FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [ワールドカップ2018-4] 決勝トーナメント1回戦の展望
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 先日の「グループリーグの展望」において、決勝トーナメントに進出する16チームを予想しました。
 今回は、その16チームを前提として、決勝トーナメント1回戦を展望してみましょう。

 先日の記事において、各グループを勝ち抜くであろう2チームの、初めに名前を出したチームが「グループリーグ1位勝ち抜け」、2番目に名前を出したチームを「同2位勝ち抜け」とします。

① 6月30日 ウルグアイVSスペイン

 いきなり、凄いカードとなりました。スアレス選手やカバーニ選手らを擁するウルグアイチームと、セルヒオ・ラモス選手やイスコ選手、イニエスタ選手らを擁するスペインチームの対戦は、ベスト4のカードでもおかしくありません。

 近時の世界ランキングを見るとスペインが優位ですが、1発勝負における得点力と守備力を考慮するとウルグアイが勝っているとも感じます。

 ここは、ウルグアイが勝ち抜けると見ます。

 それにしても、ウルグアイのオスカル・タバレス監督は、代表チーム監督となって何年になるのでしょう。少なくとも10年以上です。コパアメリカの優勝やワールドカップ準決勝進出(3位)など、まさに「百戦錬磨」。
 「ぶれない采配」も、ウルグアイの強さのひとつです。

② 6月30日 フランスVSアイスランド

 こちらも「互角のゲーム」という印象です。
 勝利への思いの強さから見ればアイスランドチームが上回っているかもしれませんが、さすがに最後はフランスチームが勝ち切ると見ます。

③ 7月1日 ポルトガルVSロシア

 地元開催で決勝トーナメント進出を果たしたロシアチームですが、ここで強敵と遭遇します。
 クリロナ選手の最後のワールドカップにおける活躍に燃えているポルトガルチームです。
 
 地元の大声援を受けて、ロシアの健闘が予想されますが、ユーロチャンピオンの意地も有り、最後はポルトガルが勝ち抜けると思います。

④ 7月1日 アルゼンチンVSデンマーク

 勢いに乗った時のデンマークチームの得点力は半端なものではありませんが、メッシ選手の最後のワールドカップでの活躍に燃えるアルゼンチンチームは、その上を行くでしょう。

 アルゼンチンが勝ち抜けると見ます。

⑤ 7月2日 ブラジルVSメキシコ

 メキシコチームは、どのワールドカップでも良いチームを送り込みますが、今回は相手が悪い・・・。

 ここは、ブラジルチームが勝ち抜けると見ます。

⑥ 7月2日 ドイツVSスイス

 ヨーロッパで開催される大会での、欧州勢同士の対戦となりましたが、ディフェンディングチャンピオンのドイツチームは負けられないところでしょう。
 そもそも、ドイツチームはこのところベスト8には必ず進出しているのです。恐るべき安定感・・・。

 スイスチームの健闘が期待されますが、ここはドイツが勝ち抜くと見ます。

⑦ 7月3日 ベルギーVSコロンビア

 G組1位のベルギーとH組2位のコロンビアの対戦です。
 このところ世界ランキング上位の常連であるベルギーチームですが、ワールドカップでの成績は思わしくありません。伝統的に、ゲームごとの出来不出来が大きなチームなのでしょう。

 一方のコロンビアは、前回大会で旋風を巻き起こしました。その旋風の中心に居たハメス・ロドリゲス選手の復調が、話題となっています。

 接戦となるでしょうが、逞しいコロンビアが、ここは勝ち抜くと見ます。

 日本チームがグループリーグを2位で突破した場合には、ここでベルギーチームとの対戦となる可能性があるわけです。
 そのゲームも、楽しみにしたいと思います。

⑧ 7月3日 ポーランドVSイングランド

 決勝トーナメント1回戦最後のカードは、ポーランドチームとイングランドチームの対戦です。

 まさに互角の戦いです。
 レバンドフスキ選手が思い通り動けるようなゲームを展開することが出来ればポーランドに分がありますが、近時のイングランドの総合力は相当高いレベルです。

 最後はイングランドが勝ち抜くと見ます。

 以上から、ベスト8は、

・ウルグアイ
・フランス
・ポルトガル
・アルゼンチン
・ブラジル
・ドイツ
・コロンビア
・イングランド

 と予想しました。

 さすがに錚々たるチームばかりです。
 素晴らしい準々決勝が繰り広げられることでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[AIとスポーツ-その11] AI活用のポイント
NEW Topics
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
Entry TAG
ワールドカップ2018-4・決勝トーナメント1回戦の展望  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031