FC2ブログ
HOME   »   駅伝・マラソン  »  [ベルリンマラソン2018男子] エリウド・キプチョゲ選手 世界新記録で優勝
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 9月16日に行われた第45回ベルリンマラソン男子の部で、ケニアのキプチョゲ選手(33歳)が、2時間1分39秒という驚異的な世界新記録をマークして優勝しました。

 これまでの世界記録、同じケニアのデニス・キメット選手が4年前に記録した2時間2分57秒を、一気に1分18秒も更新したのです。

 キプチョゲ選手は、2016年のリオデジャネイロ・オリンピックの金メダリストであり、今回のレースを含めて「マラソン11戦10勝」という強さを示しています。

 適当な気温の下で、比較的平らなコースを走るマラソンとなれば、今キプチョゲ選手に勝るランナーは居ないのでしょう。

 その5km毎のラップも驚異的。
・0~5km 14分28秒
・5~10km 14分33秒
・10~15km 14分37秒
・15~20km 14分18秒
・20~25km 14分28秒
・25~30km 14分21秒
・30~35km 14分16秒
・35~40km 14分31秒
・40~42.195km 6分07秒

5kmのラップが一度も15分を超えていません。
 最も遅いタイムが14分37秒で、最も早い14分16秒とは21秒の差が有りますから、「14分台の中でもペースのアップダウンが有った」ことになります。

 さらに驚くべきは、レース前キプチョゲ選手はペースメーカーに対して「世界新記録ペースで引っ張る」ように依頼し、ペースメーカーも超速で必死に引っ張ったものの30kmまでは持たず、25.7kmからはキプチョゲ選手の独走になったということ、そのペースメーカーの中にはフルマラソンの持ちタイムが2時間4分台のランナーが居たということでしょう。

 これは驚異的な走りです。

 関係者の皆さんは十分にご承知のように、端的に言って、現在の日本選手では誰も20kmまで付いて行くことさえ出来ないハイペースでしょう。そして、東京オリンピック2020までの2年弱の期間で追い付くことは到底不可能なスピード絶対値とスピード維持力に観えます。

 残念ながら、男子日本マラソンチームとしては、「高温多湿の気候の下での競走」において、こうしたランナーに勝つ術を研究し発見して、実践して行くしか、メダル争いをする方法は無さそうです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[MLB2018] 9月19日時点の順位
NEW Topics
Entry TAG
ベルリンマラソン2018・キプチョゲ選手世界新で優勝  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031