FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬コラム212] ダイナアクトレス号の毎日王冠1987
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 1986年の3歳世代牝馬といえば、「牝馬三冠」メジロラモーヌがまず思い出されますが、同期にダイナアクトレスという女傑が居たことを忘れることが出来ません。
 同世代に、とても強いサラブレッドが複数登場するというのは、我が国の競馬のみならず世界中で眼にする「不思議な現象」ですが、ここにも起こっていたのです。

 父がノーザンテースト、母がモデルスポート(1978年の最優秀3歳牝馬賞受賞)という良血のダイナアクトレスは、2歳時からその競走馬としての高い能力が注目されていました。
 2歳時に函館3歳ステークスG3を圧勝した時には、陣営は皐月賞・日本ダービーへの出走も検討したと伝えられました。

 3歳時はしかし、メジロラモーヌには勝つことが出来ず、迎えた4歳・1987年になって本格化したのです。
 毎日王冠G2と京王杯オータムハンデG3に快勝し、ジャパンカップではルグロリューの3着と健闘しました。日本馬最先着でした。

 そして、この年の最優秀5歳以上牝馬(現在なら4歳以上)を受賞しました。

 1988年になっても、強豪牡馬を相手にしてのダイナアクトレスの活躍が続き、スプリンターズステークス(当時はG2)、京王杯スプリングカップG2に優勝し、安田記念G1で2着、天皇賞(秋)4着と気を吐いたのです。

 そして、この年も最優秀5歳以上牝馬を受賞しました。
 1987年・88年と、2年連続の最優秀5歳以上牝馬賞でした。

 そのダイナアクトレスの代表的なレースが、1987年の毎日王冠であったと思います。

 1987年10月11日に行われたレースです。
 ダイナアクトレスは、4歳牡馬ウインドストースとの叩き合いを制して、アタマ差で優勝しましたが、この時のメンバーが凄いのです。
 3着が「中距離の鬼」ニッポーテイオー(マイルチャンピオンシップ、安田記念の優勝馬)、さらに1985年の日本ダービー馬シリウスシンボリ、1986年の日本ダービー馬ダイナガリバーをも引き連れての優勝でした。

 特にニッポーテイオーとは「勝ったり負けたり」を繰り広げました。
 時代最強の中距離馬を相手に、中距離のレースで先着したダイナアクトレスは、まさに「女傑」であったと思います。

 ダイナアクトレス号、父ノーザンテースト、母モデルスポート、母の父モデルフール。通算成績19戦7勝。主な勝ち鞍、毎日王冠、スプリンターズS、京王杯スプリングカップ、京王杯オータムハンデ、函館3歳ステークス。

 繁殖に入ってからも、ダイナアクトレスは活躍を続け、初仔のステージジャンプと第2仔のプライムステージが共に重賞2勝、第3仔のランニングヒロインはスクリーンヒーロー(ジャパンカップ2008優勝馬)の母です。

12頭の仔を成したダイナアクトレスは、繁殖場としても「名牝」でした。

 2012年、ダイナアクトレスは29歳で息を引き取りました。長寿を全うしたのです。

 まさに「無事これ名馬」でしょう。

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[MLB2018] 吉川峻平投手 ダイヤモンドバックス入団会見
NEW Topics
[全米カレッジフットボール-1] 「20世紀の4大ボウルゲーム」その1・ローズボウル
「巨人・大鵬・卵焼き」の時代
[NFL2018~19] 2004年ドラフト上位の4プレーヤー
[競馬] フェブラリーステークス2019の注目馬
[NPB2019春季キャンプ] 松坂大輔投手の怪我に見る「身近なスター」戦略のこれから
[Jリーグ2019] 開幕を控えて 2018年シーズンのおさらい
[アルペン世界選手権2019女子滑降] スロベニアのシュトレツ選手が2連覇
[アルペン世界選手権2019男子滑降] ノルウェー勢の1・2フィニッシュ!
[フィギュア四大陸選手権2019男子シングル] 宇野昌磨選手 「気迫十分」な演技で逆転優勝!
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] 「QBニック・フォールズ劇場」ついに終演
[フィギュア四大陸選手権2019女子シングル] 紀平梨花選手のスケート靴のブレードの色
MLBスプリングトレーニングのはじまりは1886年
[NFLスーパーボウル2019] 14本ものパントが飛び交ったロースコアゲーム
[MLB2019] スプリングトレーニング 開始間近
[競馬コラム226] ジャパンカップ2018 「2分20秒6」の衝撃
[NFLスーパーボウル2019] 史上最少総得点のゲーム
[NFLスーパーボウル2019] ペイトリオッツ王朝「6度目」の制覇
[MLB2018~19・オフシーズン] マリアノ・リベラ氏 「満票」で殿堂入り
[大相撲2019] 「大関」雑感
[アジアカップ2019・決勝] カタール代表チームの精度の高いシュート
[大相撲2019・1月場所] 横綱・大関陣の不甲斐無さ
[NFL2018~19] 第53回スーパーボウルの展望
[日本プロ野球2019・球春] 野球協約「第17章 第173条」
[NFL2018~19・AFCチャンピオンシップ] 第4クオーターの凄まじい攻防
[アジアカップ2019・準決勝] 森保ジャパン イランチームに快勝!
[NFL2018~19・NFCチャンピオンシップ] 難しい2本のフィールドゴール
[大相撲2019・1月場所] 関脇・玉鷲 初優勝!
[セリエA2018~19・第20節] ユベントス 無敗の進撃
[ブンデスリーガ2018~19・第18節] ドルトムントとバイエルンの争い?
[全豪オープン2019・女子シングルス] 大坂なおみ選手 優勝! 四大大会を連勝
[プレミアリーグ2018~19・第23節] リバプールとシティの争いか?
[アジアカップ2019] 森保ジャパン 準決勝進出
[リーガエスパニョーラ2018~19・第20節] 「3強」の争い
[大相撲2019・1月場所] 豪風関 引退を決意
[アジアカップ2019] 森保ジャパン 再び「1点差」でサウジアラビア戦 勝利
[NFL2018~19] 第53回スーパーボウルは「ラムズVSペイトリオッツ」
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] ラムズ 第2クオーターの攻勢
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] ペイトリオッツ さすがの試合運び
[アジアカップ2019] 森保ジャパン グループリーグを3連勝で突破
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] QBパトリック・マホームズ選手 落ち着き払ったプレー
[日本プロ野球2019] 読売ジャイアンツの「育成」外国人プレーヤー
[日本プロ野球2019] 金子千尋(弌大)投手と吉田輝星投手
[NFL2018~19・ディビジョナルプレーオフ] 上位シードの4チームが勝ち上がり
[全国大学ラグビー選手権大会2019・決勝] 名門・明治大学チーム 21世紀初の優勝
[NFL2018~19ワイルドカード] ベアーズ「掌中の勝利」を逸す。
[NFL2018~19・ワイルドカード] カウボーイズ 接戦を制す。
[NFL2018~19・ワイルドカード] チャージャーズ FG5発でレイブンズを撃破
[NFL2018~19ワイルドカード] コルツの強力なオフェンスライン
[ATPツアー2019] 錦織圭選手 3年振りの優勝でツアー通算12勝目
[スキージャンプ週間2018~19] 小林陵侑選手 4戦4勝で総合優勝!
Entry TAG
競馬コラム212・ダイナアクトレス号の毎日王冠  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728