FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬コラム210] 1972年のオールカマーに優勝した イナボレス号
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 イナボレス、本当に懐かしい名前です。

 オールカマーが、まだ東京・府中の2000mで実施されていた頃、3歳だったイナボレスが優勝したのです。

 イナボレスは、母方の祖先にアングロアラブの馬(馬名「高砂」)が居るために、サラブレッドでは無く「サラブレッド系種」でした。
 現在では、眼にすることが少なくなりましたが、当時は「サラ系」の馬が数多く走っていました。

 ちなみに「高砂」は、フランス皇帝ナポレオン3世が、時の江戸幕府第13代将軍徳川家茂に贈呈したとされています。
 現在のNHK大河ドラマ「西郷どん」にも、徳川幕府とフランスの強い関係が描かれていますが、ナポレオン3世からのプレゼントが競走馬であったというのも、欧州文化を示しているようで、興味深いことです。

 さて、イナボレスは所謂「花の47年組」(昭和47年にクラシックレースの歳=3歳を迎えた世代が、前後の他世代を圧して強かったため、このように呼ばれました)の一員ですけれども、ランドプリンス、ロングエース、タイテエムの関西3強や、菊花賞と有馬記念を制したイシノヒカルといった、クラシック戦線の主役たちとは異なり、裏街道というか、地味なキャリアを積み上げました。
 そして7歳まで、大きな故障も無く走りました。

 その結果、偉大な記録を残したのです。
 それは「中央競馬最多重賞出走数」という記録です。イナボレスは、そのキャリアにおいて、中央競馬で「52度の重賞レース」に出走したのです。
 素晴らしいというか、信じられないような記録でしょう。

 そもそも「52走」する競走馬が滅多に居ない中で、イナボレスは重賞だけで52度走っているのです。
 そして、重賞を4勝しています。

 3歳時のオールカマー、5歳時の金杯(東)、目黒記念(秋)、6歳時の愛知杯、の4鞍です。

 6歳時の宝塚記念(4着)と天皇賞(秋)(12着)、7歳時の天皇賞(春)(7着)と安田記念(8着)と高松宮杯(13着)と天皇賞(秋)(12着)といった、現在のG1クラスのレースにも登場しました。
 重賞3勝馬、4勝馬ともなれば、当然のことでしょう。

 「ほとんど毎月の様に重賞で走っていた」という記憶が有りますが、7歳時などは19走していますので「2ヵ月に3走」といったハイペースで、走り続けていたことになります。
 それでいて故障が無かったのですから「無事これ名馬」の代表格でしょう。

 加えて、馬主・稲富氏の名前から「イナ」を貰ったのでしょうが、後半の「ボレス」(母の馬名から取ったものと思います)とのバランスが絶妙です。「イナボレス」という、一度聞いたら忘れられないユニークな馬名も相まって、一部に熱狂的なファンが居ました。
 「愛される競走馬」だったのでしょう。

 イナボレス号、父ヘリオス、母ボーレスクイン、母の父カバーラップⅡ世。通算成績76戦8勝、主な勝ち鞍、オールカマー、金杯(東)、目黒記念(秋)、愛知杯。

 イナボレスは「走る労働者」とも呼ばれました。
 コツコツと、ひたすら走り続ける様子に対して付けられた別称なのでしょうが、現在なら使用できそうもない呼称だとも思います。

 一方で、栗毛・470kg前後の、とても綺麗な馬体が印象的でした。
 その馬体が見込まれたのでしょう、1980年代まで「東京競馬場の誘導馬」を務めています。

 イナボレスは、「花の47年組」NO.1の美丈夫だったのです。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[ベルリンマラソン2018男子] エリウド・キプチョゲ選手 世界新記録で優勝
NEW Topics
[全米カレッジフットボール-1] 「20世紀の4大ボウルゲーム」その1・ローズボウル
「巨人・大鵬・卵焼き」の時代
[NFL2018~19] 2004年ドラフト上位の4プレーヤー
[競馬] フェブラリーステークス2019の注目馬
[NPB2019春季キャンプ] 松坂大輔投手の怪我に見る「身近なスター」戦略のこれから
[Jリーグ2019] 開幕を控えて 2018年シーズンのおさらい
[アルペン世界選手権2019女子滑降] スロベニアのシュトレツ選手が2連覇
[アルペン世界選手権2019男子滑降] ノルウェー勢の1・2フィニッシュ!
[フィギュア四大陸選手権2019男子シングル] 宇野昌磨選手 「気迫十分」な演技で逆転優勝!
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] 「QBニック・フォールズ劇場」ついに終演
[フィギュア四大陸選手権2019女子シングル] 紀平梨花選手のスケート靴のブレードの色
MLBスプリングトレーニングのはじまりは1886年
[NFLスーパーボウル2019] 14本ものパントが飛び交ったロースコアゲーム
[MLB2019] スプリングトレーニング 開始間近
[競馬コラム226] ジャパンカップ2018 「2分20秒6」の衝撃
[NFLスーパーボウル2019] 史上最少総得点のゲーム
[NFLスーパーボウル2019] ペイトリオッツ王朝「6度目」の制覇
[MLB2018~19・オフシーズン] マリアノ・リベラ氏 「満票」で殿堂入り
[大相撲2019] 「大関」雑感
[アジアカップ2019・決勝] カタール代表チームの精度の高いシュート
[大相撲2019・1月場所] 横綱・大関陣の不甲斐無さ
[NFL2018~19] 第53回スーパーボウルの展望
[日本プロ野球2019・球春] 野球協約「第17章 第173条」
[NFL2018~19・AFCチャンピオンシップ] 第4クオーターの凄まじい攻防
[アジアカップ2019・準決勝] 森保ジャパン イランチームに快勝!
[NFL2018~19・NFCチャンピオンシップ] 難しい2本のフィールドゴール
[大相撲2019・1月場所] 関脇・玉鷲 初優勝!
[セリエA2018~19・第20節] ユベントス 無敗の進撃
[ブンデスリーガ2018~19・第18節] ドルトムントとバイエルンの争い?
[全豪オープン2019・女子シングルス] 大坂なおみ選手 優勝! 四大大会を連勝
[プレミアリーグ2018~19・第23節] リバプールとシティの争いか?
[アジアカップ2019] 森保ジャパン 準決勝進出
[リーガエスパニョーラ2018~19・第20節] 「3強」の争い
[大相撲2019・1月場所] 豪風関 引退を決意
[アジアカップ2019] 森保ジャパン 再び「1点差」でサウジアラビア戦 勝利
[NFL2018~19] 第53回スーパーボウルは「ラムズVSペイトリオッツ」
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] ラムズ 第2クオーターの攻勢
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] ペイトリオッツ さすがの試合運び
[アジアカップ2019] 森保ジャパン グループリーグを3連勝で突破
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] QBパトリック・マホームズ選手 落ち着き払ったプレー
[日本プロ野球2019] 読売ジャイアンツの「育成」外国人プレーヤー
[日本プロ野球2019] 金子千尋(弌大)投手と吉田輝星投手
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] 上位シードの4チームが勝ち上がり
[全国大学ラグビー選手権大会2019・決勝] 名門・明治大学チーム 21世紀初の優勝
[NFL2018~19ワイルドカード] ベアーズ「掌中の勝利」を逸す。
[NFL2018~19・ワイルドカード] カウボーイズ 接戦を制す。
[NFL2018~19・ワイルドカード] チャージャーズ FG5発でレイブンズを撃破
[NFL2018~19ワイルドカード] コルツの強力なオフェンスライン
[ATPツアー2019] 錦織圭選手 3年振りの優勝でツアー通算12勝目
[スキージャンプ週間2018~19] 小林陵侑選手 4戦4勝で総合優勝!
Entry TAG
競馬コラム210・イナボレスとオールカマー  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728