FC2ブログ
HOME   »   高校野球  »  [夏の甲子園2018] 決勝戦の秋田地区の視聴率が不明?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 8月18日に行われた「金足農VS近江」の試合の、秋田地区の視聴率(NHK総合放送)が平均で53.8%、瞬間最高が66.0%に達したと報じられましたから、準決勝や決勝の視聴率がどれくらいになったのだろうとニュースを待っていましたが、なかなか報じられませんでした。

 不思議に感じていたのですが、何と「計測していない」というのです。

 そんなことがあるのか、と驚きました。

 秋田地区の視聴率調査は「当該月の第1月曜日から2週間」の間行われるというルールになっていて、2018年8月なら6日から19日の間だけ調査されていたのだそうです。
 従って、20日の日大三戦、21日の大阪桐蔭戦は、そもそも調査されていなかったのです。

 ちょっとガッカリしました。

 そういうルールがあるにしても、秋田代表チームが決勝に進出するという「100年に一度の事象」(今後はもっと頻度が上がるかもしれませんが)に対しては、特例で調べておいてほしかったと感じます。

 それでも、決勝戦の関東地方のNHK平均視聴率は20.3%に達し、2017年の決勝の17.1%を上回ったとのこと。
 やはり、金足農チームの活躍が、夏の甲子園2018の全国的な盛り上がりに一役買ったことは間違いないのでしょう。

 先日のサッカーワールドカップ2018ロシア大会、6月16日のアイスランドVSアルゼンチンのゲームにおける「アイスランド国の視聴率が99.6%に達した」ことは、大きく報道され、地元の盛り上がりの凄さを示すというか、「異常な高率」が大いに話題となりました。
 「残りの0.4%は試合が行われたスタジアムに居た」という、洒落たコメントも報じられていました。
 「視聴率99.6%」、こういった数字は、連綿と語り継がれるものでしょう。
 それだけに、2018年夏の甲子園大会決勝の秋田地区の視聴率を計測しておいてほしかったのです。

 スポーツにおける「地元ファンの盛り上がり」というのは、時に、想像を遥かに超えるものとなるのですが、「我らの代表」という要素に、どのような別の要素が加わると、「大ブレイク」となるのかは、なかなか把握が難しいところです。

 ケースバイケースということなのでしょうが・・・。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[アジア大会2018・競泳] 渡辺香生子選手の復活に向けて
NEW Topics
Entry TAG
夏の甲子園2018・決勝戦の秋田地区の視聴率は  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031