FC2ブログ
HOME   »   スポーツ共通  »  [AIとスポーツ-その11] AI活用のポイント
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 これまで、10件の記事で「AIとスポーツの関係」について見てきました。

 繰り返しが多かったという反省が有りますが、書いていると新たに感じることもいくつか有りました。

 スポーツに限ったことでは無いと思いますが、AIの活用には主要ポイントが2つあると思います。

① ビッグデータの収集
② プログラムの作成

 の2点です。

 「ビッグデータの収集」には、「質」と「量」の問題が有ります。
 ビッグデータと呼ぶ以上は、相応の「量」が確保されなければなりませんが、その「質」も大切な要素でしょう。

 「質」という概念の中には
① 属性の正確さが担保されていること
② デジタルデータかアナログデータか

 といった要素が入ってきます。

 データにきちんと正確な「ラベル」が付いていると、そのデータから得られる情報の精度も格段に高いものとなります。
 逆に、「属性」がいい加減なデータであれば、得られる情報も「いい加減」なものになるのは、自明の理でしょう。

 当然ながら、「きちんと正確なラベル」が付いているデータを「大量」に収集するのは、それほど容易なことではありません。
 便利なもの、有効なものを創造して行くのは、容易なことでは無いということなのでしょうか。

 スポーツに関するデータで観れば、トップクラスの大会のデータは揃え易い感じがします。
 オリンピックやワールドカップ、MLB、NPB、NFL、NBA、NHLやサッカーの4大リーグ、リーガ・エスパニョーラ、ブンデスリーガ、プレミアリーグ、セリエA、あるいはJリーグ、高校野球なら甲子園大会、といった、各々のスポーツにおけるトップクラスの大会のデータは、連続性やラベル付も十分な形で確保できそうです。

 2017年からMLBで実施されている「スタットキャスト」は、さらに高度なデータを集積できる仕組みですから、トップクラスのプレーヤー・プレーについての分析は、一層広く、深く行われていくことでしょう。

 一方で、各スポーツのミドルクラス、あるいは裾野のプレーヤーのデータは、おそらく十分とは言えないのでしょう。
 MLBやNPBであれば、1A~2Aのデータや二軍のデータ、学生スポーツであれば地区予選レベルのデータの整備、我が国の中学・高校の頃のデータ集積、等々が求められるところです。
 「これから伸びて行くプレーヤー」に対する情報提供、AIの活用に向けては、こうしたレベルのデータが必要だと考えます。

 この点については、「仕組み」を作って行く必要があるのでしょう。

 旗振りをどこがやるのかも含めて、様々なレベルの各大会・試合において「集積するデータの種類」を決め、「データ集積の簡易な仕組み」を提供していく必要があるのでしょう。
 移動式の「簡易な仕組み」を各大会・試合に貸与して、同水準の情報を日本中、世界中で集積して行くことによって、「これから伸びて行くプレーヤー」に対する的確な情報(トレーニングやゲームに対する)を提供して行けるようになるといった体制が欲しいところです。

 大会・試合での情報収集が軌道に乗ったところで、各地・各競技でのトレーニングに関する情報の収集も開始できればと思います。

 これらの情報は、「これから伸びて行くプレーヤー」にとっての、怪我や故障を減らしていくことにも役立つと考えます。

 また、最近某国が某国に関するビッグデータの提供や他国による活用を認めない、遮るといった報道が有りました。

 こうした「国家権力」といった強大なパワーによって、ビッグデータの利用に制限がかかるというのは、今後のAI活用にとっての障害のひとつであることは間違いありません。

 スポーツ界に限らず、AIの活用に向けては「国際的ルール」の制定も必要だということになるのでしょう。

 「ビッグデータ」は、AI活用の最大のポイントのひとつです。
 「ビッグデータ」を利用するスピード、利用に必要な時間、正確な利用、といった諸点において、AIの能力は人間の比ではありません。

 人間には到底できないスピードで、大量のデータを利用できるからこそ、AIは「これまで出来なかったこと」や「全く想像もしなかったこと」を実現できる可能性があるのです。

 さて、このビッグデータを利用する「プログラムの作成」については、次回のテーマにしたいと思います。

 (その12へ)
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[ワールドカップ2018-5] 準々決勝の展望
NEW Topics
[WBA世界ミドル級タイトルマッチ] やはり、ビートたけし氏は凄かった。
[MLB2019] 田中将大投手 MLB通算70勝目
[大相撲2019・7月場所・11日目] 4大関 全員が休場
[ウィンブルドンジュニア2019・男子シングルス] 望月慎太郎選手 優勝!
[大相撲2019・7月場所] 安美錦関 引退
[MLB2019] エンゼルス スカッグス選手の追悼試合でノーヒッター
[ウィンブルドン2019・男子シングルス] ジョコビッチ選手 フェデラー選手との激闘を制して 5度目のV
[陸上日本選手権2019] サニブラウン・アブデルハキーム選手の戦い
[WBA世界ミドル級タイトルマッチ] 村田諒太選手 素晴らしいファイト
[NPB2019] 広島カープ 8連敗で4位に後退
久保建英選手のレアル・マドリード入りに続いて、安部裕葵選手がバルセロナへ
[ウィンブルドン2019・男子シングルス] 錦織圭選手 ベスト4ならず
[MLB2019・オールスターゲーム] 田中将大投手 勝利投手に!
[コパアメリカ2019] 総合力に勝るブラジル代表チーム 9度目の制覇!
[FIFA女子ワールドカップ2019] アメリカ代表チーム 4度目の優勝!
[全英オープン2019] 第143回大会の会場はロイヤルポートラッシュ・ゴルフクラブ?
[陸上競技・日本選手権2019・男子400mH] 安部孝駿選手 見事なレース
[MLB2019] オールスターゲームを目前にしての各地区順位
[MLB2019] 大谷翔平選手 25歳に
[コパアメリカ2019] アルゼンチン代表チーム 準決勝敗退
[FIFA女子ワールドカップ2019] 決勝はアメリカVSオランダ
[陸上日本選手権2019・男子110mH] 「最後の一歩」の勝負
[陸上日本選手権2019・女子中距離] 卜部 蘭選手 2冠達成!
[大相撲2019・7月場所] 活躍が期待される10名の力士
[陸上日本選手権2019女子やり投げ] ハイレベルな戦い
[陸上日本選手権2019・男子1,500m] 「自己新記録」の大会を象徴するレース
[セリエA2018~19] ユベントス 悠々と優勝し空前の「8連覇」
[大相撲2019・7月場所] 竜電関 ついに三役へ
[MLB2019] 大谷翔平選手 10号ホームラン 2年連続二桁!
[NPB交流戦2019] ソフトバンク・ホークスが8度目の制覇
[FIFA女子ワールドカップ2019フランス大会] なでしこジャパン 準々決勝進出ならず
[コパ・アメリカ2019] 日本代表チーム 決勝トーナメント進出ならず
[競馬コラム241・宝塚記念2019] 唯一の牝馬 リスグラシュー号 快勝!
[MLB2019] ダルビッシュ有投手 10先発登板連続 勝ち負け付かず
[MLB2019] サイクル安打とノーヒットノーラン
ラグビーワールドカップ2019と東京オリンピック2020のチケット販売の難しさ
[競馬] 宝塚記念2019の注目馬
[NBAドラフト2019] 八村塁選手 1巡目指名を受ける。
[アジアフェンシング選手権2019・女子フルーレ団体] 日本代表チーム 初優勝!
[MLB2019] 田中将大投手 MLBで4度目の完封勝利!
[レスリング全日本選抜2019] 本当に「熾烈」な代表争い
[トゥーロン国際2019] 「堅守」の日本チーム PK戦で惜しくも準優勝
[U-20ワールドカップ2019] ノルウェーチームのハーランド選手 1試合9得点!
[全米オープン2019] 穏やかで肌寒い3日間を終えて
[NBAファイナル2019] トロント・ラプターズが初優勝!
[MLB2019] コンディションが上がってきた 大谷翔平選手
[トゥーロン国際2019] U-22日本代表チーム 決勝進出!
[NPB2019] やっぱり「もってる」吉田輝星投手 NPB初先発・初勝利
[MLB2019] 日本人対決 大谷翔平選手が前田健太投手からホームラン!
[コパ・アメリカ2019] メッシ率いるアルゼンチン代表チームの活躍が期待されます。
Entry TAG
AIとスポーツ11・活用のポイント  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031