FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [UEFA-CL2018~19] 決勝トーナメント1回戦の組合せ決まる。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 グループリーグを終えたUEFAチャンピオンズリーグ2018~19の戦いは、2018年12月17日に抽選が行われ、ラウンド16=決勝トーナメント1回戦、の組合せが決まりました。

 チャンピオンズリーグCLの帰趨に大きな影響を与える「組合せ抽選」ですが、今大会も悲喜こもごもの結果となりました。
 ラウンド16第1戦の日程で観て行きましょう。

[2月12日]
① マンチェスター・ユナイテッドVSパリ・サンジェルマン
② ASローマVS FCポルト

[2月13日]
③ トッテナム・ホットスパーVSボルシア・ドルトムント
④ アヤックスVSレアル・マドリード

[2月19日]
⑤ オリンピック・リヨンVS FCバルセロナ
⑥ リバプールVSバイエルン・ミュンヘン

[2月20日]
⑦ シャルケ04VSマンチェスター・シティ
⑧ アトレティコ・マドリードVSユベントス

 いきなり、マンUとサンジェルマンが激突します。
 準決勝の組合せでもおかしくない豪華なカードとなりました。
 キリアン・エムバペ選手(フランス)、ネイマール選手(ブラジル)、エディソン・カバーニ選手(ウルグアイ)といった、ワールドカップ2018におけるトッププレーヤーを攻撃陣に並べているサンジェルマンと、ロメル・ルカク選手(ベルギー)、ポール・ポグバ選手(フランス)といった、こちらもワールドカップで大活躍したプレーヤーを並べているマンUの戦いは、現代サッカーの粋を集めたものとなるのでしょう。
 いかにも、CLらしいカードでもあります。

 クラブ「3強」の一角レアル・マドリードはアヤックスとの対戦となりました。
 「CLに愛されている」レアルが、どのようなプレーを魅せてくれるのでしょうか。
 もちろん、アヤックスにも十分にチャンスが有ると思います。

 リバプールはバイエルンとの対戦となりました。
 モハメド・サラー選手(エジプト)、サディオ・マネ選手(セネガル)、シェルダン・シャキリ選手(スイス)と、こちらもワールドカップで華々しい活躍を魅せた選手を揃えたリバプールですが、クラブ「3強」の一角バイエルンと戦うこととなったのです。
 バイエルンには、言うまでも無く、ロベルト・レバンドフスキ選手(ポーランド)、フランク・リベリ選手(フランス)、トーマス・ミュラー選手(ドイツ)と揃って居ますから、「互角」の戦いが予想されます。
 リバプールとしては、プレミアリーグの力を示さなくてはならない大会ですので、まさに死闘となるのでしょう。
 ポイントは、サラー選手の働きでしょう。2017~18シーズンのFIFA最優秀選手候補に挙げられたプレーヤーとして、大事な戦いで本来の動きを披露して欲しいものです。

 第1戦の最終日2月20日には、アトレティコ・マドリードとユベントスが対戦します。
 このところ精彩が無いセリエA勢の代表格として、ユベントスには是非頑張っていただきたいものですが、厳しい相手となりました。
 クリスティアーノ・ロナウド選手(ポルトガル)、マリオ・マンジュキッチ選手(クロアチア)、ブレーズ・マテュイディ選手(フランス)と、ユベントスとしては超強力な攻撃陣を擁して、「CLに強い」「リーガ・エスパニョーラ3強の一角」アトレティコとの戦いとなります。アトレティコ・マドリードのCLでの強さは定評が有る所ですから、激戦となるでしょう。

 こうした「豪華」なカード以外にも、バルセロナはオリンピック・リヨンと、シティはシャルケ04との対戦となました。
 順当に行けば、バルセロナとシティの勝利が予想されますが、緒戦の結果次第では、リヨンとシャルケにも十分にチャンスが有るでしょう。

 ローマとポルト、スパーズとドルトムント、この2カードは、戦力的には全くの「互角」でしょう。
 ここまでの勢いを観ると、ポルトとドルトムントが、僅かに優位でしょうか。

 UEFA-CL2018~19は決勝トーナメントに入りました。

 3月5日から3月13日にかけて行われる、ラウンド16第2戦も含めて、世界最高レベルの戦いが繰り広げられるのです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[NFL2018~19] ポストシーズン・ワイルドカードの組合せ決まる。
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930