FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB2018ワールドシリーズ] ドジャース 痛恨の逆転負け
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[10月27日・第4戦・ドシャ―スタジアム]
ボストン・レッドソックス9-6ロサンゼルス・ドジャース

 6回を終え、ドジャースが快勝するゲームに観えました。
 試合の流れは完全にドジャースに有ったのです。

① 前半は第3戦と同様の投手戦

 ドジャース先発のヒル投手、レッドソックス先発のロドリゲス投手、両投手は良く投げました。
 ヒル投手のカーブの前に、ボストン打線は手も足も出ない様子でしたし、ロドリゲス投手のキレの良いストレートと上質なコンビネーションも見事でした。

 特に、ボストン打線は、第3戦から「沈黙状態」に入っていましたから、ドジャースとしてはレッドソックス打線が眠っている間に、勝利を決めておきたいところでした。

② プイグ選手の3ランホームラン

 6回裏、ドジャースにチャンスが訪れました。
 ベリンジャー選手の内野ゴロからのレッドソックスの守備の乱れをついて1点を先取。
 続くプイグ選手が、ロドリゲス選手のストレートをレフトスタンドに突き刺しました。
 打った瞬間にそれと分かるホームラン。

 リーグチャンピオンシップシリーズでも観られた、プイグ選手の勝負強い打撃でした。
 以前も書きましたが、ヤシエル・プイグはドジャースのムードメーカーですから、ベンチはもちろんとして、ドジャースタジアムを埋め尽くしたドジャースファンも「お祭り騒ぎ」となりました。

 「自慢のブルペン陣」を考慮すれば、このまま「4-0」でドジャースが勝つと、誰もが信じて疑わない空気が、スタジアム全体に漂ったのです。

 第3戦「歴史的延長戦」を制した勢いそのままに、ドジャースがシリーズの流れをも掴んでいるように観えました。

③ モアランド選手の3ランホームラン

 ところが7回表、先発のヒル投手とリリーフのアレクサンダー投手がひとつずつ四球を与えての1・2塁から、ボストンの代打モアランド選手がライトスタンドに3ランホームランを放り込みました。
 ドジャースのライトフィールダー・プイグ選手が一歩も動けない、大きな当たりでした。

 レッドソックスファンは全米中に居ますから、この日のドジャースタジアム、54000人以上の観客を飲み込んだスタジアムにも、かなりの数のレッドソックスファンが居たわけですが、そのファンが大声援を送りました。
 そしてドジャースのプレーヤーやファンは、「何かおかしいぞ」と感じ始めたのです。

 「快勝」であるはずのゲームに、暗雲が漂い始めたという感じでしょうか。

④ ジャンセン投手が再び被弾

 ドジャースは8回からクローザのジャンセン投手をマウンドに送りました。
 昨日のゲームで2イニングを投げているジャンセン投手でしたが、ロバーツ監督は再び2イニングを任せたのです。

 そして8回表、ジャンセン投手はピアース選手に同点ソロホームランを浴びてしまいました。
 昨日に続いての被弾でした。

 当たりが止まっていた、ボストンの中軸打者ピアース選手のホームランは、レッドソックス打線が目を覚ますきっかけとなりました。

⑤ 9回表の怒涛の攻め

 持ち味であるカットボールのキレが悪く、球速も不十分というジャンセン投手では抑え切れないと見て、ドジャースは9回表、フローロ投手をマウンドに送りました。

 延長戦でもないのに、クローザの後にさらに投手を投入するということ自体が異例のことですので、これでは「抑え切れない」と感じました。
 フローロ投手→ウッド投手→前田投手と繋いだドシャースブルペン陣でしたが、レッドソックス打線の餌食となり5点を献上しました。

 前夜に続いて登板した前田投手も、前夜に比べればストレート・スライダー共にキレが不足していましたから、「目を覚ました」ボストン打線には歯が立ちませんでした。

 結果として見れば、8回からジャンセン投手を投入したドジャースベンチの作戦ミスが最大の敗因に観えますが、9回裏の守備におけるレッドソックスのキャッチャーの様子を観れば、「両ベンチ共にギリギリの人繰りの中で戦っていること」は間違いありませんので、ベンチ采配の巧拙と言うより、「チーム力の差」と考える方が自然なのかもしれません。

 いずれにしても、ドジャースにとっては「痛恨の逆転負け」でした。

 総合力で上回るレッドソックスを相手に、このゲームを4-0あるいは4-1で勝利して、2勝2敗のタイとすることができれば、シリーズを振り出しに戻すことができたのですが・・・。

 レッドソックスが3勝1敗と、2018年のワールドチャンピオンに王手をかけました。

 このままレッドソックスが押し切ると思います。

 ドジャースにとっては「奇跡の3連勝」しか道が無くなってしまいました。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[UEFAネーションズリーグ2018~19] ドイツチームの不振
NEW Topics
[MLB2018] 大谷翔平選手 新人王!
[ACL2018] 鹿島アントラーズ 悲願の初優勝!
[Jリーグ2018] 川崎フロンターレ 連覇!
[MLB2018レギュラーシーズン] ブレイク・スネル投手の覚醒
[フィギュアスケートNHK杯2018] 紀平梨花選手のGPシリーズデビューは何故こんなに遅くなったのか?
[PGAツアー2018~19] キャメロン・チャンプ選手 登場
[NFL2018~19] ヒューストン・テキサンズ 6連勝!
[競馬] エリザベス女王杯2018の注目馬
[大相撲2018・11月場所] 活躍が期待される10名の力士
[競馬コラム218] 1984年の福島記念に優勝した スズパレード号
[NPB日本シリーズ2018] 甲斐拓也選手 堂々のMVP
[競馬コラム217] エリザベス女王杯を連覇 スノーフェアリー号
[剣道全日本選手権2018] 「コテ」の西村英久選手 連覇!
[NPB日本シリーズ2018・第6戦] 2回裏 カープの攻撃
[セリエA2018~19] ユベントスの強さ
[NFL2018~19] week8を終えて
[体操世界選手権2018] 村上茉愛選手 個人総合で日本女子初の銀メダル
[NPB2018日本シリーズ] カープ投手陣 ホークス打線を抑えきれず3連敗
[MLB2018ワールドシリーズ第3戦] トミー・ラソーダ氏の始球式
[競馬コラム216] 日本のブリーダーズカップ「JBC競走」
[リーガエスパニョーラ2018~19] レアルマドリード エル・クラシコに大敗してフレン・ロペテギ監督解任
[UEFAネーションズリーグ2018~19] ドイツチームの不振
[MLB2018ワールドシリーズ] ドジャース 痛恨の逆転負け
[NPB日本シリーズ2018・第1戦] がっぷり四つのゲーム
[PGAツアー2018~19・ザCJカップ] ライアン・パーマー選手 上り7ホール連続バーディ
[MLB2018ワールドシリーズ] 延長18回 7時間20分の死闘
[競馬] 天皇賞(秋)2018の注目馬
[MLB2018ワールドシリーズ] レッドソックスの2連勝
[競馬コラム215] 古馬になって驚異的な強さを魅せた モーリス号
[MLB2018] 大谷翔平選手がベースボール殿堂博物館に異例の寄贈
[レスリング世界選手権2018] 乙黒拓斗選手 男子フリースタイル65㎏級で優勝
[日本オープンゴルフ2018] 稲森佑貴選手がツアー初優勝!
[MLB2018・NLCS] ロサンゼルス・ドジャース ワールドシリーズ進出
[ブンデスリーガ2018~19] 第7節を終えての「異変」
[競馬] 菊花賞2018の注目馬
[プレミアリーグ2018~19] 強豪チームによる「大接戦」
[MLB2018・リーグチャンピオンシップ] レッドソックスとドジャースが王手
[レスリング・全日本女子オープン2018] 伊調馨選手の復活
[キリンチャレンジカップ2018] 日本代表 「素早い攻撃」でウルグアイ代表に勝利
[競馬コラム214] 過去10年間の菊花賞勝馬「ふたつのタイプ」
[NPB2018クライマックスシリーズ] 菅野智之投手 ノーヒットノーラン!
[NPB2018] ボール犬「わさび」の引退
日本フェンシング界2018の大改革
[MLB2018] 「200安打打者」は出ず
[NPB2018] 巨人・高橋監督、阪神・金本監督が辞任
[MLB2018・ポストシーズン] 地区シリーズを終えて
キヤノン・ブレディスローカップ2018のチケット価格
[MLB2018] 2017年のマーリンズの主力選手達
[競馬コラム213] 「花の47年組」
[凱旋門賞2018] レース展望
Entry TAG
MLB2018WS第4戦・ドジャース痛恨の逆転負け  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930