FC2ブログ
HOME   »   スケート  »  [フィギュアスケート世界選手権2019・男子シングル] ネイサン・チェン選手の大会
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[2月21日/23日・さいたまスーパーアリーナ]
1位 ネイサン・チェン選手 323.42点(SP107.40、フリー216.02)
2位 羽生結弦選手 300.97点(SP94.87、フリー206.10)
3位 ビンセント・ゾウ選手 281.16点(SP94.17、フリー186.99)
4位 宇野昌磨選手 270.32点(SP91.40、フリー178.92)
5位 金博洋 262.71点(SP84.26、フリー178.45)
6位 ミハイル・コリヤダ選手 262.44点(SP84.23、フリー178.21)

 ネイサン・チェン選手の圧勝でした。

 ショートプログラムSPも素晴らしい演技でしたが、フリースケーティングは「圧巻」でした。
 殆どノーミスの演技でしたが、単にノーミスと言うだけでは無く、ひとつひとつの演目の完成度が見事でした。フリー最初の演目、4回転ルッツを観た時の衝撃、単独の演目としては現在最も難しいとされている演目を完璧に熟しました。
 驚いて観ていると、そのGOEが4点を優に超えて5点に迫っていました。
 単独ジャンプで5点に近い加算点とは凄い・・・。

 この大会というか、現時点のチェン選手の地力の高さを如実に示したルッツジャンプであったと感じます。
 
 次々に繰り出されるその後の演目でも、次々に高い加算点が与えられました。
 スピンやステップといった、ジャンプに比べれば大きな得点が付きにくい演目でも、相当の加算点が付き続けました。
 多くの演目に付いて、羽生選手より上の加算点であったと思います。

 大会前、今年1月の全米選手権大会で「344.22点」という驚異的な得点を叩き出したことが報じられていました。
 何故、世界のフィギュアスケート大国のひとつであるアメリカのNO.1を決める大会が国際スケート連合(ISU)の非公認なのかは不思議なことですが、いずれにしても世界屈指のナショナル選手権大会で340点越えという、とんでもないスコアを記録していたのです。

 そして、その記録が決して「まぐれ」ではなかったことを、さいたまスーパーアリーナで世界中に示したのです。

 当然のことながら、羽生結弦選手がSPの最初の4回転ジャンプを成功していたとしても、今大会はネイサン・チェン選手が優勝していたことでしょう。
 SP1位、フリー1位、それも2位に大差を付けての1位ですから、別次元のレベルに居るのです。

 故障から復帰の羽生選手も素晴らしい演技を魅せてくれました。

 久しぶりのゲームに臨むに際して、自らを懸命に鼓舞し、勝利への執念を示し、試合勘が鈍っていたであろう中で、あれだけのフリーを演じるのですから、オリンピックチャンピオンの名に恥じないというか、「普通?の世界選手権(変な言い方で恐縮ですが)」であれば十分に優勝に値するプレーを魅せてくれました。
 今回は「ネイサン・チェン選手の大会」だったのです。

 それにしても、2018年平昌オリンピックから2019年の世界選手権にかけての1年間における男子フィギュア界の進歩は、凄まじいものであったことを、改めて認識させてくれた大会でした。
 最近の世界選手権の過去のメダリスト達が、全くメダルに届かなかったのです。

 「フリープログラムに4回転ジャンプを4本入れる」選手が「続出」しましたし、最高難度演目「4回転ルッツ」も珍しいものではありませんでした。
 この1年間で、「4回転を飛ぶ」から「何種類の4回転を何回成功させる」時代に、一気に進んだのです。長足の進歩でしょう。

 特にアメリカチームの成長は目覚ましいものです。
 今大会3位となったビンセント・ゾウ選手は、大会前から「メダリストに相応しい選手であることを示す」と公言して、それを実行しました。
 281.16という総合得点は、とても高いレベルのものです。2018年までなら優勝していても不思議の無い水準でしょう。

 「チェン選手とゾウ選手」、アメリカチームは最強の2プレーヤーを得ました。
 この「10歳代の2選手」が、今後の世界の男子シングルを牽引して行く存在なのでしょう。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[フィギュアスケート世界選手権2019] 地元開催で日本チーム完敗
NEW Topics
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
[日本陸上競技選手権2020競歩20km男子] あってはならない「誤表示」
[世界距離別選手権2020] 日本チームの大活躍
Entry TAG
フィギュア世界選手権2019男子・ネイサンチェン選手  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930