FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  [全米カレッジフットボール-5] 「20世紀の4大ボウルゲーム」の変化
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 ここまで「20世紀の4大ボウルゲーム」を4回に渡って書いてきました。

 ローズボウル、シュガーボウル、オレンジボウル、コットンボウルという4つのボウルゲームを中核として、20世紀アメリカのカレッジフットボール界は動いていたと思います。

 一方でとても興味深いのは、これらの4大ボウルゲームは「全米NO.1決定戦」ではなかったという点でしょう。

 例えばローズボウルなら、ビッグナイン・カンファレンス優勝校とパシフィックエイト・カンファレンス優勝校が対戦していた時期が長かったように、各会場の近隣の対抗戦形式で戦っていたカンファレンスの優勝チームが登場するなど、出場チームは一定の「歴史に裏打ちされた」ルールの下で決められていたのです。
 我が国の関東大学ラグビーにおける「対抗戦グループ」「リーグ戦グループ」をイメージすると分かり易いのかもしれません。

 こうして各カンファレンスでの成績や、各ボウルゲームでの成績を比較して、「全米NO.1」のチームを「相対的な評価」により選定してきた歴史。

 また、4大ボウルゲームには当初は特定の大スポンサーが付いて居なかったと記憶しています。
 言わば、地元のカレッジフットボールファンが中心となって、大イベントを開催し続けていたのでしょう。

 とはいえ、4大ボウルゲームの規模がどんどん大きくなり、全米の注目度がどんどん上がるに至って、20世紀の後半になると「有名企業スポンサー」が名乗りを上げ、そして4大ボウルゲームへの資金提供を開始しました。
 「注目度が極めて高いイベント」となれば、時代の流れの中では逆らえないことだったと感じます。

 加えて、アメリカ中で「絶大な人気」を誇るカレッジフットボールですから、大スポンサー自らが「新しいボウルゲームを立ち上げる」ようになって来たのです。
 20世紀の後半には、4大ボウルゲーム以外にも、数多くのボウルゲームが発足しました。

 一方で、20世紀終盤になり、「直接対決無しで『全米NO.1』を決める」ことへの様々な意見が出されるようになったことも、ある意味では自然なことですし、従来の様な伝統的な「4大ボウルゲーム」の在り様を支持する意見もある中で、「全米ランキング1位のチームと2位のチームの対戦を観てみたい」といった素朴な感情論(人間に備わっている「強弱」をはっきりさせたいという欲求でしょうか)に、商業ベースでは「必ず成功する*」といった視点からの働き掛けもあってか、「全米NO.1」を決める仕組みが待望されるようになりました。(*カレッジフットボールの観客動員力は非常に高く、2012年シーズンには、1試合平均観客動員数10万人以上が4大学チーム、8万人以上が17大学チーム、4万人以上が60大学チームと、NFL並み、あるいはNFLを凌ぐ動員力が有ると報じられています。もちろん、チケット価格水準は考慮しなければなりませんが)

 そして1998年、「ボウル・チャンピオンシップ・シリーズBCS」が立ち上げられました。「全米NO.1」を決める為に、BCSカンファレンスと呼ばれる、全米における実力上位のカンファレンスの優勝チームが、権威のある各ボウルゲームに登場する仕組みです。
 この仕組みに4大ボウルゲームも組み込まれていったのです。
 BCSは、そのルーティンが度々見直されましたが、2013年まで続きました。

 このトライは2014年に、「カレッジフットボール・プレーオフ」に昇華しました。
 ついに「全米ランキング上位校チームによるトーナメント方式の年間王者決定戦」が始まったのです。4チームによって準決勝と決勝が行われる形式です。
 この制度は、2025年まで継続されることが決まっています。

 この制度の準決勝戦に、伝統的なボウルゲームが「持ち回り」で使用されることとなりました。ローズ、シュガー、オレンジ、コットンの「20世紀の4大ボウルゲーム」もその舞台となったのです。

 さて、アメリカンフットボールはその競技の性格上「1週間に1試合しかできない」ので、こうしたトーナメント形式による「NO.1決定戦」実施には長い時間が必要となります。
 NFLポストシーズンは、そうした競技特性を踏まえて整備されてきた仕組みなのでしょう。

 他方、カレッジフットボールについても、長い年月をかけた試行錯誤の結果として、このような「プレーオフ」が導入されるに至ったのでしょう。こうしたやり方の行く末については、ファンとして注目しつづけたいと思います。

 当然ながら「変革」の影には、「古き良きものを失う痛み」が伴います。

 新年を祝うイベントのひとつとして、大好きなカレッジフットボールの好ゲーム・馴染み深いチーム同士が覇を競うゲーム、を家族揃って観戦するという、「4大ボウルゲームの伝統的・地元ファン」にとっては、「これまであまり観たことが無かったチーム」が「我らがボウルゲーム」に登場するという事態になっているのかもしれません。
 また、もともと入手が難しかったチケットが、一層手に入らなくなっている可能性も有ります。

 ローズボウルならば「1世紀を超える歴史と伝統」を誇りますが、そのローズボウルを始めとする「4大ボウルゲーム」の行く末は、地元ファンならずとも、とても気になるところなのです。

 さて、この「全米王者を決める仕組みの構築」には、「20世紀の4大ボウルゲーム」に、別の2つのボウルゲームが加わりました。
 それについては、その6で・・・。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬コラム227] 3歳牝馬の「登竜門」 チューリップ賞
NEW Topics
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
Entry TAG
全米カレッジフットボール5・4大ボウルゲームの変化  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930