FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [ワールドカップ2018-21] ブラジル代表 90分以降の2ゴールで勝ち切る
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[6月22日・グループE]
ブラジル2-0コスタリカ

 「2-0」は、サッカー競技において「完勝」を表すスコアです。サッカーファンにゲームのスコア予想を聞いた時に、完勝できそうな試合であれば「2-0」と答えることも多いのです。

 このゲームは、その「2-0」でしたが、試合内容はブラジルの完勝と言うよりは、0-0のまま、息詰まるような緊張感に満ちた時間が過ぎて行く展開でした。
 90分を終っても0-0、ブラジルチームの波状攻撃とコスタリカチームの堅守が、絶妙のバランスを保っていたのです。

 このまま引分けかと思われました。

 インジュリータイムは6分でした。
 ネイマール選手のプレーを巡って、一度はペナルティーキックPKと判定されながら、VARにより反則無と判定されたプレーや、苛立ちを見せたネイマール選手にイエローカードが出されたプレーなど、インジュリータイムが増える要素が多かったのです。

 その91分、ブラジルが再び攻め込みました。コスタリカゴール前で、ブラジルチームのフォワードFWカブリエルジェズス選手がトラップし、自らシュートを打とうとした瞬間、後ろからもの凄いスピードで走り込んできたプレーヤーが居ました。
 フェリペ・コウチーニョ選手でした。コウチーニョ選手は走りながらボールをヒットしました。強烈なシュートでした。このシュートが、コスタリカのゴールキーパーGKケイラー・ナバス選手の股間を抜けてゴールイン。

 ブラジルチームが、ついに先取点を挙げた瞬間でした。

 2014年ブラジル大会の時から、GKナバス選手のプレーは際立っていました。
 「守護神」という言葉がピッタリくる、冷静かつ良いポジショニングをベースにしたプレーは、派手さこそありませんが、確実に相手チームの壁となるのです。
 ゲームが進むにつれて、「このキーパーから、どうやって得点を挙げるのだろう」という雰囲気が増してくるのも、ナバス選手の特徴だと思います。「シュートをすれば、いつもそこにナバスが居る」のです。
 このゲームでも、そうした空気が漂いました。

 良く汗を流すディフェンダーDF陣と共に、コスタリカチームはブラジルチームの猛攻に耐え続けました。
 しかし、さすがに80分を過ぎた頃から疲労が目立ち始めました。
 ピッチに倒れるコスタリカプレーヤーが増えて来たのです。

 逆に言えば、ブラジルが「良く攻めた」ということでしょう。
 クロアチアの堅守に跳ね返され続けても、衰えることの無い攻めを続けたのです。
 チーム全体が良く動き、攻めのバリエーションも豊富でした。

 このまま引分けて、2戦2引分でも、ブラジルチームは心配ないと感じました。自分達のプレーができていましたから。

 そうした中で91分、ついに先制点が生れたのです。
 このコウチーニョ選手のシュートも、それまでと同様に「ナバス選手の正面」に飛びましたが、スピード十分な「股抜き」シュートでしたので、さすがのナバス選手もセーブすることが出来ませんでした。
 心身の疲労が、コスタリカ守備陣を覆っていたのかもしれません。

 そして97分、やや気落ちした感じのコスタリカゴール前で、ネイマール選手が跳びました。
 2点目のゴールを挙げたのです。

 ゲームを通じて、相当フラストレーションが溜まっていたネイマール選手にとっては、溜飲を下げるゴールだったことでしょう。

 セレソンは勝ち切りました。

 ブラジルチームの勢いを増大させるゲームでした。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[日本陸上選手権2018] 男子100m決勝 山縣亮太選手の圧勝
NEW Topics
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
Entry TAG
ワールドカップ2018-21・ブラジル勝ち切る  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930