FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [ワールドカップ2018-65] ネイマール選手 抜群のパフォーマンス
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 7月15日の読売新聞朝刊に「データスタジアム社のランキング」という、ワールドカップ2018ロシア大会関連の記事が掲載されました。
 とても面白い記事でした。

 これは、7月11日・準決勝終了時点で、様々なプレー項目の各プレーヤーのランキングをデータスタジアム社が調査・公表したものです。

① シュート数
第1位 ネイマール(ブラジル) 26回 枠内率50.0%
第2位 コウチーニョ(ブラジル) 23回 同26.1%
第3位 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル) 22回 同36.4%
第4位 ペリシッチ(クロアチア) 21回 同14.3%
第5位 グリーズマン(フランス) 18回 同38.9%
第5位タイ メッシ(アルゼンチン) 18回 同33.3%

② ラストパス数
第1位 ネイマール(ブラジル) 23回
第2位 トリッピアー(イングランド) 18回
第3位 デ・ブルイネ(ベルギー) 16回
第4位 モドリッチ(クロアチア) 15回
第5位 コウチーニョ(ブラジル) 13回
第5位タイ ベラ(メキシコ) 13回

 この記事では、攻撃の項目として「シュート数」「ラストパス数」が挙げられていますが、ネイマール選手は2項目共にトップ、それも圧倒的なトップです。
 他競技で言えば「シュート」と「アシスト」の両項目で首位となっているのです。

 ブラジルチームの試合を観ていて、凄いパフォーマンスだと感じていましたので、その感じが数字でも証明されたことになり、納得でした。

 この大会のネイマール選手は、もの凄い活躍を魅せてくれたのです。

 シュート数項目でいえば、その「枠内率」も50%と圧倒的です。
 クリスティアーノ・ロナウド選手やメッシ選手、グリーズマン選手といった錚々たる世界の「点取り屋」を相手に、世界最大の大会で圧倒的な数値を残しているのですから、ネイマール選手のゴールゲッターとしての能力が世界屈指のものであることは、疑う余地がありません。

 また「ラストパス数」項目では、2位に大差を付けてのトップです。
 こちらも、ルカ・モドリッチ選手やデ・ブルイネ選手を相手にしての圧倒的な実績ですから、自軍の他の選手を活かして得点を狙って行くという役割においても、ネイマール選手の能力が世界屈指のものであることも、間違いありません。

 「俺が俺がと出しゃばり」、めったやたらとシュートを放って、シュート数の増加を果たしたわけでは無く、チームにとって良いと判断した時には、味方プレーヤーにパスを出し、自分が打つ方が得点の可能性が高いと判断した時にはシュートして行く、そしてその「枠内率」が圧倒的、世界最高の大会で圧倒的と言うのですから、冷静かつ客観的に観て、ロシア大会最高のオフェンスプレーヤーはネイマール選手ということになるのでしょう。
 
 ネイマール選手は、円熟期を迎えつつあるのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[日本プロ野球2018] 上原浩治投手 100勝・100セーブ・100ホールドのトリプル100達成!
NEW Topics
[全日本卓球選手権2020・女子] 早田ひな選手が2冠
[bリーグ・オールスターゲーム2020] 定着
[U-23アジア選手権2020タイ大会] 日本代表チーム 最下位でグループリーグ敗退
[NFL2019~20ポストシーズン] ディビジョナル・ゲーム
[全国高校サッカー2019~20・決勝] 静岡学園チーム 逆転で勝利
[大相撲2020・1月場所] 3日目を終えて 大波乱の土俵
[MLB2019オフシーズン] 秋山翔吾選手 シンシナティ・レッズ入り
[全国高校ラグビー2019~20・決勝] 桐蔭学園チーム 悲願の単独優勝!
[大相撲2020・1月場所・初日] 炎鵬関の人気
[全国大学ラグビー決勝2020] 早稲田大学チーム 16度目の優勝
[PGA2019~20・トーナメントオブチャンピオンズ2020] ジャスティン・トーマス選手がプレーオフを制して優勝
[卓球2020] 東京オリンピック2020の代表決まる。
[NFL2019~20・ワイルドカード] ロースコアの激戦 ペイトリオッツも敗退
[競馬コラム250・ばんえい競馬2020] ホクショウマサル号 30連勝の日本新記録
[大相撲2020・1月場所] 活躍が期待される10名の力士
[NPB2019シーズンオフ] 2020年シーズンに向けて「複数年」の大型契約更改
[箱根駅伝2020] 1年生ランナーの活躍
[箱根駅伝2020] 青山学院大学チーム 5度目の優勝
[箱根駅伝2020・往路] 好コンディション and 好タイム
[リーガ・エスパニョーラ2019~20] エル・クラシコ 17年振りのスコアレスドロー
2020年のスポーツ界展望
2019年のエムウェーブと横浜国際総合競技場
[サッカー天皇杯2020] 決勝進出の2チーム
[2019年を振り返って-8・RWC43] 日本VSスコットランド 栄光のフィフティーン
[2019年を振り返って-7・RWC42] 日本VSアイルランド 栄光のフィフティーン
[2019年を振り返って-6・大相撲] 照ノ富士 関取に返り咲く
[競馬] ホープフルステークス2019の注目馬
[2019年を振り返って-5・世界陸上] 黄色いスパイクシューズ
[2019.年を振り返って-4・MLBイチロー引退-5] 「月間50安打」を4度!
[全日本フィギュア2019] 若手の成長
[箱根駅伝2020] 活躍が期待される10チーム
[2019年を振り返って-3・MLB] 大谷翔平選手 トミージョン手術からのリハビリを完了
[UEFA-CL2019~20] 大混戦だったグループG
[UEFA-CL2019~20] グループHの死闘
[2019年を振り返って-2・J1] 横浜F・マリノス 15年振りの優勝
[競馬] 有馬記念2019の注目馬
[UEFA-CL2019~20] ネイマール選手の復帰
[2019年を振り返って-1] 大坂なおみ選手 再びコーチを交替
[競馬コラム249・朝日杯FS2019] サリオス号の「速い二の脚」
[ラグビーワールドカップ2019-41] アダム・ヘイスティングス選手
[プレミアリーグ2019~20] 南野拓実選手がリバプールへ移籍?
[MLB2019オフシーズン] エンゼルスがアンソニー・レンドン選手と7年契約
[競馬コラム248・阪神JF2019] 「飛んだ」 レシステンシア号
[NBA2019~20] レギュラーシーズン序盤戦
[競馬] 朝日杯フューチュリティステークス2019の注目馬
[全日本アイスホッケー2019] 栃木日光アイスバックス 優勝!
[スキージャンプ/フィギュアスケート2019] 次代を担う 2人の「佐藤」選手
[ISU-GPファイナル2019] フィギュアスケート競技のこれから
[ISU-GPファイナル2019] 素敵な「負けず嫌い」 羽生結弦選手
[大学駅伝男子2019~20] かつてない大混戦
Entry TAG
ワールドカップ2018-65・ネイマール選手の活躍  
Comment
260
"2018 FIFAワールドカップロシア大会を追いかける!

「日本代表」タグアーカイブ

いよいよ開幕が来年に迫った「2018年FIFAロシアワールドカップ」。 各大陸の最終予選もクライマックスに差し掛かる中、当サイトでは各国の予選での戦いや、本戦に向けての歩みを随時チェックしていきます!いっしょにロシアワールドカップを追いかけましょう!"https://xn--2018-ul4cofqbxhwhob9j.net/tag/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8/

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031