FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬コラム53] ハイセイコーのNHK杯
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 NHK杯競走というのは、現在のNHKマイルカップの前身となったレースです。1953年・昭和28年から1995年までの43年間に渡って、東京競馬場の芝2000mで行われた3歳馬限定のレースでした。

 NHK杯は、東京優駿(日本ダービー)競走のトライアルレースという位置づけでした。

 我が国でテレビ放送が開始された昭和28年・1953年、NHKは日本ダービーの放送を企画しましたが、その際に、日本ダービーの放送に注目が集まるように、それまでなかった日本ダービーのトライアルレースをNHKの冠名を付けて創設しようということになり、中央競馬会もこれを認め、NHK杯が始まりました。

 NHK杯創設当初は、その年の皐月賞馬を始めとする3歳有力馬が参戦しましたが、次第にNHK杯の優勝馬は日本ダービーには勝てなくなりました。競馬全体のレベルアップもあってか、中二週のローテーションで大レースを2つ使うのは、3歳馬には厳し過ぎるということになり、日本ダービー制覇を目指す有力馬はNHK杯への出走を回避するようになったのです。NHK杯のレースの格式が次第に下がって行きました。

 丁度その頃、外国産馬は日本ダービーに出走できませんでしたから、外国産馬が出走できるG1競走を創設しようとする動きと、NHK杯の再興を目指す動きが相まって、1996年にNHKマイルカップが創設されました。NHKマイルカップは、その名称が確定するまでの間「(仮称)NHKマイルダービー」と呼ばれていたのは、そのためです。

 2000年に日本ダービーが、外国産馬に開放されるまでの4年間、僅か4年間でしたが、NHKマイルカップには、世代最強の外国産馬が集まりました。1997年にシーキングザパール、1998年にエルコンドルパサーが優勝していますが、この2頭のその後の大活躍が、この頃のこのレースのレベルの高さを証明しています。

 さて、話をNHK杯に戻します。ダービートライアル時代のNHK杯には、1970年代までは、皐月賞優勝馬や日本ダービーを目指す3歳有力馬が集いました。幾多の名馬が挑戦したレースでしたが、やはり外すことができないのが、1973年の第21回NHK杯「ハイセイコーのNHK杯」であると思います。日本競馬史に残るレースでした。

 大井競馬場所属であったハイセイコーが、そのあまりの強さから中央競馬に進出し、1973年の弥生賞、スプリングステークス、そして皐月賞と勝ち続け、地方競馬と通算して9連勝としました。そして、NHK杯に駒を進めたのです。

 1973年・昭和48年は、日本の高度成長期のピークの年でした。昭和40年代に我が国は驚異的な成長を続け、国民の所得も倍増していました。絵に描いたような好景気の時代だったのです。こうした時代の流れに乗ったのでしょうか、地方から出てきた競走馬が中央のエリート馬達に勝ち続けるという状況のせいなのでしょうか、510㎏を超える黒鹿毛の立派な馬体のせいでしょうか、大変なハイセイコーブームが起こったのです。

 この時のブームは、中央競馬史上空前絶後のものでした。競馬ファンはもちろんとして、それまで全く競馬を知らなかった人々も、ハイセイコーに注目し、競馬場に足を運び、テレビ放送を食い入るように見つめました。我が国で、一部のファンのためのギャンブルとも言われていた競馬が、市民権を得たのはこの時であったと思います。

 そのハイセイコーブームのひとつのピークが、NHK杯競走でした。9連勝のハイセイコーが、府中の東京競馬場に初めて登場するのです。ハイセイコーが負けるなどと考える人は、ほとんど居ませんでした。
 東京競馬場には16万人を超える観客が集まり(当時の新記録)、単勝支持率は83%であったと記憶しています。

 レースでは、ハイセイコーがいつものように好位に付けて、馬群が4コーナーを回ります。長い府中の直線です。
 ところが、ハイセイコーが伸びて来ないのです。直線半ばになっても、ハイセイコーは4・5番手です。フジテレビの盛山アナウンサーが叫びます。「ハイセイコー、あと200だ、あと200しかないよーん」。

 残り200m。ここからのハイセイコーの伸び脚は驚異的でした。外を走るディクタボーイを抜き去り、内のカネイコマを一完歩毎に追い上げて、アタマ差交わしたところがゴールでした。場内に響き渡っていたもの凄い悲鳴が、大歓声に変わりました。ハイセイコーは、勝ったのです。

 単勝配当は100円。100円元返しでした。110円、120円というレースは多々ありますが、これだけの大レースでの100円元返しは珍しいものです。中央競馬では、単勝支持率が75%を超えると元返しになると聞いていますが、このレースでのハイセイコーの単勝支持率はこれを遥かに上回るものだったのです。
 馬券はギャンブルなのですからクレームが出そうなものですが、100円元返しでもファンは大満足していたように、私には感じられました。「ハイセイコーの勝利」が、大多数のファンに取って最重要ポイントだったのでしょう。

 これで10連勝となったハイセイコーに「死角は無くなった」と言う専門家も数多く居ましたが、ファンはしっかりと現実を把握していたのでしょう、次の日本ダービーのハイセイコーの単勝支持率は66%に下がりました。ファンの不安・疑いが表れています。そしてハイセイコーは、日本ダービーで3着に敗れるのです。

 その後も、スーパーアイドルホースとしてのハイセイコー人気は続きましたが、その人気は「判官贔屓」に近いもので、NHK杯時の「神を崇拝」するような人気とは異なるものであったと思います。

 このレースのフジテレビの放送は、本当に名放送であったと思います。悲鳴が渦巻く東京競馬場で「あと200しかないよーん」という名文句。ファンの気持ちを本当に良く表していました。
 これからも中央競馬の沢山のレースがテレビ放送されると思いますが、「よーん」というアナウンスを聞くことは2度と無いと思います。いかに凄いレースであったか、良く解ります。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[欧州サッカー] バイエルンとドルトムント CL決勝進出
NEW Topics
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
Entry TAG
ハイセイコーのNHK杯  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031