FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [ワールドカップ2018-57] フランスチーム 「2回目」の優勝!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[7月15日・決勝]
フランス4-2クロアチア

 点の取り合いになると予想していましたが、合わせて6点も入るとは思いませんでした。

 決勝トーナメントTに入って、3試合連続で120分戦ってきたクロアチアチームに、さすがに疲労が観えて、これまでの運動量が発揮されませんでした。
 その隙をついてフランスチームが3点目・4点目を挙げて、押し切ったゲームだと思います。

 試合開始前のセレモニーにおける国歌演奏、フランスのデシャン監督は力いっぱい歌っていました。このゲームに対する決意を感じさせる姿でした。

 クロアチアチームは紅白の正ユニフォーム。決勝Tでは、黒と紺の副ユニフォームが多かったので、新鮮な印象でした。

 試合の入りは、まずクロアチアチームが攻勢に出ました。フランスチームが受ける形。
 前半11分頃までは、クロアチアが点を取りに行ったのです。

 しかし、前半18分に、フランスチームがフリーキックFKを獲得します。この試合最初のセットプレー。
 クロアチアゴールに向かって右側からのFKですが、これをグリーズマン選手が蹴り込みました。ボールは一直線にクロアチアゴールに飛び、これをゴール前で守っていたマンジュキッチ選手がすらしましたが、そのままゴールイン。

 フランスはクロアチアのオウンゴールで先制したのです。

 前半20分、突然雨が降ってきました。相当強い雨でした。雨中の戦いとなったのです。

 前半27分、フランスのカンテ選手にイエローカードが出されました。
 マンジュキッチ選手をマークしていたカンテ選手にイエローが出されたことは、その後の展開に影響が有ると思われました。

 そして前半28分、クロアチアがFKを得ます。これを蹴るのはモドリッチ選手。
 モドリッチ選手は右サイドに蹴り、これをヘッディングでゴール前に折り返し、さらにパスしたボールをペリシッチ選手がシュート。これが見事に決まりました。

 試合は1-1の振り出しに戻ったのです。

 準備されたシステマティックなプレーをキッチリと実行したものでしょう。
 「逆転のクロアチア」の面目躍如たるプレーでした。

 しかし、前半33分、クロアチアゴール前のコーナーキックCKからのプレーでペリシッチ選手の手にポールが当たりました。
 当初主審はノーファールの判断でしたが、VARから連絡が入り、主審はVAR画面で確認することとなりました。
 そして3分後、ペナルティーキックPKが宣せられました。手に当たったことが偶然か故意かは分かりませんが、偶然であろうと故意であろうと「手を使えば反則」なのです。
 「疑わしい行為」が、PKと判定されました。

 このPKをグリーズマン選手がしっかりと決めました。

 前半はフランスチームが2-1とリードして終えました。
 前半の3ゴールは、いずれもセットプレーからのものでした。

 クロアチアチームにとっては、PKによる2失点目が痛かったと感じます。

 後半も開始直後はクロアチアチームが攻勢に出ました。早期の同点を目指して攻めたのです。これをフランスチームは、前半と同様に丁寧に対応しました。

 後半9分、意外な選手交替が行われました。
 フランスチームのカンテ選手がヌゾンジ選手に代わったのです。
 フランスチームの守備の要であり、このゲームでもクロアチアチームのエース・モドリッチ選手の動きを封じていたカンテ選手を下げたことは、クロアチアチームに有利な交替のようにも感じられました。

 しかし、この交替がデシャン監督からの「攻撃開始指令」だったのです。

 後半14分ポグバ選手、後半20分エムバペ選手と、フランスは立て続けに得点を挙げました。
 共にクロアチアゴールのペナルティーエリア近辺から放たれたミドルシュートでした。
 「前がかり」に攻勢に出ていたクロアチアチームのゴール前の守備DFは、やや薄くなっていましたので、シュートコースが広いのです。
 こうした状況で「正確なシュート」を打たれる(それは難しいことなのですが)と、ゴールキーパーGKが止めることは困難なのですが、ポグバ選手とエムバペ選手は、とても上質なシュートを打ち、これが見事にゴールに突き刺さりました。

 また、これまでなら、中盤のプレーヤーが戻ってきて守備に加わっていたものが、エムバペ選手のシュートシーンでは観られませんでした。疲労が重なり、クロアチアのプレーヤーの運動量が落ちていたのでしょう。「どこにでも顔を出してきた」モドリッチ選手の姿も、ありませんでした。

 フランスチームが4-1とリードして、ゲームは決しました。

 後半24分には、マンジュキッチ選手がGKロリス選手の軽率なプレーをついて2点目を挙げましたが、クロアチアの反撃もここまで。
 守備を固めたフランス陣を、この後抉じ開けることは出来ませんでした。

 初の決勝に挑んだクロアチアチームは、これまで観られなかったような「フルパワーの攻勢」を前半と後半の始めに繰り出しました。得点を取りに行ったのです。
 今思えば、これは「疲れていて、長い間はこれまでの様には動けない」ことをチームとして認識していたので、「先行逃げ切り」のゲームを目指したのでしょう。
 しかし、フランスチームも体力十分な時間帯では、この攻撃は不発でした。
 「得点されても、いつものように粘り強く攻撃を繰り返す」という、今大会のクロアチアスタイルを実行することは出来なかったのです。
 相当、疲労が残っていたものと考えます。

 フランスチームは、エムバペ選手のスピードを存分に活用しました。
 エムバペ選手の「突進」は、圧倒的な威力でクロアチアゴールを脅かし続けました。
 クロアチアDFはエムバペ選手を止めることが出来なかったのです。
 19歳のスーパープレーヤーは、今後の世界サッカー界を牽引して行く存在でしょう。

 フランスチームは20年振り「2回目」の優勝を果たしました。
 ワールドカップの「複数回優勝チーム」の仲間入りを果たしたのです。
 ブラジル(5回)、イタリア(4回)、ドイツ(4回)、ウルグアイ(2回)、アルゼンチン(2回に続くものです。
 加えて「自国開催以外の大会での優勝」も実現しました。

 ロシア大会は、フランスが真のサッカー強豪国になった大会、と言っても良いのかもしれません。

 フランスは「とても若いチーム」です。
 チームリーダー格のグリーズマン選手でさえ、まだ27歳なのです。
 多くのプレーヤーが20歳代前半、10歳代のエムバペ選手も居ますから、今後2度のワールドカップは現行のメンバー主体で戦うことができます。

 当分の間、世界サッカー界におけるナショナルチーム同士の戦いは、フランスチームを中心に動いて行くのでしょう。
 
 フランスは「とても強いチーム」になりました。

 試合後の表彰式、雨が強くなりました。どしゃぶりです。
 その雨の中で、ワールドカップが輝きました。
 「フランス時代の到来」を告げる、鮮やかな黄金色でした。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ワールドカップ2018-58] 「ファウルをしている暇は無い」
NEW Topics
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
[FIFAワールドカップ1978決勝] アルゼンチンチーム 初優勝
[競馬(無観客)] 桜花賞2020の注目馬
Entry TAG
ワールドカップ2018-57決勝・フランス2回目の優勝  
Comment
259
記事掲載の問い合わせ
管理人様 、はじめまして。鈴木幸子と申します。
恐れながら貴サイトhttp://thsports.blog.fc2.com/にバナーやtextlinkや記事掲載をお願いしたく ご連絡をさせていただきました。(有料)
もし興味がございましたらお返事頂ければと思います。
ご返信をいただければ、どちらのサイト(URL)の管理人様を教えていただきます。
よろしくお願いいたします。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031