FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬コラム216] 日本のブリーダーズカップ「JBC競走」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今年のJBCデイは11月4日です。

 今年の開催地は京都競馬場です。

 今年もJBCクラシック、JBCスプリント、JBCレディスクラシックの3つのJpn1レースが行われます。

 1984年から始まり、21世紀になってからは「世界最大の競馬の祭典」のひとつに数えられるようになった、アメリカ合衆国のブリーダーズカップを範にして、2001年に開始されたのが「JBC競走」(ジャパン・ブリーディングファームズ・カップ競走)です。

 本家のブリーダーズカップは、毎年11月月初の金曜日・土曜日に実施されることが多いと思いますが、日本のJBC競走も同じ時期、2018年なら11月の第1日曜日に開催しているのです。

 「ブリーダーズ」あるいは「ブリーディングファームズ」と呼ぶのですから、これらのレースが「生産者」主体の開催であることは間違いありません。
 JBC競走も、我が国の競走馬の生産者が企画・運営するダート競馬の祭典として立ち上げられたものです。

 本家ブリーダーズカップは、1980年代のアメリカ競馬の入場者数減少といった「競馬が大衆から支持されなくなった状況」に危機感を抱いた、米国の生産者が立ち上げたものでしたが、日本のJBCの方は、特に地方競馬の衰退、地方競馬場の閉鎖が続いた状況に対して、生産者が立ちあがったものです。
 問題の本質は少し異なるのでしょうが、「競馬の未来」を憂いた生産者による対抗策立案・実行という面では、同質の取組と言えそうです。

 「地方競馬の復権」を目指すJBC競走は、従って「ダートの3レース」となります。
 地方競馬場の大半がダートコースだからです。
 2018年の3レースは、JBCクラシックが1900m、JBCスプリントが1200m、JBCレディスクラシックが1800mの距離で、京都競馬場ダートコースを使用して行われます。

 本家のブリーダーズカップ2018はチャーチルダウンズ競馬場を舞台にして、1日目の11月2日に5レース(内4レースがG1)、2日目の11月3日に9レース(全てG1)が行われます。
 G1が13レースと言う、豪華絢爛な開催内容となっていて、それぞれのレースの賞金額も世界最高水準ですから、さすがに「世界屈指の競馬の祭典」なのです。
 ちなみに、ブリーダーズカップの開催地も毎年持ち回りで変わります。
 この点も、JBC競走が手本としたところなのでしょう。
 「競馬の普及」を目的とするのであれば、アメリカ合衆国の各地、日本国の各地、を転戦する方が、より効果的との考え方だと思います。

 本家の「13G1レース」には及びませんが、JBC競走も「3Jpn1レース」が連続して行われます。
 こうした形、つまり「G1級のレースを一日に3レース連続して行う」のは、我が国のメジャーな競馬においては、これだけではないかと思います。
 そういう意味では、JBC競走は「設立の理念」を良く守り、継続していると言って良いのでしょう。

 1984年にスタートしたブリーダーズカップは、当初7レースであったと伝えられています。そして2018年には14レースと、レース数が倍になっています。リースのバリエーションがどんどん広がっているのです。
 素晴らしいことだと感じます。
 
 JBC競走も、当初はクラシックとスプリントの2レースであったものが、2011年からレディスクラシックが加わり3レースとなりました。
 
 もちろん、容易なことでは無いと思いますが、今後もレース数が増えて行き、「JBC競走デイ」が益々充実して行って欲しいものです。

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[MLB2018ワールドシリーズ第3戦] トミー・ラソーダ氏の始球式
NEW Topics
[MLB2018] 大谷翔平選手 新人王!
[ACL2018] 鹿島アントラーズ 悲願の初優勝!
[Jリーグ2018] 川崎フロンターレ 連覇!
[MLB2018レギュラーシーズン] ブレイク・スネル投手の覚醒
[フィギュアスケートNHK杯2018] 紀平梨花選手のGPシリーズデビューは何故こんなに遅くなったのか?
[PGAツアー2018~19] キャメロン・チャンプ選手 登場
[NFL2018~19] ヒューストン・テキサンズ 6連勝!
[競馬] エリザベス女王杯2018の注目馬
[大相撲2018・11月場所] 活躍が期待される10名の力士
[競馬コラム218] 1984年の福島記念に優勝した スズパレード号
[NPB日本シリーズ2018] 甲斐拓也選手 堂々のMVP
[競馬コラム217] エリザベス女王杯を連覇 スノーフェアリー号
[剣道全日本選手権2018] 「コテ」の西村英久選手 連覇!
[NPB日本シリーズ2018・第6戦] 2回裏 カープの攻撃
[セリエA2018~19] ユベントスの強さ
[NFL2018~19] week8を終えて
[体操世界選手権2018] 村上茉愛選手 個人総合で日本女子初の銀メダル
[NPB2018日本シリーズ] カープ投手陣 ホークス打線を抑えきれず3連敗
[MLB2018ワールドシリーズ第3戦] トミー・ラソーダ氏の始球式
[競馬コラム216] 日本のブリーダーズカップ「JBC競走」
[リーガエスパニョーラ2018~19] レアルマドリード エル・クラシコに大敗してフレン・ロペテギ監督解任
[UEFAネーションズリーグ2018~19] ドイツチームの不振
[MLB2018ワールドシリーズ] ドジャース 痛恨の逆転負け
[NPB日本シリーズ2018・第1戦] がっぷり四つのゲーム
[PGAツアー2018~19・ザCJカップ] ライアン・パーマー選手 上り7ホール連続バーディ
[MLB2018ワールドシリーズ] 延長18回 7時間20分の死闘
[競馬] 天皇賞(秋)2018の注目馬
[MLB2018ワールドシリーズ] レッドソックスの2連勝
[競馬コラム215] 古馬になって驚異的な強さを魅せた モーリス号
[MLB2018] 大谷翔平選手がベースボール殿堂博物館に異例の寄贈
[レスリング世界選手権2018] 乙黒拓斗選手 男子フリースタイル65㎏級で優勝
[日本オープンゴルフ2018] 稲森佑貴選手がツアー初優勝!
[MLB2018・NLCS] ロサンゼルス・ドジャース ワールドシリーズ進出
[ブンデスリーガ2018~19] 第7節を終えての「異変」
[競馬] 菊花賞2018の注目馬
[プレミアリーグ2018~19] 強豪チームによる「大接戦」
[MLB2018・リーグチャンピオンシップ] レッドソックスとドジャースが王手
[レスリング・全日本女子オープン2018] 伊調馨選手の復活
[キリンチャレンジカップ2018] 日本代表 「素早い攻撃」でウルグアイ代表に勝利
[競馬コラム214] 過去10年間の菊花賞勝馬「ふたつのタイプ」
[NPB2018クライマックスシリーズ] 菅野智之投手 ノーヒットノーラン!
[NPB2018] ボール犬「わさび」の引退
日本フェンシング界2018の大改革
[MLB2018] 「200安打打者」は出ず
[NPB2018] 巨人・高橋監督、阪神・金本監督が辞任
[MLB2018・ポストシーズン] 地区シリーズを終えて
キヤノン・ブレディスローカップ2018のチケット価格
[MLB2018] 2017年のマーリンズの主力選手達
[競馬コラム213] 「花の47年組」
[凱旋門賞2018] レース展望
Entry TAG
競馬コラム216・日本のブリーダーズカップJBC競走  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930