FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [アジア大会2018サッカー女子] なでしこジャパン 「伝統の」勝負強さを発揮して優勝!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[8月31日・決勝]
日本1-0中国

 後半45分、つまり試合終了寸前に、なでしこジャパンが魅せた攻撃は、見事というか、素晴らしいプレーで、「信じられない」ほどのハイレベルなものでした。

 岩渕選手から、右サイドの中島選手に長いパスが通り、中島選手が右サイドを突進、中央に走り込んできた菅澤選手にセンタリング、これを菅澤選手が頭で押し込みました。

 中島選手のセンタリングも相当長いものでしたが、これがドンピシャ。
 菅澤選手としても、遠くに居る中島選手からのパスを綺麗に合わせて、相手ゴールキーパーがセーブし難いと言われる、ゴール前でワンバウンドするシュートにして叩き込んだのです。

 筋力面で男子より劣ると言われる女子サッカーにおいて、これだけ長いパスを繋いで、難しいシュートを決めたのです。アジア大会の女子サッカー史上に刻まれるゴールであったと感じます。

 このゲームは、開始直後から中国チームのプレスが高い位置から続き、日本チームは相手側のピッチに入ることさえ難しいという展開となりました。
 結果として、なでしこジャパンは「自陣で横パスを繋ぐ」プレーが多くなりました。
 その結果として、ポゼッションでは6割:4割と中国チームを圧倒したのです。
 当然ながら、あまり意味の無いポゼッションの優位でした。

 中国チームは日本陣内から日本チームのボールを奪い、ショートカウンターでペナルティエリア周辺に殺到、何度も好機を創出して、シュートも数多く放ちました。
 
 「シュートを打ってゴールを挙げるのがサッカー」ですから、その意味では、中国チームが日本チームを圧倒し続けたゲームでしょう。
 スピードと局面局面での運動量で勝ったのです。

 日本チームは、中国陣内にほとんど入ることが出来ず、高い位置でボールを奪われ、中国チームの攻撃に会って、これを何とか凌ぎ、ゴールキーパーGKから配給されるボールを持ってハーフラインに到達しようとして自陣でパスを繋ぐものの、ハーフライン手前で中国チームにボールを奪われ、攻撃を受ける、という展開が続き、日本チームのポゼッションばかりが高くなるゲームとなってしまったのです。

 一方で、なでしこ守備陣はとても良く守りました。
 最後の最後で、中国チーム攻撃陣に仕事をさせなかったのです。
 シュートのコースも、良く消し続けました。
 「堅守」という面では、世代交代中のなでしこジャパンにとって収穫の多いゲームだったのでしょう。

 こうした「苦しい展開」の中で、ほとんど唯一のチャンスを得点に結び付け、勝利を捥ぎ取るというのは、「なでしこの伝統的な戦い方」であろうと思います。

 澤選手や宮間選手が居た頃のなでしこも、例えばアメリカチームを相手に、こうした「苦しい展開」のゲームを戦い、そして時には、勝利を収めてきたのです。

 後半45分に、中島選手が右サイドを駆け上がった時、「これはゴールに結びつくかもしれない」という予感めいたものがよぎったのは、これまで沢山のなでしこのゲームを観てきたからかもしれません。

 そして大きなセンタリングを菅澤選手が頭で合わせた時、「なでしこ伝統のゴール」が生まれたのです。

 本当に不思議なことですが、「なでしこ」にはそういう力が有ります。
 その力は、脈々と受け継がれているのです。

 準々決勝で北朝鮮チームを2-1、準決勝で韓国チームを2-1、決勝で中国を1-0と、決勝トーナメント3試合を全て1点差で勝ち抜き、金メダルを獲得しました。
 
 表彰式、なでしこジャパンメンバーの笑顔がピッチに輝きました。

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[アジア大会2018・水球] ポセイドン・ジャパン 惜しくも銀メダル
NEW Topics
[NPB2018シーズンオフ] 剛腕?原辰徳監督 読売ジャイアンツ大補強!
[競馬] 朝日杯フューチュリティステークス2018の注目馬
[NFL2018~19・第14節] ドルフィンズ「100年に一度」の大逆転でペイトリオッツを破る!
[GPファイナル2018女子] 紀平選手の演技に対するロシア関係者の「冷静・公平」なコメント
[競馬コラム223] クラシックレースに勝つためには朝日杯フューチュリティステークスに勝ってはいけないのか?
[フィギュアスケート男子GPファイナル2018] 宇野昌磨選手は2位
[フィギュアスケート女子GPファイナル2018] 紀平梨花選手 堂々たる優勝
[MLB2018レギュラーシーズン] チームのOPSとERA
[柔道2018] 「重大な誤審」をした審判を降格処分
長谷部誠選手 AFC最優秀国際選手賞2018を受賞
[競馬] 阪神ジュベナイルフィリーズ2018の注目馬
[Jリーグ2018] 横浜FC 1部リーグ昇格ならず・・・。
[福岡国際マラソン2018] 服部勇馬選手 「優勝」
[UEFAネーションズリーグ2018~19] グループリーグを終えて
[競馬コラム222] 阪神ジュベナイルフィリーズとクラシックレース
[フィギュアスケート・GPファイナル2018] 男子の戦い
[フィギュアスケート・GPファイナル2018] 女子の戦い
[UEFA-CL2018~19] グループリーグ第5節を終えて
[大相撲2018・11月場所] 千秋楽の協会挨拶 三役力士が5名
[競馬] チャンピオンズカップ2018の注目馬
[大相撲2018・14日目] 高安VS貴景勝 「勝ちに不思議な勝ち有り。負けに不思議な負け無し。」
[競馬コラム221] 生粋のステイヤー デルタブルース号
[大相撲2018・11月場所] 小結・貴景勝の優勝と初日の取組
[スピードスケートW杯苫小牧大会・男子500m] 新濱立也選手 連勝!
[Jリーグ2018オフシーズン] 外国籍選手枠拡大とホームグロウン制度導入
[MLB2018レギュラーシーズン] マイク・トラウト選手のOPS
[競馬] ジャパンカップ2018の注目馬
[MLB2018レギュラーシーズン] 両リーグのセーブ王
[UEFA-CL2018~19・GL] 大混戦となっているC組
[競馬コラム220] ジャパンカップにおける牝馬の活躍
[MLB2018オフシーズンFA] ブライス・ハーパー選手とマニー・マチャド選手
[東京オリンピック2020] 平野歩夢選手 スケートボード競技に挑戦
[日米野球2018] 侍ジャパン 5勝1敗と勝ち越し
[明治神宮野球大会2018・高校の部] 札幌大谷高校 初出場・初優勝!
[競馬] マイルチャンピオンシップ2018の注目馬
[NPB2018シーズンオフ] FA選手が「年俸の壁」を突き破るのか?
[競馬コラム219] 「恐怖の一発屋?」 トーセンラー号
[MLB2018] 大谷翔平選手 新人王!
[ACL2018] 鹿島アントラーズ 悲願の初優勝!
[Jリーグ2018] 川崎フロンターレ 連覇!
[MLB2018レギュラーシーズン] ブレイク・スネル投手の覚醒
[フィギュアスケートNHK杯2018] 紀平梨花選手のGPシリーズデビューは何故こんなに遅くなったのか?
[PGAツアー2018~19] キャメロン・チャンプ選手 登場
[NFL2018~19] ヒューストン・テキサンズ 6連勝!
[競馬] エリザベス女王杯2018の注目馬
[大相撲2018・11月場所] 活躍が期待される10名の力士
[競馬コラム218] 1984年の福島記念に優勝した スズパレード号
[NPB日本シリーズ2018] 甲斐拓也選手 堂々のMVP
[競馬コラム217] エリザベス女王杯を連覇 スノーフェアリー号
[剣道全日本選手権2018] 「コテ」の西村英久選手 連覇!
Entry TAG
アジア大会2018サッカー女子・なでしこ堅守で優勝  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031