FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB2018] 大谷翔平選手 新人王!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 11月13日朝、大谷翔平選手が「新人王」に選出されたとのニュースが入りました。
 嬉しいことです。

 大谷選手の今回の受賞を最も良く表現しているのは、11月12日のニューヨーク・ポスト紙(電子版)のコメントでしょう。
 「アンドゥハー、トーレス(共にヤンキースの選手)はアメージングな大谷には足りない」と評し、大谷選手の新人王受賞を予想したのです。
 今回の選考において、大谷選手のライバルとなったアンドゥハー選手、トーレス選手が所属するヤンキースの地元紙、バリバリのヤンキース応援誌であるニューヨーク・ポスト紙の冷静で客観的で的確な評価でした。

 「アメージング」、これこそがMLB2018年レギュラーシーズンの大谷翔平選手・投手の活躍を最も良く表現している言葉でしょう。

 毎日毎日、「今日の大谷は何をしてくれるのだろう」「何を魅せてくれるのだろう」と、日本のファンのみならず、アメリカのベースボールファン、あるいは普段はベースボールを観ない人々も、「ワクワクしながら」注目し続けたのです。
 
 このような状態が、プロスポーツの「ベストな在り様」であることは、明らかです。
 
 「お金を取ってプレーを見せる」プロスポーツが追い求めなければならない「義務」の究極のゴールが、「アメージングなプレー」「ファンをいつもワクワクさせる」ことであるのは当然です。
 楽しいこと、ワクワクさせてくれることに対して、ファンや観客は喜んでお金を払うのですから。

 少し話が逸れますが、「チームや個人の勝利」も、観ている者を「ワクワクさせる」ひとつの手段に過ぎません。逆に言えば、「ワクワクしない勝利」はプロスポーツにおいては無意味というか有害です。これは、アマチュア・スポーツにおいてさえ無意味・有害なものでしょう。
 いつも書いて恐縮ですが、「勝てば良い」というものではないのです。
 「誰からも支持されない勝利」や「多くの人から敬遠・軽蔑される勝利」というものが、数多く存在するのです。
 そんな勝利は、無い方が良いのは当然でしょう。

 話を戻しますが、2018年の大谷選手・投手のプレーは、常に「ワクワクさせてくれるもの」でした。それも「とても」ワクワクさせてくれるものであったと思います。
 今日も大谷選手が観られると思ってテレビのスイッチを入れた時、「明日登板予定」だから先発出場していないと分かった時の「ショック」というのは、甚大なものでした。これほどがっかりしたのも久しぶりというか、スポーツを観始めて初めてのことかもしれないと感じます。

 アメリカの人々も同じだったようで、SNS等のWebへの投稿で「大谷が出場しているゲーム以外は、ベースボールは観ない」といったものさえ、相当数ありました。
 普段はベースボールを観ない人も、大谷選手・投手のプレーだけは観ようとしたのです。言うまでもないことですが、大谷選手のプレーにそれだけの魅力が備わっていた、「アメージング」であったということになります。
 やはり、「見たことが無いもの」から発せられるインパクトは、想像以上に大きなものなのでしょう。「ハイレベルな二刀流」というのは、そうした存在なのです。

 それだけに、「肘の故障」により投手・大谷が観られなくなった時の「衝撃」や、ファンの心配、失望はとても大きなものだったことでしょうが、選手・大谷はその不安の相当部分を、打者としてカバーしました。肘を故障してから、打撃成績は向上したのです。

 これも凄いことというか、信じられないようなパフォーマンスと言わなければならないでしょう。
 少なくとも21世紀のMLBにおいては、「大谷翔平以外には成し遂げることが出来ない芸当」なのです。

 従って、大谷選手・投手の新人王受賞は、打率やホームラン数、OPS、登板数や勝ち星等々の成績で評価することは出来ないものであろうと思います。

 「凄いホームランだ」、「凄い速球だ」「凄いベースランニングだ」と、一投一打に眼を見張り、歓声を挙げ、とても幸せな気分を味わったこと、他に代替物が無いほどの「アメージング」を提供してくれた「大谷翔平」という存在に、心からお礼を申し上げます。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬コラム219] 「恐怖の一発屋?」 トーセンラー号
NEW Topics
[競馬コラム276-日本馬の海外挑戦15] 2012年 G1・2勝、G2・1勝
[温故知新2020-競泳9] 女子400m自由形のオリンピック金メダリストの記録
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 再開 ベスト8決まる。
[温故知新-陸上競技13] 男子3,000m障害 オリンピック金メダリストの記録
[全米プロゴルフ選手権2020(無観客)] コリン・モリカワ選手 初優勝
[MLB2020(無観客)・ナショナルリーグ] 8月8日終了時点の各地区の順位
[MLB2020(無観客)・アメリカンリーグ] 15ゲーム前後を終えての各地区の順位
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 2連勝!
[PGAツアー2019~20(無観客)] 全米プロゴルフ選手権大会 開幕
[ルヴァンカップ2020(観客数制限)] 三浦知良選手 53歳5ヵ月10日で先発!
[温故知新2020-陸上競技12] 男子三段跳び オリンピック金メダリストの記録
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] MVPは隠岐の海関
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 照ノ富士関 5年振り2度目の優勝
[競馬コラム275] キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの勝ち馬
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン初登板
[NBA2019~20(各種制限)] 再開 八村塁選手の活躍
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 大一番 朝乃山VS照ノ富士
[欧州4大リーグ2019~20] 各リーグの優勝チームが決まりました。
[NPB2020(観客数制限)セリーグ] 巨人が首位
[NPB2020(観客数制限)・パリーグ] ソフトバンクが首位
[陸上・東京選手権2020(無観客)] 男子800m クレイ・アーロン・竜波選手 快勝!
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 今季初登板・初勝利
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平「投手」 久しぶりの登板
[競馬コラム274] エネイブル号 G1レース11勝目!
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 中日を終えて
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 登場
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 3年目のシーズンイン
[MLB2020(無観客)] 筒香嘉智選手 メジャーデビュー戦で2ランホームラン
[MLB2020(無観客)] 秋山翔吾選手 メジャー初打席・初ヒット・初打点
[MLB2020開幕戦(無観客)] マックス・シャーザー投手とゲリット・コール投手の投げ合い
[MLB2020(無観客)] ついに開幕 今シーズンの試合数など
[大相撲2020・7月場所5日目(観客数制限)] 5戦全勝の力士達
[セリエA2019~20(無観客)] クリスティアーノ・ロナウド選手 驚異の得点力
[競馬コラム273] ビワハヤヒデ号 30歳の大往生
[大相撲2020・7月場所初日(観客数制限)] お行儀の良い観客の皆さん
[ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020(観客数制限)] 一山麻緒選手と前田穂南選手
[FIFAワールドカップ2010準決勝] スペインチーム 「パスサッカー」の完成
[温故知新2020-陸上競技11] 男子400m競走 オリンピック金メダリストの記録
[NPB2020(観客数制限)] 戸郷翔征投手 開幕3連勝!
[NPB2020(観客数制限)] DeNA 7月15日まで16試合連続「○●○●・・・」のNPB記録更新
[大相撲2020・7月場所(観客数限定)] 活躍が注目される10名の力士
[温故知新2020-競泳8] マーク・スピッツ選手とマイケル・フェルプス選手
[リーガエスパニョーラ2019~20(無観客)] 久保建英選手 今シーズン4点目!
[アメリカ・カレッジスポーツ2020] アイビーリーグが秋季のスポーツを中止
[温故知新2020-ボート] 男子エイト オリンピックのメダル獲得チーム
[NPB2020・パリーグ(無観客)] 楽天ゴールデンイーグルスの快走
[NPB2020・セリーグ(無観客)] 阪神タイガース 3連勝
[温故知新2020-陸上競技10] 110mハードル 金メダリストの記録
[競馬コラム272-日本馬の海外挑戦14] 2011年 ヴィクトワールピサの快挙
[温故知新2020-競泳7] 男子100m自由形 オリンピック金メダリストの記録
Entry TAG
MLB2018・大谷翔平選手新人王に輝く  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031