FC2ブログ
HOME   »   日本プロ野球  »  [NPB2018] セ・リーグ 大幅負け越し下の大混戦
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 セントラルリーグのペナントレースは、9月15日のゲームを終えて、3位以下の4チームが「1.5ゲーム差」に犇めく、大混戦となりました。

 順位は以下の通り。

1位 広島 74勝51敗 マジック6
2位 ヤクルト 64勝61敗 10.0ゲーム差
3位 巨人 60勝67敗 15.0差
4位 中日 60勝70敗 16.5差
5位 DeNA 57勝67敗 16.5差
6位 阪神 55勝65敗 16.5差

 残り試合数は、中日11、巨人12、DeNA17、阪神22となっています。

 少し驚かされるのは、巨人が借金7、他の3チームが借金10という、大幅な負け越し下の競り合いとなっているところでしょう。
 例年同様に、交流戦でパシフィックリーグに負け越し、別のリーグに対しても借金を背負っているセ・リーグ各球団ですから、広島の独走を許せば、こうした状況に追い込まれることは、容易に予想できることでしょうが、それにしても大きな借金であり、それにしても「よく揃って」います。

 残り11~22ゲームの戦いでは、「チーム状態」を上げることが出来たチームが勝ち抜くのでしょう。現在2位のヤクルトスワローズも、少し前までは、この大接戦の一員だったのですが、近時は調子を上げてきているのです。

 「チーム状態を上げる」ことを前提とすれば、最も残り試合数が多い阪神タイガースが3位となる可能性が最も高いと言えるかもしれませんし、続いてはDeNAが上がってくる可能性があるのでしょう。

 9月の中旬になっても、最下位のチームにクライマックスシリーズ進出の可能性が大いにあるというのは、珍しいシーズンなのではないでしょうか。
 首位に立つ広島カープの調子がいまひとつであることも、この大混戦に拍車をかけているのです。

 各チームの現状を見ると、3位に来るのはDeNAベイスターズかなと思います。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[MLB2018] 田中将大投手 5年連続二桁勝利
NEW Topics
[キリンチャレンジカップ2018] 日本代表 「素早い攻撃」でウルグアイ代表に勝利
[競馬コラム214] 過去10年間の菊花賞勝馬「ふたつのタイプ」
[NPB2018クライマックスシリーズ] 菅野智之投手 ノーヒットノーラン!
[NPB2018] ボール犬「わさび」の引退
日本フェンシング界2018の大改革
[MLB2018] 「200安打打者」は出ず
[NPB2018] 巨人・高橋監督、阪神・金本監督が辞任
[MLB2018・ポストシーズン] 地区シリーズを終えて
キヤノン・ブレディスローカップ2018のチケット価格
[MLB2018] 2017年のマーリンズの主力選手達
[競馬コラム213] 「花の47年組」
[凱旋門賞2018] レース展望
[WTAファイナルズ2018] 大坂なおみ選手 出場決定
[MLB2018] ヤンキース ワイルドカードゲームに勝利
[NFL2018~19] QBパトリック・マホームズ選手 開幕3試合で13TDパス
[MLB2018] 吉川峻平投手 ダイヤモンドバックス入団会見
[競馬コラム212] ダイナアクトレス号の毎日王冠1987
[大相撲2018・9月場所] 幕下筆頭・豊ノ島 6勝1敗で関取復帰へ
[NPB2018] 丸佳浩選手 出塁率.481
[柔道・世界選手権2018] 男女で明暗が分かれた日本チーム
[大相撲2018・9月場所] 関脇・御嶽海 大関取りならず
[MLB2018] 大谷翔平投手 10月第1週にトミー・ジョン手術へ
[PGAツアー2017~18] 松山英樹選手 ツアーチャンピオンシップ最終日の見事な追い上げ
[大相撲2018・9月場所] 大関・栃ノ心 カド番脱出
[競馬コラム211] スプリンターズステークス1991を圧勝した ダイイチルビー号
[大相撲2018・9月場所] 横綱・稀勢の里の15日間
[PGAツアー2017~18] タイガー・ウッズ選手 完全復活の80勝目
[大相撲2018・9月場所] 横綱・白鵬 41度目の優勝
[UEFA-CL2018~19] 開幕
[MLB2018] 9月19日時点の順位
[ベルリンマラソン2018男子] エリウド・キプチョゲ選手 世界新記録で優勝
[競馬コラム210] 1972年のオールカマーに優勝した イナボレス号
[NPB2018] 西武ライオンズ 天王山3連勝
[PGAツアー2017~18] タイガー・ウッズ選手 ツアーチャンピオンシップ大会に進出
[MLB2018] 岩隈久志投手が今季限りでシアトル・マリナーズを退団
[NFL2018~19] 開幕
[MLB2018] 田中将大投手 5年連続二桁勝利
[NPB2018] セ・リーグ 大幅負け越し下の大混戦
ルカ・モドリッチ選手が2017~18年UEFA欧州最優秀選手賞を受賞
[MLB2018] 8勝8敗のサイ・ヤング賞候補 ジェイコブ・デグロム投手
[PGAツアー2017~18] 松山英樹選手 ツアーチャンピオンシップ大会に進出
[ブンデスリーガ2018~19] 第2節を終えての順位
第1回UEFAネーションズリーグ2018~19 開幕
[アジア大会2018自転車・オムニアム] 橋本英也選手と梶原悠未選手が揃って優勝
[全米オープン2018女子シングルス] 大坂なおみ選手 歴史的な優勝!
[アジア大会2018・水球] ポセイドン・ジャパン 惜しくも銀メダル
[アジア大会2018サッカー女子] なでしこジャパン 「伝統の」勝負強さを発揮して優勝!
[全米オープン2018・女子シングルス] 大坂なおみ選手 ついに決勝進出
[大相撲2018・9月場所] 金足農業高校出身の琴風関
[全米オープン2018] 錦織圭選手と大坂なおみ選手が揃ってベスト4進出
Entry TAG
NPB2018・セリーグ大幅負け越し下の大混戦  
Comment
263
はじめまして。
プロ野球好きです。
セリーグは3~6位まで混戦ですが、
勝率5割を大きく切った3位チームが、クライマックスシリーズを勝ち、
日本シリーズに進んで勝ったらどうなのか?
現状では、順位により、クライマックスシリーズを一律行うことにしていますが、
勝率5割を切ったら、クライマックスシリーズは行わないなどのルールも必要かと!
それと、優勝チームにはアドバンテージ1勝はありますが、ゲーム差が大きい時は、アドバンテージ2勝でもよいのでは?
個人的な意見ですが・・・

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031