FC2ブログ
HOME   »   陸上競技  »  [アジア大会2018・陸上競技] 4×100mリレー男子 日本チーム20年振りの優勝!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[8月30日・決勝]
1位 日本チーム 38秒16
2位 インドネシアチーム 38秒77
3位 中国チーム 38秒89

 日本チームが快勝しました。

 予選から好調な走りを魅せ、決勝レースでも「力通り」の走りで勝ち切ったのです。

 リオデジャネイロ・オリンピック2016で銀メダル、世界選手権大会2017で銅メダルと、近時の国際大会で「メダルの常連」となっていた日本男子の4×100mリレーですが、アジア大会では21世紀に入ってから1度も勝てませんでした。

 もともとリレー種目では、「個」の力を上回る結果を出してきた日本短距離陣ですから、アジア大会での不振は、やや不思議な感じがしていたものです。

 少し不安の有った今大会でしたが、走ってみれば圧勝という結果でした。

 とはいえ、決勝レースの日本チームのパフォーマンスは十分なものでは無かったと思います。
 特にバトンパスは上手く行きませんでした。

 1走の山縣選手から2走の多田選手へのパスは、予選の時より「詰まり」ましたし、予選と同様に多田選手が外側に膨らんでしまいました。
 2走には「慣れていない」多田選手という点はあるのでしょうが、より厳しい戦いにおいては、この状態では戦えないでしょう。
 予選レースでは、多田選手は外側のコースに食み出していました。
 決勝レースでは、ギリギリ食み出しは避けられましたが、どちらのレースでも、外側コースのランナーと接触するようなことがあれば「失格」の可能性が有った訳ですし、そもそもこのレベルのスプリンターが「真っ直ぐ走れない」というのは、残念なことでしょう。
 曲がって走るのは真っ直ぐ走るより「長い距離を走る」ことになります。(当たり前のことを書き恐縮です)おそらく「数㎝長く走った」形なのでしょうが、男子200m競走で小池選手が「2cm差で金メダルを獲得」したことを考え合わせれば、短距離種目においては、数㎝も大事にしなければならないのは自明でしょう。

 2走の多田選手から3走の桐生選手へのバトンパスも「詰まり」ました。

 3走の桐生選手からアンカーのケンブリッジ飛鳥選手へのバトンパスも「詰まり」ました。
 ここのバトンパスは、これまでのレースでも、あまり上手く行ったことが無いと感じます。いつも「詰まっている」印象なのです。

 3度のバトンパスがいずれも「ドンピシャ」には程遠い状況でしたから、0.15秒×3度=0.45秒位は損をしていたのではないかと思います。
 とても、もったいないレースでしょう。

 38秒16-0.45秒=37秒71、今大会の日本チームの地力は、これ位であろうと考えます。

 予選の内容を観ていて、決勝では2位に10m前後の差を付けることが出来るのではないかと想定していましたが、実際のレースにおけるゴール前での差が小さかったのは、バトンパスの出来が影響していたのではないかと思います。

 一方で、バトンパスが不十分でも快勝できたというのは、日本チーム各ランナーの走力を示しています。
 見事な走りが続きました。

 山縣選手の加速、多田選手の後半50mの伸び、桐生選手のコーナリングスピード、そしてケンブリッジ選手のトップスピードに乗った後の走りは、いずれも世界で十分に戦って行けるハイレベルなものでした。

 20年振りのアジア大会優勝は、世界大会制覇に向けての反省点も示してくれたのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[大相撲2018・9月場所] 活躍が期待される10名の力士
NEW Topics
[コパ・アメリカ2019] 日本代表チーム 決勝トーナメント進出ならず
[競馬コラム241・宝塚記念2019] 唯一の牝馬 リスグラシュー号 快勝!
[MLB2019] ダルビッシュ有投手 10先発登板連続 勝ち負け付かず
[MLB2019] サイクル安打とノーヒットノーラン
ラグビーワールドカップ2019と東京オリンピック2020のチケット販売の難しさ
[競馬] 宝塚記念2019の注目馬
[NBAドラフト2019] 八村塁選手 1巡目指名を受ける。
[アジアフェンシング選手権2019・女子フルーレ団体] 日本代表チーム 初優勝!
[MLB2019] 田中将大投手 MLBで4度目の完封勝利!
[レスリング全日本選抜2019] 本当に「熾烈」な代表争い
[トゥーロン国際2019] 「堅守」の日本チーム PK戦で惜しくも準優勝
[U-20ワールドカップ2019] ノルウェーチームのハーランド選手 1試合9得点!
[全米オープン2019] 穏やかで肌寒い3日間を終えて
[NBAファイナル2019] トロント・ラプターズが初優勝!
[MLB2019] コンディションが上がってきた 大谷翔平選手
[トゥーロン国際2019] U-22日本代表チーム 決勝進出!
[NPB2019] やっぱり「もってる」吉田輝星投手 NPB初先発・初勝利
[MLB2019] 日本人対決 大谷翔平選手が前田健太投手からホームラン!
[コパ・アメリカ2019] メッシ率いるアルゼンチン代表チームの活躍が期待されます。
[UEFAネーションズリーグ2018~19] 第1回大会はポルトガルが優勝
[全米オープン2019] 第119回大会の舞台はペブルビーチ・ゴルフリンクス
[競馬コラム240] ダービーステークス2019
[UEFAネーションズリーグ2018~19] 第1回大会の決勝は ポルトガルVSオランダ
[競馬コラム239] ケンタッキーダービー2019
[全仏オープン2019] 「3強」の凄まじい強さ
[陸上競技2019・男子100m] 追い風参考なら、いつでも9秒台?
[競馬コラム238・日本ダービー2019] ロジャーバローズ号 見事な粘り脚で優勝
[東京オリンピック2020・マラソン] MGC出場選手 発表
[NPB2019] ヤクルトスワローズの大連敗を止めたのは、ロペス選手のエラー?
[UEFA-CL2018~19・決勝] GKウーゴ・ロリス選手はモハメド・サラ選手のPKを止められなかったのか?
[U-20ワールドカップ2019] 日本チーム 決勝トーナメント進出
[大相撲2019・5月場所] 友風 初土俵以来「13場所連続」の勝ち越し
[競馬] 安田記念2019の注目馬
[大相撲2019・5月場所・千秋楽] 炎鵬と松鳳山の「大相撲」
[NBAファイナル2019] ゴールデンステイト・ウォリアーズVSトロント・ラプターズ
[NPB2019] ヤクルトスワローズ ついに12連敗
[セイコーゴールデングランプリ陸上2019大阪・男子200m] マイケル・ノーマン選手 19秒84の好記録
[MLB2019] ダルビッシュ有投手の復活に向けて
[大相撲2019・5月場所] 平幕・朝乃山が優勝!
[リーガエスパニョーラ2018~19] FCバルセロナ 悠々と優勝
[ブンデスリーガ2018~19] バイエルン・ミュンヘン 空前の7連覇
[競馬] 日本ダービー2019の注目馬
[大相撲2019・5月場所・11日目] 関脇以上の力士が全敗
[セイコーゴールデングランプリ陸上2019大阪・男子110mH] 泉谷駿介選手の素晴らしい走り
[NPB2019] 広島カープ ついに首位へ
[セイコーゴールデングランプリ陸上2019大阪] 迫力満点だった男子100m
[MLB2019] 菊池雄星投手 3勝目!
[世界リレー2019横浜] IAAF セバスチャン・コー会長
[世界リレー2019横浜] 「戦国時代」の様相
[NPB2019] ホセ・ロペス選手 一塁手として「1,517守備機会」連続無失策記録を樹立
Entry TAG
アジア大会2018陸上競技・男子400mリレー圧勝  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930