FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬コラム223] クラシックレースに勝つためには朝日杯フューチュリティステークスに勝ってはいけないのか?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 朝日杯フューチュリティステークスFSは、阪神ジュベナイルフィリーズJFと共に2001年から行われています。
 2000年まで行われてきた「朝日杯3歳ステークス」からの呼称変更(馬齢表示の国際基準への変更に伴って)により誕生したのです。

 朝日杯FSは、2003年までは「2歳最強牡馬」を決めるレースでした。2004年以降は牝馬も出走できるようになりましたから「2歳最強馬」を決めるものとなりましたが、現実には勝ち馬は牡馬ばかりですので、現在でも「2歳最強牡馬」決定戦という色合いが強いレースだと思います。

 さて、2001年から2017年までの「2歳最強牡馬」17頭の翌年のクラシックレースの成績を見てみましょう。
 朝日杯FSの勝ち馬で、翌年のクラシックレースに優勝したのは、以下の通りです。

① 2012年 ロゴタイプ 皐月賞

 なんと1頭しか居ないのです。
 全体的に観て、朝日杯FSの勝ち馬は、皐月賞や日本ダービーに勝利する以前に、出走すること自体が、なかなか難しい様子です。

 前回の記事で「阪神JFとクラシックレースの関係」を見て、「17頭の内5頭しか」クラシックレースに勝てていないことを書きましたが、朝日杯FSは「17頭の内1頭」しか勝てていないのです。

 これは明確に「朝日杯FSの勝ち馬と皐月賞・日本ダービーの勝ち馬に相関関係は無い」と言って良いでしょう。

 別の言い方をすれば「朝日杯FSの勝ち馬」と「クラシックレースの勝ち馬」は、「別のタイプ」ということになります。

 それにしても、「2歳最強牡馬」がレースを積み、調教を重ねても、3歳時のクラシックレースに歯が立たないというのは、やはり不思議な感じがします。

 朝日杯の勝ち馬は「早熟馬」ということになるのでしょうか。

 20世紀においても、1993年の朝日杯3歳ステークスに優勝したナリタブライアンが「三冠馬」になった例は有っても、シンザンやミスターシービー、シンボリルドルフ、ディープインパクトは、朝日杯FSに相当するレースに勝ってはいません。というか、出走していないと言った方が正確でしょう。
 従って、20世紀においても「2歳時に強い馬と3歳時に強い馬は別」という傾向はあったのです。

 21世紀になって、その傾向が一層顕著になったということになります。

 「17頭の内1頭・51冠の内1冠」となれば、変な書き方で恐縮ですが「クラシックレース=皐月賞・日本ダービー・菊花賞に勝ちたければ、朝日杯FSには勝ってはならない」ということになります。

 とはいえ、やはり「2歳時に強かった馬」が「3歳時にはパッとしない」というシーンばかりを見続けるというのも、競馬ファンとしてはいかがなものかと感じます。
 血統や連勝、不敗馬、ライバル対決といった視点から、サラブレッドの競馬においては「連続性」がとても重要なものでしょう。
 2歳と3歳の間に「大断層」が存在するというのは、競馬の本質から離れすぎているという見方もありそうです。

 数年に一度位は「朝日杯FSとクラシックレースの両方に勝利するサラブレッド」の誕生を見てみたいものだと思うのです。

(2015年12月16日付の記事「[競馬コラム159] 朝日杯フューチュリティステークスと日本ダービー」と同じような趣旨の記事になってしまいました。[競馬コラム159]と似ていることは、本記事を書いた後に気が付きました。この趣旨についての思いが強いことをご了解いただき、ご容赦くださればと思います。)
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[GPファイナル2018女子] 紀平選手の演技に対するロシア関係者の「冷静・公平」なコメント
NEW Topics
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
[日本陸上競技選手権2020競歩20km男子] あってはならない「誤表示」
[世界距離別選手権2020] 日本チームの大活躍
[NPB2020春季キャンプ] 井口監督と吉井コーチを驚かせた 佐々木朗希投手
[UEFA-CL2019~20] 決勝トーナメント1回戦の見所
[フィギュアスケート四大陸選手権2020男子] 鍵山優真選手の健闘
[PGAツアー2019~20・ペブルビーチプロアマ2020] マニング兄弟のラウンド
[競馬コラム252] 2月9日(日)午前8時40分 中山競馬場正門前
[NFLスーパーボウル2020] チーフスのスピンプレー
[NPB2020] 「最強の右打者」 野村克也氏 逝く
[フィギュアスケート四大陸選手権2020男子] 羽生結弦選手の4回転ルッツへの挑戦
[NFL2019~20ポストシーズン] 「逆転」のチーフス
[NFL2019~20ポストシーズン] RBデリック・ヘンリー選手の活躍
[Jリーグ2020プレシーズン] 三浦知良選手が練習試合に登場
[NPB2020春季キャンプ] DeNA オマー・ビスケル氏が特別コーチ
[6か国対抗2020] 開幕
[東京パラリンピック2020] パラリンピアンの大活躍
[全豪オープン2020・男子シングルス] ジョコビッチ選手の強さ
新型コロナウイルス2020のスポーツ界への影響
[NFLスーパーボウル2020] カンザスシティ・チーフスが50年振り2度目の勝利
[競馬コラム251] サクラローレル号 死去
[大相撲2020・1月場所] 照ノ富士と宇良の優勝
[マラソン2020] ヴェイパーフライ問題 ひとまず決着
[NFL2019~20] イーライ・マニング選手の引退
[大相撲2020・1月場所] 霧馬山の大活躍
[NFL2020~21] ラスベガス・レイダーズの誕生
[NBA2020] コービー・ブライアント氏の事故死
[大相撲2020・1月場所後] 豪栄道関が引退表明
[NPB2020キャンプイン前] ワンポイントリリーフの禁止?
[大相撲2020・1月場所・千秋楽] 徳勝龍 14勝1敗で優勝!
[大阪国際女子マラソン2020] 松田瑞生選手 オリンピック代表を引き寄せる快走
[アメリカ野球殿堂2020] デレク・ジータ氏 候補1年目で殿堂入り
[冬季ユース五輪2020] アイスホッケー女子日本代表チーム 金メダル!
[大相撲2020・1月場所] 大一番 徳勝龍が正代を破る。
[アメリカLPGAツアー2020] 畑岡奈紗選手 プレーオフで惜しくも2位
[NFL2019~20ポストシーズン] スーパーボウル2020は 「チーフスVS 49ers」
[ジャパンラグビー・トップリーグ2020] 大盛況
[全日本卓球選手権2020・男子] シングルスは宇田幸矢選手が優勝
[全日本卓球選手権2020・女子] 早田ひな選手が2冠
[bリーグ・オールスターゲーム2020] 定着
[U-23アジア選手権2020タイ大会] 日本代表チーム 最下位でグループリーグ敗退
[NFL2019~20ポストシーズン] ディビジョナル・ゲーム
[全国高校サッカー2019~20・決勝] 静岡学園チーム 逆転で勝利
[大相撲2020・1月場所] 3日目を終えて 大波乱の土俵
[MLB2019オフシーズン] 秋山翔吾選手 シンシナティ・レッズ入り
[全国高校ラグビー2019~20・決勝] 桐蔭学園チーム 悲願の単独優勝!
[大相撲2020・1月場所・初日] 炎鵬関の人気
[全国大学ラグビー決勝2020] 早稲田大学チーム 16度目の優勝
Entry TAG
競馬コラム223・朝日杯FSとクラシックレース  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 1234567891011121314151617181920212223242526272829