FC2ブログ
HOME   »   ラグビー  »  キヤノン・ブレディスローカップ2018のチケット価格
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 ニュージーランド代表(オールブラックス)とオーストラリア代表(ワラビーズ)の対戦=キヤノン・ブロディスローカップ2018が10月27日に迫りました。

 ほとんど常に世界ランキング1位のオールブラックスと、その永遠のライバル・ワラビーズの対決は、世界ラグビー界注目のゲームでしょうし、それが来年に迫った、ワールドカップの決勝会場に予定されている神奈川・日産スタジアムで開催されるのですから、遠路はるばるやってきた両チームにとっても、色々と得るものが有ることになります。

 さて、お金の話で恐縮ですが、このゲームのチケット価格が興味深いと感じます。

 いずれも前売り価格ですが、カテゴリー1指定席が1枚30,000円、同2指定席が21,000円、同3指定席が15,000円、同4指定席-大人7,000円・子供3,500円、車椅子エリアが7,000円となっています。

 通常の我が国で開催されるスポーツイベントのチケット価格に比して、「高い」というイメージなのでしょうか。

 「公式戦ではなく親善試合」という点から見れば高いのでしょうし、「世界最高水準のチーム同士の対戦」という視点からは、相応、あるいは安いというご意見も有りそうです。

 私の感覚では「相応」というところでしょうか。

 昔の話で恐縮ですが、25年程前のNFLのニューヨーク対決のチケット、試合前日に宿泊先ホテルのコンシェルジュに依頼して用意してもらったチケットが1枚1,000ドル(現在のレートなら約110,000円)であったことや、新しいヤンキースタジアムのネット裏席のチケットが1枚440ドル(同約48,400円)、MLBの公式戦が東京ドームで開催された時のネット裏席が25,000円、であった等々の事例から見れば、オールブラックスVSワラビーズの親善試合の最も高価な席のチケットが30,000円というのは、良いバランスのように感じられるのです。

 ひょっとすると、日本のプロスポーツのチケット価格は、その他の物価と比べて、やや低いのかもしれないと考えてしまいます。
 もちろん、現代日本の需要と供給からチケット価格が決まっていることは当然のことですから、無暗に上げれば良いというものではありません。

 つまり、「日本のチケット代が安い」とすれば、安い理由が有ると考えるのが自然です。

 もちろんチケット価格は、選手の年俸やスタジアムの環境等、そのスポーツ全般に大きな影響を与えるものですから、その国のそのスポーツの維持・発展に、本質的な影響を与えるものであることは、言うまでも無いことでしょう。

 そして、スタジアムでの観戦、自分の眼でプレーを観、自分の五感でゲームを感じるというのは、テレビ観戦やパソコン観戦では到底得ることが出来ない「素晴らしい物」であることも、言うまでも無いことでしょう。
 現場での観戦は、画面で観るものとは「全くの別物」なのです。
 そして、その価値が、チケット価格に反映されるものなのでしょう。

 プロスポーツを主催する側としては、この「素晴らしい物・価値」をキッチリとお客様やお客様予備軍にアピールする努力が必要なのでしょうし、観戦する側としては、この「素晴らしい物・価値」を把握し感じる感性と知識・情報を、身に付けて行く必要があるのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[MLB2018・ポストシーズン] 地区シリーズを終えて
NEW Topics
[競馬コラム224] 有馬記念 最多勝騎手は5名
[第98回天皇杯2018] 浦和レッズ 接戦の末ベガルタ仙台を下して優勝
[UEFAチャンピオンズリーグ2018~19] グループリーグを終えて
[NPB2018シーズンオフ] 剛腕?原辰徳監督 読売ジャイアンツ大補強!
[競馬] 朝日杯フューチュリティステークス2018の注目馬
[NFL2018~19・第14節] ドルフィンズ「100年に一度」の大逆転でペイトリオッツを破る!
[GPファイナル2018女子] 紀平選手の演技に対するロシア関係者の「冷静・公平」なコメント
[競馬コラム223] クラシックレースに勝つためには朝日杯フューチュリティステークスに勝ってはいけないのか?
[フィギュアスケート男子GPファイナル2018] 宇野昌磨選手は2位
[フィギュアスケート女子GPファイナル2018] 紀平梨花選手 堂々たる優勝
[MLB2018レギュラーシーズン] チームのOPSとERA
[柔道2018] 「重大な誤審」をした審判を降格処分
長谷部誠選手 AFC最優秀国際選手賞2018を受賞
[競馬] 阪神ジュベナイルフィリーズ2018の注目馬
[Jリーグ2018] 横浜FC 1部リーグ昇格ならず・・・。
[福岡国際マラソン2018] 服部勇馬選手 「優勝」
[UEFAネーションズリーグ2018~19] グループリーグを終えて
[競馬コラム222] 阪神ジュベナイルフィリーズとクラシックレース
[フィギュアスケート・GPファイナル2018] 男子の戦い
[フィギュアスケート・GPファイナル2018] 女子の戦い
[UEFA-CL2018~19] グループリーグ第5節を終えて
[大相撲2018・11月場所] 千秋楽の協会挨拶 三役力士が5名
[競馬] チャンピオンズカップ2018の注目馬
[大相撲2018・14日目] 高安VS貴景勝 「勝ちに不思議な勝ち有り。負けに不思議な負け無し。」
[競馬コラム221] 生粋のステイヤー デルタブルース号
[大相撲2018・11月場所] 小結・貴景勝の優勝と初日の取組
[スピードスケートW杯苫小牧大会・男子500m] 新濱立也選手 連勝!
[Jリーグ2018オフシーズン] 外国籍選手枠拡大とホームグロウン制度導入
[MLB2018レギュラーシーズン] マイク・トラウト選手のOPS
[競馬] ジャパンカップ2018の注目馬
[MLB2018レギュラーシーズン] 両リーグのセーブ王
[UEFA-CL2018~19・GL] 大混戦となっているC組
[競馬コラム220] ジャパンカップにおける牝馬の活躍
[MLB2018オフシーズンFA] ブライス・ハーパー選手とマニー・マチャド選手
[東京オリンピック2020] 平野歩夢選手 スケートボード競技に挑戦
[日米野球2018] 侍ジャパン 5勝1敗と勝ち越し
[明治神宮野球大会2018・高校の部] 札幌大谷高校 初出場・初優勝!
[競馬] マイルチャンピオンシップ2018の注目馬
[NPB2018シーズンオフ] FA選手が「年俸の壁」を突き破るのか?
[競馬コラム219] 「恐怖の一発屋?」 トーセンラー号
[MLB2018] 大谷翔平選手 新人王!
[ACL2018] 鹿島アントラーズ 悲願の初優勝!
[Jリーグ2018] 川崎フロンターレ 連覇!
[MLB2018レギュラーシーズン] ブレイク・スネル投手の覚醒
[フィギュアスケートNHK杯2018] 紀平梨花選手のGPシリーズデビューは何故こんなに遅くなったのか?
[PGAツアー2018~19] キャメロン・チャンプ選手 登場
[NFL2018~19] ヒューストン・テキサンズ 6連勝!
[競馬] エリザベス女王杯2018の注目馬
[大相撲2018・11月場所] 活躍が期待される10名の力士
[競馬コラム218] 1984年の福島記念に優勝した スズパレード号
Entry TAG
ブレディスローカップ2018のチケット価格  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031