FC2ブログ
HOME   »   陸上競技  »  [アジア大会2018・陸上競技] 4×100mリレー男子 日本チーム20年振りの優勝!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[8月30日・決勝]
1位 日本チーム 38秒16
2位 インドネシアチーム 38秒77
3位 中国チーム 38秒89

 日本チームが快勝しました。

 予選から好調な走りを魅せ、決勝レースでも「力通り」の走りで勝ち切ったのです。

 リオデジャネイロ・オリンピック2016で銀メダル、世界選手権大会2017で銅メダルと、近時の国際大会で「メダルの常連」となっていた日本男子の4×100mリレーですが、アジア大会では21世紀に入ってから1度も勝てませんでした。

 もともとリレー種目では、「個」の力を上回る結果を出してきた日本短距離陣ですから、アジア大会での不振は、やや不思議な感じがしていたものです。

 少し不安の有った今大会でしたが、走ってみれば圧勝という結果でした。

 とはいえ、決勝レースの日本チームのパフォーマンスは十分なものでは無かったと思います。
 特にバトンパスは上手く行きませんでした。

 1走の山縣選手から2走の多田選手へのパスは、予選の時より「詰まり」ましたし、予選と同様に多田選手が外側に膨らんでしまいました。
 2走には「慣れていない」多田選手という点はあるのでしょうが、より厳しい戦いにおいては、この状態では戦えないでしょう。
 予選レースでは、多田選手は外側のコースに食み出していました。
 決勝レースでは、ギリギリ食み出しは避けられましたが、どちらのレースでも、外側コースのランナーと接触するようなことがあれば「失格」の可能性が有った訳ですし、そもそもこのレベルのスプリンターが「真っ直ぐ走れない」というのは、残念なことでしょう。
 曲がって走るのは真っ直ぐ走るより「長い距離を走る」ことになります。(当たり前のことを書き恐縮です)おそらく「数㎝長く走った」形なのでしょうが、男子200m競走で小池選手が「2cm差で金メダルを獲得」したことを考え合わせれば、短距離種目においては、数㎝も大事にしなければならないのは自明でしょう。

 2走の多田選手から3走の桐生選手へのバトンパスも「詰まり」ました。

 3走の桐生選手からアンカーのケンブリッジ飛鳥選手へのバトンパスも「詰まり」ました。
 ここのバトンパスは、これまでのレースでも、あまり上手く行ったことが無いと感じます。いつも「詰まっている」印象なのです。

 3度のバトンパスがいずれも「ドンピシャ」には程遠い状況でしたから、0.15秒×3度=0.45秒位は損をしていたのではないかと思います。
 とても、もったいないレースでしょう。

 38秒16-0.45秒=37秒71、今大会の日本チームの地力は、これ位であろうと考えます。

 予選の内容を観ていて、決勝では2位に10m前後の差を付けることが出来るのではないかと想定していましたが、実際のレースにおけるゴール前での差が小さかったのは、バトンパスの出来が影響していたのではないかと思います。

 一方で、バトンパスが不十分でも快勝できたというのは、日本チーム各ランナーの走力を示しています。
 見事な走りが続きました。

 山縣選手の加速、多田選手の後半50mの伸び、桐生選手のコーナリングスピード、そしてケンブリッジ選手のトップスピードに乗った後の走りは、いずれも世界で十分に戦って行けるハイレベルなものでした。

 20年振りのアジア大会優勝は、世界大会制覇に向けての反省点も示してくれたのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[大相撲2018・9月場所] 活躍が期待される10名の力士
NEW Topics
[全米カレッジフットボール-1] 「20世紀の4大ボウルゲーム」その1・ローズボウル
「巨人・大鵬・卵焼き」の時代
[NFL2018~19] 2004年ドラフト上位の4プレーヤー
[競馬] フェブラリーステークス2019の注目馬
[NPB2019春季キャンプ] 松坂大輔投手の怪我に見る「身近なスター」戦略のこれから
[Jリーグ2019] 開幕を控えて 2018年シーズンのおさらい
[アルペン世界選手権2019女子滑降] スロベニアのシュトレツ選手が2連覇
[アルペン世界選手権2019男子滑降] ノルウェー勢の1・2フィニッシュ!
[フィギュア四大陸選手権2019男子シングル] 宇野昌磨選手 「気迫十分」な演技で逆転優勝!
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] 「QBニック・フォールズ劇場」ついに終演
[フィギュア四大陸選手権2019女子シングル] 紀平梨花選手のスケート靴のブレードの色
MLBスプリングトレーニングのはじまりは1886年
[NFLスーパーボウル2019] 14本ものパントが飛び交ったロースコアゲーム
[MLB2019] スプリングトレーニング 開始間近
[競馬コラム226] ジャパンカップ2018 「2分20秒6」の衝撃
[NFLスーパーボウル2019] 史上最少総得点のゲーム
[NFLスーパーボウル2019] ペイトリオッツ王朝「6度目」の制覇
[MLB2018~19・オフシーズン] マリアノ・リベラ氏 「満票」で殿堂入り
[大相撲2019] 「大関」雑感
[アジアカップ2019・決勝] カタール代表チームの精度の高いシュート
[大相撲2019・1月場所] 横綱・大関陣の不甲斐無さ
[NFL2018~19] 第53回スーパーボウルの展望
[日本プロ野球2019・球春] 野球協約「第17章 第173条」
[NFL2018~19・AFCチャンピオンシップ] 第4クオーターの凄まじい攻防
[アジアカップ2019・準決勝] 森保ジャパン イランチームに快勝!
[NFL2018~19・NFCチャンピオンシップ] 難しい2本のフィールドゴール
[大相撲2019・1月場所] 関脇・玉鷲 初優勝!
[セリエA2018~19・第20節] ユベントス 無敗の進撃
[ブンデスリーガ2018~19・第18節] ドルトムントとバイエルンの争い?
[全豪オープン2019・女子シングルス] 大坂なおみ選手 優勝! 四大大会を連勝
[プレミアリーグ2018~19・第23節] リバプールとシティの争いか?
[アジアカップ2019] 森保ジャパン 準決勝進出
[リーガエスパニョーラ2018~19・第20節] 「3強」の争い
[大相撲2019・1月場所] 豪風関 引退を決意
[アジアカップ2019] 森保ジャパン 再び「1点差」でサウジアラビア戦 勝利
[NFL2018~19] 第53回スーパーボウルは「ラムズVSペイトリオッツ」
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] ラムズ 第2クオーターの攻勢
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] ペイトリオッツ さすがの試合運び
[アジアカップ2019] 森保ジャパン グループリーグを3連勝で突破
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] QBパトリック・マホームズ選手 落ち着き払ったプレー
[日本プロ野球2019] 読売ジャイアンツの「育成」外国人プレーヤー
[日本プロ野球2019] 金子千尋(弌大)投手と吉田輝星投手
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] 上位シードの4チームが勝ち上がり
[全国大学ラグビー選手権大会2019・決勝] 名門・明治大学チーム 21世紀初の優勝
[NFL2018~19ワイルドカード] ベアーズ「掌中の勝利」を逸す。
[NFL2018~19・ワイルドカード] カウボーイズ 接戦を制す。
[NFL2018~19・ワイルドカード] チャージャーズ FG5発でレイブンズを撃破
[NFL2018~19ワイルドカード] コルツの強力なオフェンスライン
[ATPツアー2019] 錦織圭選手 3年振りの優勝でツアー通算12勝目
[スキージャンプ週間2018~19] 小林陵侑選手 4戦4勝で総合優勝!
Entry TAG
アジア大会2018陸上競技・男子400mリレー圧勝  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728