FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB2019・イチロー引退-2] 「THE ヒットメーカー」として
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 日本プロ野球NPBで1,278安打、メジャーリーグMLBで3,089安打を放ったイチロー選手が、史上屈指の「ヒットメーカー」であることに、異議を差し挟む人は少ないでしょう。
 空前絶後の記録と言って良いと思います。

 イチロー選手のプレーヤーとしての目標は、ほぼ「レギュラーシーズンでヒットを打つこと」にあったのではないかと、私は感じています。
 その結果として、イチロー選手の「ヒットに関する記録」は枚挙に暇がないレベルになりました。

 今回は、その中でも特筆すべき記録を挙げようと思います。

① MLB2004年シーズンの262安打

 MLBにおけるシーズン最多安打数です。84年間破られなかったジョージ・シスラー選手の257安打を更新した金字塔。このシーズンのプレー振りは「圧巻」の一語でしょう。
 プレーヤーとしてのイチローを象徴する記録であり、10年後20年後にイチロー選手を語る時、真っ先に採り上げられる記録でしょう。

② NPB1994年シーズンの210安打

 NPBにおいて、当時のシーズン最多安打記録でした。
 その後、この記録は本数では塗り替えられましたが、イチロー選手が示現した「130試合で210安打」という記録の凄さは、現在でも燦然と輝くものでしょう。

 メジャー移籍後、大活躍を続けていた時期のイチロー選手が、「ヒットを沢山打ったという印象のシーズンは?」という質問に対して、「1994年シーズン」と答えていたのを思い出します。

 イチロー選手にとっても「ヒットを打って打って打ちまくったと最も感じたシーズン」は、NPB1994年だったのかもしれません。

③ MLB2001~2010年シーズンの「10シーズン連続200安打越え」

 これももちろんMLB最高記録です。

 それまでの「8シーズン連続」を塗り替えたものですが、やはり「空前絶後」であろうと思います。
 毎シーズン、200安打をクリアした際にイチロー選手へのインタビューが行われましたが、その答えは常に「厳しい戦いだった」というトーンで一貫していました。「シーズン200安打」は、イチロー選手にとって最大・最重要の「必達目標」だったのでしょう。

 2009年に「9年連続」を成し遂げた時のイチロー選手へのインタビューには、本当に「安堵感」が満ち満ちていました。「やっと、この争いを終えることができる」という言葉の重みをひしひしと感じたものです。

 この記録は、イチロー選手の極めて高度なコンディション管理能力をも、如実に示しています。
 世界最高水準の舞台、ベースボールにおける世界で最もハードな職場で、10年間に渡って、大きな故障も無く(故障したとしても短期間で復帰できる状態をキープし続け)、体調を維持し、打撃技術水準も維持していたというのは、「神業」という以外に呼びようが無いでしょう。

 2010年代=現代最高のヒットメーカー、ヒューストン・アストロズのホセ・アルトゥーベ選手は2014~2017年の4シーズン連続で200安打越えを達成しましたが、2018年は故障の為に惜しくも169安打に止まりました。
 もちろん、4年連続200安打越えも素晴らしい記録なのです。
 それを考え合わせる時、イチロー選手の「10年連続」の偉大さが、一層際立つのでしょう。

 2019年3月21日日中、NHK-BS放送で「全て見せます イチロー選手の3,089安打」という番組が有りました。これは再放送でしたが、この日の「引退発表}を予測して放送したものでしょう。

 何回目の視聴でしょうか。その番組を延々と観ることができました。
 
 次から次へとヒットを放つイチロー選手のシーンが連続するわけですが、痛烈な当たりや内野安打と共に印象的だったのは、「二塁ベースの少し左側を抜けて行くヒット」と「テキサスリーガーズヒット」でした。

 MLB初安打も、2004年の258安打目もそうであったと記憶していますが、二塁ベースの左側へのヒット」はイチロー選手が得意とするものであり、イチロー選手「独特のコース」であったと感じます。他の打者では、なかなか観られないコースの打球だからです。
 もちろん、イチロー選手は「狙って」打っているに違いありませんが、あのコースに強い打球を運ぶという技術には、感心また感心です。

 テキサスヒットも数多く登場しました。
 内野手と外野手の間にポトリと落とすヒットですが、これが絶妙です。
 かつて「打撃の神様」と称された川上哲治選手がその晩年に得意としたと言われるテキサスヒットを、イチロー選手は「狙って」打っていたのでしょう。

 「野手が居ないところに打つ」こと、「(1塁に走る)時間を稼げる打球を打つ」ことに、これ程に習熟していたバッターは、イチロー選手だけだったのではないでしょうか。

 「THEヒットメーカー」なのです。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[フィギュアスケート世界選手権2019・男子シングル] ネイサン・チェン選手の大会
NEW Topics
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 再開 ベスト8決まる。
[温故知新-陸上競技13] 男子3,000m障害 オリンピック金メダリストの記録
[全米プロゴルフ選手権2020(無観客)] コリン・モリカワ選手 初優勝
[MLB2020(無観客)・ナショナルリーグ] 8月8日終了時点の各地区の順位
[MLB2020(無観客)・アメリカンリーグ] 15ゲーム前後を終えての各地区の順位
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 2連勝!
[PGAツアー2019~20(無観客)] 全米プロゴルフ選手権大会 開幕
[ルヴァンカップ2020(観客数制限)] 三浦知良選手 53歳5ヵ月10日で先発!
[温故知新2020-陸上競技12] 男子三段跳び オリンピック金メダリストの記録
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] MVPは隠岐の海関
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 照ノ富士関 5年振り2度目の優勝
[競馬コラム275] キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの勝ち馬
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン初登板
[NBA2019~20(各種制限)] 再開 八村塁選手の活躍
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 大一番 朝乃山VS照ノ富士
[欧州4大リーグ2019~20] 各リーグの優勝チームが決まりました。
[NPB2020(観客数制限)セリーグ] 巨人が首位
[NPB2020(観客数制限)・パリーグ] ソフトバンクが首位
[陸上・東京選手権2020(無観客)] 男子800m クレイ・アーロン・竜波選手 快勝!
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 今季初登板・初勝利
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平「投手」 久しぶりの登板
[競馬コラム274] エネイブル号 G1レース11勝目!
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 中日を終えて
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 登場
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 3年目のシーズンイン
[MLB2020(無観客)] 筒香嘉智選手 メジャーデビュー戦で2ランホームラン
[MLB2020(無観客)] 秋山翔吾選手 メジャー初打席・初ヒット・初打点
[MLB2020開幕戦(無観客)] マックス・シャーザー投手とゲリット・コール投手の投げ合い
[MLB2020(無観客)] ついに開幕 今シーズンの試合数など
[大相撲2020・7月場所5日目(観客数制限)] 5戦全勝の力士達
[セリエA2019~20(無観客)] クリスティアーノ・ロナウド選手 驚異の得点力
[競馬コラム273] ビワハヤヒデ号 30歳の大往生
[大相撲2020・7月場所初日(観客数制限)] お行儀の良い観客の皆さん
[ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020(観客数制限)] 一山麻緒選手と前田穂南選手
[FIFAワールドカップ2010準決勝] スペインチーム 「パスサッカー」の完成
[温故知新2020-陸上競技11] 男子400m競走 オリンピック金メダリストの記録
[NPB2020(観客数制限)] 戸郷翔征投手 開幕3連勝!
[NPB2020(観客数制限)] DeNA 7月15日まで16試合連続「○●○●・・・」のNPB記録更新
[大相撲2020・7月場所(観客数限定)] 活躍が注目される10名の力士
[温故知新2020-競泳8] マーク・スピッツ選手とマイケル・フェルプス選手
[リーガエスパニョーラ2019~20(無観客)] 久保建英選手 今シーズン4点目!
[アメリカ・カレッジスポーツ2020] アイビーリーグが秋季のスポーツを中止
[温故知新2020-ボート] 男子エイト オリンピックのメダル獲得チーム
[NPB2020・パリーグ(無観客)] 楽天ゴールデンイーグルスの快走
[NPB2020・セリーグ(無観客)] 阪神タイガース 3連勝
[温故知新2020-陸上競技10] 110mハードル 金メダリストの記録
[競馬コラム272-日本馬の海外挑戦14] 2011年 ヴィクトワールピサの快挙
[温故知新2020-競泳7] 男子100m自由形 オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技9] 男子200m競走 金メダリストの記録
[温故知新2020-自転車] 男子団体追い抜き オリンピックのメダル獲得チーム
Entry TAG
MLB2019イチロー引退2・THEヒットメーカー  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031