FC2ブログ
HOME   »   柔道・剣道  »  [柔道・世界選手権2018] 男女で明暗が分かれた日本チーム
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 9月20日から27日にかけて、アゼルバイジャンのバクーで開催された、柔道の世界選手権大会は、東京オリンピック2020に向けて強化を進めている日本代表チームにとっては、男女で明暗が分かれる結果となりました。

 日本チームサイドから見ると、男子は7階級中2階級で金メダル、2階級で銀メダル、2階級で銅メダルという結果となりました。
 女子は7階級中5階級で金メダル、3階級で銀メダル、1階級で銅メダルとなりました。

 「女子は大変良い結果となり、男子は不満な結果となった」のです。

 男子は、60kg以下級の高橋直寿選手と66kg以下級の阿部一二三選手が優勝し、幸先の良いスタートを切ったのですけれども、その後は「体重が重くなるにつれて成績が下降」する傾向となりました。100kg以下級では、全14階級で唯一メダル無しに終わったのです。

 女子は、48kg以下級と63㎏以下級において優勝を逃しましたが、両階級とも2位ですから「決勝進出」は果たしています。
 52kg以下級では阿部詩選手、57kg以下級では芳田司選手、70kg以下級では新井千鶴選手、78kg以下級では濱田尚里選手、78kg超級では朝比奈沙羅選手が、それぞれ優勝しました。
 女子は「体重の軽い重いと成績は無関係」で、全体としてとても良い戦いが出来ていたのです。

 柔道がjudoとなって、世界中で行われる人気スポーツとなり、国別のjudo人口においてフランスが世界一となったと報じられてから、もう相当経っていますので、発祥の国・日本としても、いつまでも「お家芸」と言っては居られない状況が到来していて、オリンピックや世界選手権大会において、日本チームが「過半数の金メダルを獲得する」ことが極めて困難になっていることは、周知のことでしょう。

 従って、当然ながら、「7階級中2階級優勝の男子」が概ね現在の力通りの成績であり、「7階級中5階級優勝の女子」は大健闘であったと見るのが妥当なのでしょう。

 そもそも、「世界ランキング1位のプレーヤー」の中で、今大会で金メダルを確保したのは、男子では81kg以下級のサイード・モラエイ選手(イラン)、100kg超級のグラム・ツシシビリ選手(ジョージア)と女子の63kg以下級のクラリス・アグベビュー選手(フランス)の3選手だけでした。
 それどころか、世界ランキング1位でありながら、今大会の1回戦で敗退したプレーヤーが男女ひとりずつ2名も居たのです。

 日本選手のみならず、世界中の強豪選手にとっても、世界大会で優勝することは「至難の技」となっていることが、良く分かる結果です。
 競技人口が多く、いわゆる「メジャースポーツ」であればあるほど、世界一となるのは難しいのです。(当然のことを書き、恐縮です)

 東京オリンピック2020に向けて、日本柔道界にとっては「茨の道」が続きますけれども、発祥の国のチームとして、どの階級においても「堂々たる戦い振り」を示していくことだけは、是非、堅持していただきたいと感じます。

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[NPB2018] 丸佳浩選手 出塁率.481
NEW Topics
[全米カレッジフットボール-1] 「20世紀の4大ボウルゲーム」その1・ローズボウル
「巨人・大鵬・卵焼き」の時代
[NFL2018~19] 2004年ドラフト上位の4プレーヤー
[競馬] フェブラリーステークス2019の注目馬
[NPB2019春季キャンプ] 松坂大輔投手の怪我に見る「身近なスター」戦略のこれから
[Jリーグ2019] 開幕を控えて 2018年シーズンのおさらい
[アルペン世界選手権2019女子滑降] スロベニアのシュトレツ選手が2連覇
[アルペン世界選手権2019男子滑降] ノルウェー勢の1・2フィニッシュ!
[フィギュア四大陸選手権2019男子シングル] 宇野昌磨選手 「気迫十分」な演技で逆転優勝!
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] 「QBニック・フォールズ劇場」ついに終演
[フィギュア四大陸選手権2019女子シングル] 紀平梨花選手のスケート靴のブレードの色
MLBスプリングトレーニングのはじまりは1886年
[NFLスーパーボウル2019] 14本ものパントが飛び交ったロースコアゲーム
[MLB2019] スプリングトレーニング 開始間近
[競馬コラム226] ジャパンカップ2018 「2分20秒6」の衝撃
[NFLスーパーボウル2019] 史上最少総得点のゲーム
[NFLスーパーボウル2019] ペイトリオッツ王朝「6度目」の制覇
[MLB2018~19・オフシーズン] マリアノ・リベラ氏 「満票」で殿堂入り
[大相撲2019] 「大関」雑感
[アジアカップ2019・決勝] カタール代表チームの精度の高いシュート
[大相撲2019・1月場所] 横綱・大関陣の不甲斐無さ
[NFL2018~19] 第53回スーパーボウルの展望
[日本プロ野球2019・球春] 野球協約「第17章 第173条」
[NFL2018~19・AFCチャンピオンシップ] 第4クオーターの凄まじい攻防
[アジアカップ2019・準決勝] 森保ジャパン イランチームに快勝!
[NFL2018~19・NFCチャンピオンシップ] 難しい2本のフィールドゴール
[大相撲2019・1月場所] 関脇・玉鷲 初優勝!
[セリエA2018~19・第20節] ユベントス 無敗の進撃
[ブンデスリーガ2018~19・第18節] ドルトムントとバイエルンの争い?
[全豪オープン2019・女子シングルス] 大坂なおみ選手 優勝! 四大大会を連勝
[プレミアリーグ2018~19・第23節] リバプールとシティの争いか?
[アジアカップ2019] 森保ジャパン 準決勝進出
[リーガエスパニョーラ2018~19・第20節] 「3強」の争い
[大相撲2019・1月場所] 豪風関 引退を決意
[アジアカップ2019] 森保ジャパン 再び「1点差」でサウジアラビア戦 勝利
[NFL2018~19] 第53回スーパーボウルは「ラムズVSペイトリオッツ」
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] ラムズ 第2クオーターの攻勢
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] ペイトリオッツ さすがの試合運び
[アジアカップ2019] 森保ジャパン グループリーグを3連勝で突破
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] QBパトリック・マホームズ選手 落ち着き払ったプレー
[日本プロ野球2019] 読売ジャイアンツの「育成」外国人プレーヤー
[日本プロ野球2019] 金子千尋(弌大)投手と吉田輝星投手
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] 上位シードの4チームが勝ち上がり
[全国大学ラグビー選手権大会2019・決勝] 名門・明治大学チーム 21世紀初の優勝
[NFL2018~19ワイルドカード] ベアーズ「掌中の勝利」を逸す。
[NFL2018~19・ワイルドカード] カウボーイズ 接戦を制す。
[NFL2018~19・ワイルドカード] チャージャーズ FG5発でレイブンズを撃破
[NFL2018~19ワイルドカード] コルツの強力なオフェンスライン
[ATPツアー2019] 錦織圭選手 3年振りの優勝でツアー通算12勝目
[スキージャンプ週間2018~19] 小林陵侑選手 4戦4勝で総合優勝!
Entry TAG
柔道世界選手権2018・日本チームの活躍  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728