FC2ブログ
HOME   »   日本プロ野球  »  [NPB2018シーズンオフ] FA選手が「年俸の壁」を突き破るのか?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 過去の日本球界における高年俸選手は、以下の通りと報じられています。(推定金額とも報じられます)

① 佐々木主浩 6億5000万円(2004年、2005年)
② 松井秀喜 6億1000万円(2002年)
③ 阿部慎之助 6億円(2014年)
  黒田博樹 6億円(2016年)

 いずれも、日本プロ野球にその名を刻む名プレーヤーが並んでいます。
 特に、佐々木主浩投手と松井秀喜選手の年俸は、投手と野手の「上限」という意味合いが強いものでしたし、現在でもその位置付けは変わっていないように観えます。

 確かに、21世紀になって、「圧倒的な実力」をNPBで示し、共にMLBに挑戦して、大活躍した両選手は、NPBのトップクラスの選手にとっての大きなメルクマールになっているのは間違いありません。

 一方で、各々の選手を評価する際に、「佐々木と比べて」「松井と比べて」という話になり、契約交渉の際にも「さすがに佐々木以上と言うことは無いだろう」「松井以上と言うことは無いだろう」ということになって、NPBトップクラスの選手にとっての「年俸キャップ」としての機能を果たしてきたのでしょう。
 別の言い方をすれば、もっと稼ぎたいという選手にとっては「壁となる存在」であったとも言えそうです。

 しかしながら、2018年シーズンオフ、FA宣言をした浅村栄斗内野手(27歳、西武ライオンズ)に対して、ソフトバンク・ホークスが4年・28億円前後の大型契約を用意していると報じられたのです。
 年俸に換算すれば7億円です。
 佐々木投手の6億5000万円を大きく超える金額が提示されたことになります。

 加えて、「4年契約」というのが凄いところでしょう。
 前述の佐々木投手や松井選手が、1~2年の年俸金額であったのに対して、浅村選手にソフトバンクが提示しようとしていると報じられている契約は4年なのです。

 この「大型契約」は実現すれば、日本プロ野球の年俸上限、契約体系に、大きな影響を与えるものとなります。(もちろん、他の球団からより魅力的な契約が提示される可能性もあります)

 様々な要因の下で、NPBの年俸はMLBに比して低いのです。
 例えば、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は、年俸21億円・7年契約です。
 単年の金額も、例えばNPB2005年の佐々木投手の3倍ですし、何より「7年」は長い。

 もちろん、各球団の財務状況や、企業としての儲ける力、といった面で、MLBはNPBより遥かに強く大きいことがベースになっているのでしょうから、「NPBは低いから上げるべき」などと簡単に言うことは出来ないことなのでしょう。
 そもそも、NPBの各球団は「企業として黒字なのかどうか」が何時の時代も指摘されてきているのです。
 一般的には「赤字企業が高年俸を払う」というのは、不自然なことです。

 とはいえ、「親会社の広告手段として十分な価値が有り、親会社がとても高収益」ということであれば、球団単体の収支や財務力が弱くとも、高年俸を払い得ることになるのでしょう。

 2018年のシーズンオフになって、NPBのFA選手が「高年俸を目指す姿勢」を明確にしているように観えます。プロ選手としては、当然のことなのかもしれません。
 西勇希投手(27歳、オリックス・バッファローズ)に対しても、ホークスは4年・20億円前後の契約を用意していると報じられていますし、丸佳浩外野手(29歳、広島カープ)にはカープから3年・12億円(含む出来高払い)の契約が提示されたにもかかわらず、丸選手はFAを宣言しています。そして、読売ジャイアンツが6年・25億円前後の契約を用意しているとも報じられているのです。

 NPBトップクラスの選手たちが、こうした大型契約をものにすることとなれば、当然ながら、他の選手達の来シーズン以降の年俸契約交渉にも甚大な影響を与えることになるでしょうし、NPBプレーヤー全体の年俸底上げに結びつく可能性もありそうです。

 MLBでは、「年俸30億円超」のプレーヤーが既に居ますし、今オフシーズンでも新しい「30億円プレーヤー」の誕生が予想されています。

 一方で2018年は、NPBにとって「新しい水準・タイプ」の契約方法が生まれる年になるのかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬] マイルチャンピオンシップ2018の注目馬
NEW Topics
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
[FIFAワールドカップ1978決勝] アルゼンチンチーム 初優勝
[競馬(無観客)] 桜花賞2020の注目馬
Entry TAG
NPB2018・FA選手が年俸の壁をやぶるのか?  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031