FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬コラム211] スプリンターズステークス1991を圧勝した ダイイチルビー号
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 スプリンターズステークスは「接戦」の多いレースです。

 中央競馬を代表するスペシャリストが集まり、直線の短い中山の馬場ですから、接戦になるのも無理は無いと感じます。

 過去5年間のレースを観ても、2017年と2016年連覇のレッドファルクスがクビ差とアタマ差、2015年のストレイトガールが3/4馬身差、2014年のスノードラゴンが1/2馬身差、2013年のロードカナロアが3/4馬身差となっています。
 2013年のロードカナロアのレースなどは「圧勝」というイメージでしたが、着差は1馬身以内だったのです。

 そのレースで「4馬身差」を付けて勝ったのが、ダイイチルビーでした。

 私の記憶では、スプリンターズステークスを4馬身差で勝ったのは、あの「短距離の鬼」サクラバクシンオーの1994年のレースしか思い当りません。
 G1レースとなった後のこのレースにおいて、ダイイチルビーは最も強い勝ち方をしたサラブレッドの1頭でしょう。

 1987年、トウショウボーイとハギノトップレディの仔として生まれたダイイチルビーは、当然ながら「良血馬」として注目される存在でした。「華麗なる一族」の牝馬ともなれば、「走って当然」と見られても居たのです。
 しかし3歳時は、オークス5着を始めとして、なかなか勝てませんでした。

 そのダイイチルビーが本格化したのは4歳・古馬となった1991年でした。

 4歳時、ダイイチルビーは安田記念とスプリンターズステークスの2つのG1レースに勝っています。2レースとも圧勝でした。圧倒的なスピードで優勝したのです。
 1600mの安田記念で、2着のダイタクヘリオス、3着のバンブーメモリーといった牡馬一線級を相手に、並ぶまもなく抜き去り、1・1/4差を付けたレース振りにも驚かされました。

 この年、G1を2勝以上したのは、牡馬のトウカイテイオー(皐月賞、日本ダービー)とダイイチルビーだけでしたから、ダイイチルビーはこの年の最優秀古牝馬と最優秀短距離馬を受賞しています。
 後で知ったことですが、グレード制導入後、古馬の混合G1を2勝した初めての牝馬だったそうです。

 ダイイチルビーの強さは「歴史を超えていた」のです。

 ダイイチルビー号、父トウショウボーイ、母ハギノトップレディ、母の父サンシー。通算成績18戦6勝。主な勝ち鞍、安田記念、スプリンターズステークス、サンスポ4歳牝馬特別G2、京王杯スプリングカップG2。

 1991年にG1を2勝して気を吐いたダイイチルビーですが、惜しいレースが2つありました。マイルチャンピオンシップG1(ダイタクヘリオスの2着)と高松宮杯G2(ダイタクヘリオスの2着)です。

 特に、高松宮杯は母ハギノトップレディ、祖母イットーに続く「3代制覇」が期待され、大本命(単勝1.4倍)で臨んだレースでした。
 しかし、残念ながらハナ差及ばずの2着だったのです。

 ダイイチルビーにとって、最も悔やまれるレースであったことでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[大相撲2018・9月場所] 大関・栃ノ心 カド番脱出
NEW Topics
[全米カレッジフットボール-1] 「20世紀の4大ボウルゲーム」その1・ローズボウル
「巨人・大鵬・卵焼き」の時代
[NFL2018~19] 2004年ドラフト上位の4プレーヤー
[競馬] フェブラリーステークス2019の注目馬
[NPB2019春季キャンプ] 松坂大輔投手の怪我に見る「身近なスター」戦略のこれから
[Jリーグ2019] 開幕を控えて 2018年シーズンのおさらい
[アルペン世界選手権2019女子滑降] スロベニアのシュトレツ選手が2連覇
[アルペン世界選手権2019男子滑降] ノルウェー勢の1・2フィニッシュ!
[フィギュア四大陸選手権2019男子シングル] 宇野昌磨選手 「気迫十分」な演技で逆転優勝!
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] 「QBニック・フォールズ劇場」ついに終演
[フィギュア四大陸選手権2019女子シングル] 紀平梨花選手のスケート靴のブレードの色
MLBスプリングトレーニングのはじまりは1886年
[NFLスーパーボウル2019] 14本ものパントが飛び交ったロースコアゲーム
[MLB2019] スプリングトレーニング 開始間近
[競馬コラム226] ジャパンカップ2018 「2分20秒6」の衝撃
[NFLスーパーボウル2019] 史上最少総得点のゲーム
[NFLスーパーボウル2019] ペイトリオッツ王朝「6度目」の制覇
[MLB2018~19・オフシーズン] マリアノ・リベラ氏 「満票」で殿堂入り
[大相撲2019] 「大関」雑感
[アジアカップ2019・決勝] カタール代表チームの精度の高いシュート
[大相撲2019・1月場所] 横綱・大関陣の不甲斐無さ
[NFL2018~19] 第53回スーパーボウルの展望
[日本プロ野球2019・球春] 野球協約「第17章 第173条」
[NFL2018~19・AFCチャンピオンシップ] 第4クオーターの凄まじい攻防
[アジアカップ2019・準決勝] 森保ジャパン イランチームに快勝!
[NFL2018~19・NFCチャンピオンシップ] 難しい2本のフィールドゴール
[大相撲2019・1月場所] 関脇・玉鷲 初優勝!
[セリエA2018~19・第20節] ユベントス 無敗の進撃
[ブンデスリーガ2018~19・第18節] ドルトムントとバイエルンの争い?
[全豪オープン2019・女子シングルス] 大坂なおみ選手 優勝! 四大大会を連勝
[プレミアリーグ2018~19・第23節] リバプールとシティの争いか?
[アジアカップ2019] 森保ジャパン 準決勝進出
[リーガエスパニョーラ2018~19・第20節] 「3強」の争い
[大相撲2019・1月場所] 豪風関 引退を決意
[アジアカップ2019] 森保ジャパン 再び「1点差」でサウジアラビア戦 勝利
[NFL2018~19] 第53回スーパーボウルは「ラムズVSペイトリオッツ」
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] ラムズ 第2クオーターの攻勢
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] ペイトリオッツ さすがの試合運び
[アジアカップ2019] 森保ジャパン グループリーグを3連勝で突破
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] QBパトリック・マホームズ選手 落ち着き払ったプレー
[日本プロ野球2019] 読売ジャイアンツの「育成」外国人プレーヤー
[日本プロ野球2019] 金子千尋(弌大)投手と吉田輝星投手
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] 上位シードの4チームが勝ち上がり
[全国大学ラグビー選手権大会2019・決勝] 名門・明治大学チーム 21世紀初の優勝
[NFL2018~19ワイルドカード] ベアーズ「掌中の勝利」を逸す。
[NFL2018~19・ワイルドカード] カウボーイズ 接戦を制す。
[NFL2018~19・ワイルドカード] チャージャーズ FG5発でレイブンズを撃破
[NFL2018~19ワイルドカード] コルツの強力なオフェンスライン
[ATPツアー2019] 錦織圭選手 3年振りの優勝でツアー通算12勝目
[スキージャンプ週間2018~19] 小林陵侑選手 4戦4勝で総合優勝!
Entry TAG
競馬コラム211・ダイイチルビー号のスプリンターズS  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728