FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [アジアカップ2019・準決勝] 森保ジャパン イランチームに快勝!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[1月28日・準決勝]
日本3-0イラン

 今大会、対戦相手として最強と観られていたイランチームとの試合で、森保ジャパンは伸び伸びと戦い、3点を奪って快勝しました。

 テレビ中継を観ていましたが、プレーおよびプレーヤーの「輪郭」がしっかりしていて、強いチーム同士の良い試合を感じさせました。

 この感覚は、おそらく「各プレーヤーの無駄の無い動き」と「高いレベルの技術・スピード」が相俟って生まれるものだと考えていますが、相当にハイレベルなゲームであったということでしょう。
 サムライブルーとイランチームの強さ、そしてアジアサッカーのレベルアップをも感じさせる「しっかりとした輪郭」の映像であったと思います。

 前半は、両チームが持ち味を発揮しての競り合いが続きました。
 両チームともにチャンスが有りましたが、両チームの守備陣が良く守り抜きました。
 特に、森保ジャパンのゴールキーパーGK権田選手の左脚でのクリアは、素晴らしいプレーでした。

 後半に入っても拮抗した展開は不変でしたが、日本チームはイランチームの「僅かな隙」を付いて先制しました。
 後半11分の大迫選手のヘディングシュートでしたが、このシュートの「強さ」が際立ちました。「ドーン」という音が聞こえてきそうなシュート。
 決定機に決めることが容易では無いのが国際大会です。これだけキッチリ決めることが出来るという意味で、大迫選手は一層「半端無い存在」に成長しているのでしょう。

 後半22分には大迫選手のペナルティーキックPKが決まって2-0と、日本チームがリードを広げました。このPKも威力十分。迷いの無い高いレベルのシュートです。

 そしてインジュリータイムに入った後半47分、左サイドを駆け上がった原口選手が、ドリブルから強烈なシュートを突き刺しました。
 この迫力・威力もワールドクラスで、ワールドカップ・ロシア大会・決勝トーナメントのベルギー戦でのシュートを彷彿とさせました。原口選手のドリブルからのシュートは、日本代表チームの強力な武器でしょう。

 こうして、「拮抗した試合」にもかかわらず、森保ジャパンが3-0で快勝したということは、「日本チームの決定力が勝った」ということに他なりません。
 現在の代表チームは、歴代日本代表チームの中で最も決定力が高いという感じがします。

 さて、我らが森保ジャパンは決勝に駒を進めました。

 ここまでの試合ぶり、グループリーグを静かに発進し、試合毎にメンバーを入れ替えて、チーム全体の疲労蓄積を抑え、1点差でキッチリと勝ち抜き、チーム構成の検討をも進め、フルメンバーでの準決勝を3点差で快勝する、という「日本チームのドライブ」を観る限り、今大会最強のチームであることは間違いないと思いますが、だからといって「決勝で必ず勝てる」というものではないのが、ハイレベルな国際大会の怖いところでしょう。

 これまで、ワールドカップや各大陸のナショナルチームNO.1を決める大会などにおいて、大会最強と目されていたチームが決勝で敗れ去って行った例は、数多いのです。
 「決勝は特別」なのでしょう。

 チームのピークを準決勝・イランチームとのゲームに持ってきた森保ジャパンの戦略は、見事に成功しました。
 決勝は「残る力の全て」を投入して戦うことになります。

 前半、「少しの運」が森保ジャパンに味方すれば、優勝を手繰り寄せることが出来ると思います。

 これまでのアジアカップの最多優勝記録は日本代表チームの4回ですが、最多記録を塗り替える「5回目の優勝」に向けて、森保ジャパンの健闘が期待されます。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[NFL2018~19・AFCチャンピオンシップ] 第4クオーターの凄まじい攻防
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
Entry TAG
アジアカップ2019・森保ジャパン決勝進出  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930