FC2ブログ
HOME   »   ゴルフ  »  [PGAツアー2017~18] タイガー・ウッズ選手 完全復活の80勝目
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今季ツアーの最終戦=フェデックスカップ2017~18プレーオフ第4戦のツアーチャンピオンシップ2018は、9月20日から23日にかけて、アメリカ合衆国ジョージア州のイーストレイク・ゴルフクラブを舞台に開催され、アメリカのタイガー・ウッズ選手が4日間通算269打・11アンダーパーのスコアで優勝しました。

 この勝利で、ウッズ選手はPGAツアー80勝目となりました。
 また、前回の勝利から5年1ヶ月ぶりの勝利を挙げ、「完全復活」を印象付けました。

 今季初から、ウッズ選手は次第に調子を上げ、メジャートーナメントでも一時的にはトップに立つなど復活の兆しを見せていましたが、この勝利、今シーズンの世界の上位30プレーヤーしか出場できない、とても高いフィールドで勝ち切ったのです。

 優勝は、ウッズ選手の復活を象徴する結果ですけれども、そのプレー内容もまさに全盛期を髣髴とさせるものでした。

① 最終日トップでスタートし、そのまま押し切っての勝利

 以前の記事にも書きましたが、ウッズ選手は全盛時において、「最終日トップでスタートして、そのまま優勝するという勝ち方」を得意とするというか、概ねそれ以外の勝ち方をしないプレーヤーでした。

 その「自分の勝ち方」を、今大会で見事に踏襲したのです。
 3日目を終えて12アンダー・2位に3打差でトップに立ち、最終日は1オーバーのラウンドで2位に2打差を付けての逃げ切り勝利は、ウッズ選手の勝ち方そのものです。
 まさに「復活」でしょう。

② タイガーチャージは3日目の前半

 最終日をトップでスタートするために、1~3日目のプレーの中で「一気にスコアを伸ばすプレー」を披露するのが、ウッズ選手のパターンなのですが、今大会では、それが「3日目の前半9ホール」でした。

 このハーフのプレーで、3番ホールから7番ホールまでの5連続バーディを含む6バーディを奪い、9番をボギーとしたもののハーフ30打のラウンドを実現し、一気にトップに立ちました。圧倒的なプレーでした。

 このハーフは、まさに「タイガーチャージ」でした。
 「タイガーチャージ」があってこその「復活」でしょう。

③ 大観衆

 今大会における、タイガー・ウッズ選手の組に付いたファンの数は凄いものであり、その大歓声も凄まじいものでした。

 この大観衆・大歓声が「タイガー・ウッズ選手ならでは」のものであることは、言うまでも無いことです。他のどんなプレーヤーでも、これほどの「大観衆・大歓声」を創り上げることはできません。

 タイガー・ウッズ選手の「復活」を象徴する事象です。

 最終日18番ホール・パー5のティーショットがフェアウェイFWをヒットした時、ウッズ選手は同伴競技者であるロリー・マキロイ選手と笑顔で会話(このラウンド初めてのシーンと報じられました)し、ティーインググラウンドを一緒に歩き降りました。
 勝利を確信したのでしょう。

 そしてFWを歩くウッズ選手とマキロイ選手の後ろに、雲霞の如き大観衆が続いたのです。これはもう湧き出るように現れる人の群れでした。
 グリーンまで50ヤード付近まで、ウッズ選手が歩いて来た時、まだティーインググラウンドから歩き降りてくる観衆が居ましたから、底無しの大観衆といって良いでしょう。

 貧乏性の私などは、コースが踏み潰されてしまうのではないか、といらぬ心配をしてしまう程の光景。
 これがまさに「タイガー・ウッズの絵」なのです。

 このホールの第5打、10cmのパーセービングパット、を決めたタイガー・ウッズ選手は両手を高々と上げて喜びを表現しました。

 タイガー・ウッズ選手の「第2のプライムタイム」到来を告げる「大歓声」が、イーストレイクGCに響き渡りました。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[大相撲2018・9月場所] 横綱・稀勢の里の15日間
NEW Topics
[コパ・アメリカ2019] 日本代表チーム 決勝トーナメント進出ならず
[競馬コラム241・宝塚記念2019] 唯一の牝馬 リスグラシュー号 快勝!
[MLB2019] ダルビッシュ有投手 10先発登板連続 勝ち負け付かず
[MLB2019] サイクル安打とノーヒットノーラン
ラグビーワールドカップ2019と東京オリンピック2020のチケット販売の難しさ
[競馬] 宝塚記念2019の注目馬
[NBAドラフト2019] 八村塁選手 1巡目指名を受ける。
[アジアフェンシング選手権2019・女子フルーレ団体] 日本代表チーム 初優勝!
[MLB2019] 田中将大投手 MLBで4度目の完封勝利!
[レスリング全日本選抜2019] 本当に「熾烈」な代表争い
[トゥーロン国際2019] 「堅守」の日本チーム PK戦で惜しくも準優勝
[U-20ワールドカップ2019] ノルウェーチームのハーランド選手 1試合9得点!
[全米オープン2019] 穏やかで肌寒い3日間を終えて
[NBAファイナル2019] トロント・ラプターズが初優勝!
[MLB2019] コンディションが上がってきた 大谷翔平選手
[トゥーロン国際2019] U-22日本代表チーム 決勝進出!
[NPB2019] やっぱり「もってる」吉田輝星投手 NPB初先発・初勝利
[MLB2019] 日本人対決 大谷翔平選手が前田健太投手からホームラン!
[コパ・アメリカ2019] メッシ率いるアルゼンチン代表チームの活躍が期待されます。
[UEFAネーションズリーグ2018~19] 第1回大会はポルトガルが優勝
[全米オープン2019] 第119回大会の舞台はペブルビーチ・ゴルフリンクス
[競馬コラム240] ダービーステークス2019
[UEFAネーションズリーグ2018~19] 第1回大会の決勝は ポルトガルVSオランダ
[競馬コラム239] ケンタッキーダービー2019
[全仏オープン2019] 「3強」の凄まじい強さ
[陸上競技2019・男子100m] 追い風参考なら、いつでも9秒台?
[競馬コラム238・日本ダービー2019] ロジャーバローズ号 見事な粘り脚で優勝
[東京オリンピック2020・マラソン] MGC出場選手 発表
[NPB2019] ヤクルトスワローズの大連敗を止めたのは、ロペス選手のエラー?
[UEFA-CL2018~19・決勝] GKウーゴ・ロリス選手はモハメド・サラ選手のPKを止められなかったのか?
[U-20ワールドカップ2019] 日本チーム 決勝トーナメント進出
[大相撲2019・5月場所] 友風 初土俵以来「13場所連続」の勝ち越し
[競馬] 安田記念2019の注目馬
[大相撲2019・5月場所・千秋楽] 炎鵬と松鳳山の「大相撲」
[NBAファイナル2019] ゴールデンステイト・ウォリアーズVSトロント・ラプターズ
[NPB2019] ヤクルトスワローズ ついに12連敗
[セイコーゴールデングランプリ陸上2019大阪・男子200m] マイケル・ノーマン選手 19秒84の好記録
[MLB2019] ダルビッシュ有投手の復活に向けて
[大相撲2019・5月場所] 平幕・朝乃山が優勝!
[リーガエスパニョーラ2018~19] FCバルセロナ 悠々と優勝
[ブンデスリーガ2018~19] バイエルン・ミュンヘン 空前の7連覇
[競馬] 日本ダービー2019の注目馬
[大相撲2019・5月場所・11日目] 関脇以上の力士が全敗
[セイコーゴールデングランプリ陸上2019大阪・男子110mH] 泉谷駿介選手の素晴らしい走り
[NPB2019] 広島カープ ついに首位へ
[セイコーゴールデングランプリ陸上2019大阪] 迫力満点だった男子100m
[MLB2019] 菊池雄星投手 3勝目!
[世界リレー2019横浜] IAAF セバスチャン・コー会長
[世界リレー2019横浜] 「戦国時代」の様相
[NPB2019] ホセ・ロペス選手 一塁手として「1,517守備機会」連続無失策記録を樹立
Entry TAG
PGAツアー選手権2018・タイガーウッズ選手復活優勝!  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930