FC2ブログ
HOME   »   その他のスポーツ  »  [アジア大会2018・ホッケー] 「サムライジャパン」と「さくらジャパン」の初優勝!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[8月31日・女子決勝]
日本(さくらジャパン)2-1インド

[9月1日・男子決勝]
日本(サムライジャパン)6-6(SO3-1)マレーシア

 アジア大会のホッケー競技は、男女ともに日本代表チームが優勝しました。

 「さくらジャパン」と「サムライジャパン」が揃ってアジア大会初優勝という「快挙」を成し遂げたのです。

 さくらジャパン(世界ランキング14位)は、インド(同9位)との決勝戦で、接戦を制しました。
 前半を1-1の同点で折り返しての第3Q、PCからの河村選手のリバースシュートが見事に決まりました。そして、その後はインドチームのカウンターを防ぐ形で試合を運び、2-1のまま押し切ったのです。
 慎重に時間を消費しながらの試合運びには、サクラジャパンの地力向上が如実に感じられました。

 サムライジャパンは「大逆転勝ち」でした。
 マレーシアチームは第1クオーターQから攻勢に出て、日本ゴールを再三脅かし、3-1とリードしました。スピード十分なドリブル攻撃は、迫力十分でした。
 第2Qにマレーシアに追加点を許し1-4と3点差の劣勢に追い込まれた日本でしたが、田中健選手が豪快なヒットシュートを決めて2-4と追いすがります。この後の展開を観ると、この1点がとても大きかったと感じます。
 2-4のまま最終の第4Q。
 
 サムライジャパンの反撃が期待されましたが、試合時間残り10分にマレーシアチームが追加点を挙げます。日本チームがイエローカードでひとり少ない中での追加点でした。

 試合時間残り9分で2-5の劣勢に追い込まれた日本チームでしたが、ここからの反撃が見事でした。
 福田選手、田中健選手が立て続けに得点を挙げて4-5と1点差に迫りました。

 試合時間残り2分、山崎選手のシュートが決まって、ついに5-5の同点となりました。

 しかしその1分後、マレーシアチームに勝ち越し点を許してしまいました。
 さすがに「勝負あったか」に観えましたが、残り1分を切ってもサムライジャパンの攻撃は衰えを見せず、試合時間残り13秒、田中健選手がPCを取り、このPCのリバウンドを落合選手が押し込んで、再び6-6の同点としたのです。

 この第4Qのサムライジャパンの「粘り強さ」は見事の一語。「絶対に諦めない戦い振り」は素晴らしいものでした。

 そして試合はシュートアウト戦に縺れ込みました。
 サッカー競技のペナルティーキックPKに比べて、得点が入り難いのがホッケー競技のシュートアウトSOですが、日本チームは1人目、2人目、5人目の3人が決め、日本チームのゴールキーパーGK吉川選手が好セーブを連発、マレーシアチームの2・3・4人目を止めて、日本チームの優勝が決まりました。
 アジア大会ホッケー競技の歴史に残る「大接戦」でした。

 東京オリンピック2020に向けて、各競技で強化が続いているのですが、男女のホッケー競技の強化が着実に進んでいることを明示した、さくらジャパンとサムライジャパンの金メダルでしょう。

 20世紀のホッケー競技(特に男子)は、インドチームとパキスタンチームの覇権争いが続きました。ホッケーはインドとパキスタンの「お家芸」という印象だったのです。
 
 そうした歴史的な経緯を観ても、日本チームがアジア大会で優勝するというのは「至難」の技だったのです。

 しかし、日本ホッケー界は、着々と強化を図り、ついに「大輪」の花を咲かせました。

 サムライジャパンとさくらジャパンの、本当に見事な優勝でした。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[MLB2018] 大谷翔平選手 ルーキーイヤーの松井秀喜選手に並ぶ16号ホームラン
NEW Topics
[NPB2018シーズンオフ] 剛腕?原辰徳監督 読売ジャイアンツ大補強!
[競馬] 朝日杯フューチュリティステークス2018の注目馬
[NFL2018~19・第14節] ドルフィンズ「100年に一度」の大逆転でペイトリオッツを破る!
[GPファイナル2018女子] 紀平選手の演技に対するロシア関係者の「冷静・公平」なコメント
[競馬コラム223] クラシックレースに勝つためには朝日杯フューチュリティステークスに勝ってはいけないのか?
[フィギュアスケート男子GPファイナル2018] 宇野昌磨選手は2位
[フィギュアスケート女子GPファイナル2018] 紀平梨花選手 堂々たる優勝
[MLB2018レギュラーシーズン] チームのOPSとERA
[柔道2018] 「重大な誤審」をした審判を降格処分
長谷部誠選手 AFC最優秀国際選手賞2018を受賞
[競馬] 阪神ジュベナイルフィリーズ2018の注目馬
[Jリーグ2018] 横浜FC 1部リーグ昇格ならず・・・。
[福岡国際マラソン2018] 服部勇馬選手 「優勝」
[UEFAネーションズリーグ2018~19] グループリーグを終えて
[競馬コラム222] 阪神ジュベナイルフィリーズとクラシックレース
[フィギュアスケート・GPファイナル2018] 男子の戦い
[フィギュアスケート・GPファイナル2018] 女子の戦い
[UEFA-CL2018~19] グループリーグ第5節を終えて
[大相撲2018・11月場所] 千秋楽の協会挨拶 三役力士が5名
[競馬] チャンピオンズカップ2018の注目馬
[大相撲2018・14日目] 高安VS貴景勝 「勝ちに不思議な勝ち有り。負けに不思議な負け無し。」
[競馬コラム221] 生粋のステイヤー デルタブルース号
[大相撲2018・11月場所] 小結・貴景勝の優勝と初日の取組
[スピードスケートW杯苫小牧大会・男子500m] 新濱立也選手 連勝!
[Jリーグ2018オフシーズン] 外国籍選手枠拡大とホームグロウン制度導入
[MLB2018レギュラーシーズン] マイク・トラウト選手のOPS
[競馬] ジャパンカップ2018の注目馬
[MLB2018レギュラーシーズン] 両リーグのセーブ王
[UEFA-CL2018~19・GL] 大混戦となっているC組
[競馬コラム220] ジャパンカップにおける牝馬の活躍
[MLB2018オフシーズンFA] ブライス・ハーパー選手とマニー・マチャド選手
[東京オリンピック2020] 平野歩夢選手 スケートボード競技に挑戦
[日米野球2018] 侍ジャパン 5勝1敗と勝ち越し
[明治神宮野球大会2018・高校の部] 札幌大谷高校 初出場・初優勝!
[競馬] マイルチャンピオンシップ2018の注目馬
[NPB2018シーズンオフ] FA選手が「年俸の壁」を突き破るのか?
[競馬コラム219] 「恐怖の一発屋?」 トーセンラー号
[MLB2018] 大谷翔平選手 新人王!
[ACL2018] 鹿島アントラーズ 悲願の初優勝!
[Jリーグ2018] 川崎フロンターレ 連覇!
[MLB2018レギュラーシーズン] ブレイク・スネル投手の覚醒
[フィギュアスケートNHK杯2018] 紀平梨花選手のGPシリーズデビューは何故こんなに遅くなったのか?
[PGAツアー2018~19] キャメロン・チャンプ選手 登場
[NFL2018~19] ヒューストン・テキサンズ 6連勝!
[競馬] エリザベス女王杯2018の注目馬
[大相撲2018・11月場所] 活躍が期待される10名の力士
[競馬コラム218] 1984年の福島記念に優勝した スズパレード号
[NPB日本シリーズ2018] 甲斐拓也選手 堂々のMVP
[競馬コラム217] エリザベス女王杯を連覇 スノーフェアリー号
[剣道全日本選手権2018] 「コテ」の西村英久選手 連覇!
Entry TAG
アジア大会2018ホッケー・男女そろって初優勝  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031