、大エースのモハメド・サラー選手(リバプールFC)が先日のUEFA-CL決勝で怪我をしてしまいましたので、もしサラー選手が出場できないとなれば、エジプトチームには大打撃でしょう。

 ウルグアイチームは、3~4年前に比べるとややチーム力が落ちている印象ですが、それでもスアレス選手、カバーニ選手を擁する攻撃陣に、伝統の堅守を持って、GLを突破する力は十分に有ると思います。

 A組は、ウルグアイとロシアが勝ち抜けるのではないでしょうか。

[B組]
・ポルトガル
・スペイン
・モロッコ
・イラン

 モロッコチームとイランチームにとっては「死の組」に入った印象でしょう。

 B組は、ポルトガルチームとスペインチームが勝ち抜けると観る人が大半だと思います。

 直近のユーロを制したポルトガルは優勝候補の一角でしょうし、スペインも21世紀の世界サッカーをリードしてきた存在として、巻き返しを図っています。
 ポルトガルについては、中心選手のクリスティアーノ・ロナウド選手の「最後のワールドカップ」とも言われていますので、1位勝ち抜けに向けてチームが一丸となって戦うことになるでしょう。

[C組]
・フランス
・オーストラリア
・ペルー
・デンマーク

 フランスチームの勝ち抜けの可能性は高いと思います。

 残る3チームの厳しい戦いが観られることでしょう。
 特に、ペルーチームとデンマークチームの争いは予断を許しません。
 6月16日のGL緒戦で、両チームは激突します。共に最終予選のプレーオフを勝ってきたチーム同士ですから、粘り強い戦いが展開されると思いますが、「ヨーロッパ開催」の分だけ、デンマークが有利でしょうか。

 C組は、フランスとデンマークが勝ち上がると見ます。

[D組]
・アルゼンチン
・アイスランド
・クロアチア
・ナイジェリア

 アルゼンチンチームが勝ち抜ける可能性は高いと思います。
 世界のスーパースター・メッシ選手にとって「最後のワールドカップ」という見方も有りますので、ナショナルチームにおける大勲章を目指しての戦いが続くことでしょう。

 残る3チームは、どこが出てきても不思議の無い組合せとなっています。
 特に欧州の2チームは全くの互角だと思いますが、このところの勢いを買って、アイスランドがやや有利かと思います。

 D組は、アルゼンチンとアイスランドが勝ち抜けると見ます。

[E組]
・ブラジル
・スイス
・コスタリカ
・セルビア

 この組は、力量からしてブラジルチームとスイスチームが勝ち抜ける可能性が高いと思います。

 コスタリカチームとセルビアチームにとっては、6月17日緒戦の直接対決で勝利して勢いに乗り、ブラジルとスイスとの対戦で引分以上を示現することが必要となるでしょう。

[F組]
・ドイツ
・メキシコ
・スウェーデン
・韓国

 ドイツチームが勝ち抜ける可能性が高いと思います。

 残る3チームの中では、メキシコとスウェーデンの厳しい争いとなるのでしょう。
 ワールドカップでの決勝トーナメント進出という面では、とてもしぶといメキシコがやや有利かと思います。

 F組は、ドイツとメキシコが勝ち抜けると見ます。

[G組]
・ベルギー
・パナマ
・チュニジア
・イングランド

 E組は力量から見て、ベルギーチームとイングランドチームが勝ち抜ける可能性が高いと思います。

 今大会のイングランドチームは、2010年以降の代表チームとしては最も充実していると感じますので、決勝トーナメントでの「大暴れ」が期待されます。

[H組]
・ポーランド
・セネガル
・コロンビア
・日本

 この組は力量から見て、ポーランドチームとコロンビアチームが勝ち抜ける可能性が高いと思います。

 セネガルチームも、6月19日の緒戦・ポーランド戦を勝つようなことが有れば、十分に勝ち抜けが狙えます。

 我らが日本チームについては、是非勝ち上がってほしいのですけれども、相当難しいと観ています。
 こちらも、緒戦のコロンビア戦がポイントとなるでしょう。
 「世界をアッと言わせて」欲しいものです。

 以上から、決勝トーナメント進出チームは、
① ウルグアイ
② ロシア
③ ポルトガル
④ スペイン
⑤ フランス
⑥ デンマーク
⑦ アルゼンチン
⑧ アイスランド
⑨ ブラジル
⑩ スイス
⑪ ドイツ
⑫ メキシコ
⑬ ベルギー
⑭ イングランド
⑮ ポーランド
⑯ コロンビア

 の16チームと予想しました。

 必ず波乱が起こるのが、ワールドカップのGLです。
 今大会では、どのチームが台風の目となるのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ワールドカップ2018-4] 決勝トーナメント1回戦の展望
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
Entry TAG
ワールドカップ2018・グループリーグの展望  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930