FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [セリエA2018~19] ユベントスの強さ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 10月27日から29日にかけて行われた、セリエA2018~19シーズンの第10節を終えて、ユベントスが「定位置」である首位に立っています。

① ユベントス 9勝1引分 勝点28
② インテル 7勝2敗1引分 勝点22・得失点差10
③ ナポリ 7勝2敗1引分 勝点22・得失点差8
④ ACミラン 5勝2敗3引分 勝点18・得失点差6
⑤ ラツィオ 6勝4敗 勝点18・得失点差1
⑥ フィオレンティーナ 4勝3敗3引分 勝点15

 という順位です。
 もはや独走状態と言っても良いかもしれません。

 今季のユーベの戦い振りにおける特徴は「接戦をものにする」というところでしょうか。

 リーグ緒戦はキェーヴォを相手に3-2、第3節パルマ戦は2-1、第4節サッスオロ戦も2-1、第10節エンポリ戦は1-0と「1点差ゲーム」をものにしています。

 この傾向はUEFA-CLにも観られ、10月23日のマンチェスター・ユナイテッドとの敵地オールドトラフォードにおけるゲームを、1-0で勝ち切っています。

 今季のユーベは「大量点」を挙げるゲームが少ないのです。
 
 「必要な得点を挙げて守り切る」というのはユーベの伝統であろうという見方もあると思いますが、今季はその傾向が一層はっきりしているように観えます。
 「本当に地力が高いチームの戦い方」を示現しているのです。

 今季のチーム力充実は、従来以上でしょう。

 例えば、第8節ウディネーゼ戦の先発メンバーを見てみましょう。

・FW クリスティアーノ・ロナウド選手(ポルトガル)、パウロ・ディバラ選手(アルゼンチン)、マリオ・マンジュキッチ選手(クロアチア)
・MF ロドリゴ・ベンタンクール選手(ウルグアイ)、ブレーズ・マテュイディ選手(フランス)、ミラレム・ピャニッチ選手(ボスニアヘルツェゴビナ)
・DF ジョルジュ・キエッリーニ選手、アレックス・サンドロ選手(ブラジル)、レオナルド・ボヌッチ選手、ファン・カンセロ選手(ポルトガル)
・GK ヴォイチェフ・シュチェスニー選手(ポーランド)

 かつてのユベントスは、イタリア人選手主体のチームで、特にDFやMFは「ユーベのメンバーが、そのままイタリア代表チームのメンバー」と言われていたものですが、国外の選手が多くなりました。
 キエッリーニ選手やボヌッチ選手といったスーパースターは健在ですが、イタリア人プレーヤーはこの2人だけ。
 
 FWにはクリロナ選手とマンジュキッチ選手という、現在世界を代表するプレーヤーに、アルゼンチンのディバラ選手と言うラインナップ。
 ユベントスも、次第にレアル・マドリードやFCバルセロナ、マンチェスター・シティに似てきているのでしょう。

 世界的なスター選手が揃った、今季のユーベですが、そのバランスも良いと感じます。
 特に、MF・DF・GKの守備のバランスは、とても良いのではないでしょうか。「攻撃のベースとなる守備」という、とても現代的な布陣だと思います。

 さて、「鳴り物入り」で、レアル・マドリードから今季移籍してきたクリスティアーノ・ロナウド選手ですが、開幕直後は「様子見」だったのでしょうか、第4節のサッスオロ戦で2ゴールを挙げて以降は本来の動きに戻った印象です。
 既に得点ランキングでも2位に浮上していますから、今後もゴールを量産して行ってくれることでしょう。

 UEFAチャンピオンズリーグ2018~19のグループリーグH組でも、ユーベは3戦3勝と悠々首位を走っています。

 一段と強さを増した感のあるユベントスが、今シーズンは「国内外のタイトルを独占」するかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
[NPB日本シリーズ2018・第6戦] 2回裏 カープの攻撃
NEW Topics
[MLB2018] 大谷翔平選手 新人王!
[ACL2018] 鹿島アントラーズ 悲願の初優勝!
[Jリーグ2018] 川崎フロンターレ 連覇!
[MLB2018レギュラーシーズン] ブレイク・スネル投手の覚醒
[フィギュアスケートNHK杯2018] 紀平梨花選手のGPシリーズデビューは何故こんなに遅くなったのか?
[PGAツアー2018~19] キャメロン・チャンプ選手 登場
[NFL2018~19] ヒューストン・テキサンズ 6連勝!
[競馬] エリザベス女王杯2018の注目馬
[大相撲2018・11月場所] 活躍が期待される10名の力士
[競馬コラム218] 1984年の福島記念に優勝した スズパレード号
[NPB日本シリーズ2018] 甲斐拓也選手 堂々のMVP
[競馬コラム217] エリザベス女王杯を連覇 スノーフェアリー号
[剣道全日本選手権2018] 「コテ」の西村英久選手 連覇!
[NPB日本シリーズ2018・第6戦] 2回裏 カープの攻撃
[セリエA2018~19] ユベントスの強さ
[NFL2018~19] week8を終えて
[体操世界選手権2018] 村上茉愛選手 個人総合で日本女子初の銀メダル
[NPB2018日本シリーズ] カープ投手陣 ホークス打線を抑えきれず3連敗
[MLB2018ワールドシリーズ第3戦] トミー・ラソーダ氏の始球式
[競馬コラム216] 日本のブリーダーズカップ「JBC競走」
[リーガエスパニョーラ2018~19] レアルマドリード エル・クラシコに大敗してフレン・ロペテギ監督解任
[UEFAネーションズリーグ2018~19] ドイツチームの不振
[MLB2018ワールドシリーズ] ドジャース 痛恨の逆転負け
[NPB日本シリーズ2018・第1戦] がっぷり四つのゲーム
[PGAツアー2018~19・ザCJカップ] ライアン・パーマー選手 上り7ホール連続バーディ
[MLB2018ワールドシリーズ] 延長18回 7時間20分の死闘
[競馬] 天皇賞(秋)2018の注目馬
[MLB2018ワールドシリーズ] レッドソックスの2連勝
[競馬コラム215] 古馬になって驚異的な強さを魅せた モーリス号
[MLB2018] 大谷翔平選手がベースボール殿堂博物館に異例の寄贈
[レスリング世界選手権2018] 乙黒拓斗選手 男子フリースタイル65㎏級で優勝
[日本オープンゴルフ2018] 稲森佑貴選手がツアー初優勝!
[MLB2018・NLCS] ロサンゼルス・ドジャース ワールドシリーズ進出
[ブンデスリーガ2018~19] 第7節を終えての「異変」
[競馬] 菊花賞2018の注目馬
[プレミアリーグ2018~19] 強豪チームによる「大接戦」
[MLB2018・リーグチャンピオンシップ] レッドソックスとドジャースが王手
[レスリング・全日本女子オープン2018] 伊調馨選手の復活
[キリンチャレンジカップ2018] 日本代表 「素早い攻撃」でウルグアイ代表に勝利
[競馬コラム214] 過去10年間の菊花賞勝馬「ふたつのタイプ」
[NPB2018クライマックスシリーズ] 菅野智之投手 ノーヒットノーラン!
[NPB2018] ボール犬「わさび」の引退
日本フェンシング界2018の大改革
[MLB2018] 「200安打打者」は出ず
[NPB2018] 巨人・高橋監督、阪神・金本監督が辞任
[MLB2018・ポストシーズン] 地区シリーズを終えて
キヤノン・ブレディスローカップ2018のチケット価格
[MLB2018] 2017年のマーリンズの主力選手達
[競馬コラム213] 「花の47年組」
[凱旋門賞2018] レース展望
Entry TAG
セリエA2018~19・ユベントスの強さ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930