FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [ワールドカップ2018-62] KaZブログが選ぶベストイレブン
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 この稿を書いていると、ワールドカップ2018ロシア大会も幕を閉じたと、改めて感じます。
 この素晴らしいイベントを再び体験するには、また4年の月日を待たなければならないのです。

 さて「ベストイレブン」です。

 何時の大会も、素晴らしいプレーヤーがどんどん登場しますので、選出は困難を極めます。今大会も「選びようが無い」と何度も感じ、諦めかけましたが、とはいえ、自らの記録としても「選ばなくてはならない」と強い意志を持って臨みました。(少し大袈裟ですが)

 まずは一覧。

GK ティボー・クルトワ(ベルギー)

DF リュカ・エルナンデス(フランス)
  ディエゴ・ゴディン(ウルグアイ)
  ラファエル・ヴァラン(フランス)
  ホセ・マリア・ヒメネス(ウルグアイ)

MF ケビン・デ・ブライネ(ベルギー)
  ルカ・モドリッチ(クロアチア)
  ポール・ボグバ(フランス)
  ネイマール(ブラジル)

FW キリアン・エムバペ(フランス)
  マリオ・マンジュキッチ(クロアチア)

 ゴールキーパーGKはクルトワ選手としました。
 今大会も、良いGKが多かったと感じますし、GKの良いチームが勝ち上がっているようにも観えました。
 クルトワ選手のスーパーセーブは、毎試合の様に観られましたし、安定感も抜群でした。このクルトワ選手を相手にしての、原口選手と乾選手が挙げた2ゴールは、日本チームの攻撃・シュートの質の高さを如実に示しています。

 ディフェンダーDFは、フランスチームとウルグアイチームから2名ずつ。この2チームの守備は、今大会でも際立っていたと感じます。
 グループリーグGL無失点のウルグアイはもちろんとして、準決勝、決勝のフランスの守備も見事でした。派手さは無いが着実で、実にスピーディー。今後求められるディフェンスを具現していたと思います。

 ゴディン選手のインターセプト(決勝トーナメントで大会最多の13回)からの突進は、まさに「ワールドカップのDF」を感じさせるものでした。
 アトレティコ・マドリードでもゴディン選手とコンビを組むヒメネス選手の守備は、まさに「鉄壁」。23歳の若さも魅力で、GL緒戦のエジプト戦での豪快なヘディングシュートも印象的でした。

 ヴァラン選手の「最終ライン」としての安定感は、ほれぼれとさせられました。クリアが多いと感じていましたが、44回と今大会最多とのこと、納得です。
 左サイドバックのエルナンデス選手は、今大会最多の16タックルを記録。22歳の若さ溢れる溌剌としたプレーが印象的でした。

 ミッドフィールダーMFのモドリッチ選手とポグバ選手は、文句の付けようのない活躍でした。クロアチアとフランスの決勝進出の原動力であった2名のプレーヤーは、ロシア大会を代表するMFでしょう。

 デ・ブライネ選手は、その30m超の高速ドリブルと、正確なミドルシュートで、ベルギーチームの心臓としての活躍が見事でした。日本戦の「あのカウンタープレー」における、ゴール前からハーフラインを超えるところまでの突進のスピードと迫力は、今大会のハイライトシーンのひとつでしょう。

 ネイマール選手はFWとしても活躍しましたが、何より「ラストパス23回」が大会最多記録でした。ブラジルチームの変幻自在の攻撃を演出したのです。チームは準々決勝で敗退してしまいましたが、そのパフォーマンスはさすがでした。
 「王国」チームの中心選手として沢山の反則を受け、倒れ続けました(テレビ画面に映し出された穴だらけのストッキングふくらはぎ側が象徴的でした)が、MFとしてもFWとしても、良く働いた大会だったと思います。

 フォワードFWは、エムバペ選手とマンジュキッチ選手。
 マンジュキッチ選手は、相手ゴール前エリアにおける、5m以内の素早く無駄の無い動きで「得点機を創出し、得点する」という「伝統的センターフォワード」として、今大会NO.1だったと感じます。
 するすると出てきて、ズドンと決めるFWは、何時の時代も観ていてとても楽しいものですし、絶対に必要な存在なのです。
 
 エムバペ選手は、その圧倒的なスピードがミラクルでした。
 相手プレーヤーはもちろん驚かされたと思いますが、観ているこちらの方も「ここからでは抜けられないだろう」「ここからでは追い付けないだろう」という、従来の、50年間観てきた「ワールドカップのプレースピード」(当然ながら、各々の時代の世界最高速ですが)を超えるスピード、前例の無いパフォーマンスを魅せていただいたのです。
 俯瞰で見ている観客の予測をも超えるスピードと言うのは、本当に凄い。
 これから、どんな「規格外の」プレーを魅せてくれるのでしょうか。

 KaZブログが選ぶ、ワールドカップ2018ロシア大会の「ベストイレブン」は以上です。

 何と素晴らしいプレーヤー達なのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ワールドカップ2018-63] 身長170cm前後
NEW Topics
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 再開 ベスト8決まる。
[温故知新-陸上競技13] 男子3,000m障害 オリンピック金メダリストの記録
[全米プロゴルフ選手権2020(無観客)] コリン・モリカワ選手 初優勝
[MLB2020(無観客)・ナショナルリーグ] 8月8日終了時点の各地区の順位
[MLB2020(無観客)・アメリカンリーグ] 15ゲーム前後を終えての各地区の順位
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 2連勝!
[PGAツアー2019~20(無観客)] 全米プロゴルフ選手権大会 開幕
[ルヴァンカップ2020(観客数制限)] 三浦知良選手 53歳5ヵ月10日で先発!
[温故知新2020-陸上競技12] 男子三段跳び オリンピック金メダリストの記録
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] MVPは隠岐の海関
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 照ノ富士関 5年振り2度目の優勝
[競馬コラム275] キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの勝ち馬
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン初登板
[NBA2019~20(各種制限)] 再開 八村塁選手の活躍
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 大一番 朝乃山VS照ノ富士
[欧州4大リーグ2019~20] 各リーグの優勝チームが決まりました。
[NPB2020(観客数制限)セリーグ] 巨人が首位
[NPB2020(観客数制限)・パリーグ] ソフトバンクが首位
[陸上・東京選手権2020(無観客)] 男子800m クレイ・アーロン・竜波選手 快勝!
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 今季初登板・初勝利
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平「投手」 久しぶりの登板
[競馬コラム274] エネイブル号 G1レース11勝目!
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 中日を終えて
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 登場
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 3年目のシーズンイン
[MLB2020(無観客)] 筒香嘉智選手 メジャーデビュー戦で2ランホームラン
[MLB2020(無観客)] 秋山翔吾選手 メジャー初打席・初ヒット・初打点
[MLB2020開幕戦(無観客)] マックス・シャーザー投手とゲリット・コール投手の投げ合い
[MLB2020(無観客)] ついに開幕 今シーズンの試合数など
[大相撲2020・7月場所5日目(観客数制限)] 5戦全勝の力士達
[セリエA2019~20(無観客)] クリスティアーノ・ロナウド選手 驚異の得点力
[競馬コラム273] ビワハヤヒデ号 30歳の大往生
[大相撲2020・7月場所初日(観客数制限)] お行儀の良い観客の皆さん
[ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020(観客数制限)] 一山麻緒選手と前田穂南選手
[FIFAワールドカップ2010準決勝] スペインチーム 「パスサッカー」の完成
[温故知新2020-陸上競技11] 男子400m競走 オリンピック金メダリストの記録
[NPB2020(観客数制限)] 戸郷翔征投手 開幕3連勝!
[NPB2020(観客数制限)] DeNA 7月15日まで16試合連続「○●○●・・・」のNPB記録更新
[大相撲2020・7月場所(観客数限定)] 活躍が注目される10名の力士
[温故知新2020-競泳8] マーク・スピッツ選手とマイケル・フェルプス選手
[リーガエスパニョーラ2019~20(無観客)] 久保建英選手 今シーズン4点目!
[アメリカ・カレッジスポーツ2020] アイビーリーグが秋季のスポーツを中止
[温故知新2020-ボート] 男子エイト オリンピックのメダル獲得チーム
[NPB2020・パリーグ(無観客)] 楽天ゴールデンイーグルスの快走
[NPB2020・セリーグ(無観客)] 阪神タイガース 3連勝
[温故知新2020-陸上競技10] 110mハードル 金メダリストの記録
[競馬コラム272-日本馬の海外挑戦14] 2011年 ヴィクトワールピサの快挙
[温故知新2020-競泳7] 男子100m自由形 オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技9] 男子200m競走 金メダリストの記録
[温故知新2020-自転車] 男子団体追い抜き オリンピックのメダル獲得チーム
Entry TAG
ワールドカップ2018-62・KaZブログのベストイレブン  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031