FC2ブログ
HOME   »   駅伝・マラソン  »  [女子マラソン] 野口みずき モスクワ世界選手権代表となる!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今年8月モスクワで開催される、世界選手権陸上大会のマラソン代表選手が、日本陸連から4月25日に発表されました。女子マラソン代表には、2004年アテネ・オリンピック金メダリストの野口みずき選手が選ばれました。

 前述のオリンピック金メダルを始めとして、様々な素晴らしい実績を保持し、現在34歳のベテランとなった野口選手が、久しぶりに日本代表として世界大会に出場するのです。モスクワでの活躍が、とても楽しみです。

 野口みずき選手は、高橋尚子選手と共に、我が国の女子マラソン界を代表するランナーですが、その走りの特徴は

① ストライド走法
 野口選手は身長150㎝・体重40㎏と日本人ランナーの中でも「小柄」ですが、その走法はダイナミックなものです。加速の際には、太腿が地面と水平になるまで引き上げられる程のストライド走法です。長距離ランナーには、ピッチ走法とストライド走法がありますが、「野口選手の走法は超ストライド走法」と呼んでも良いくらいに極端なものでした。
 長距離走では、重心の上下が大きいと足腰の負担が大きくなりますから、スタミナの消費が大きいなどの短所になりやすいのですが、ストライド走法の方がどうしても重心の上下移動が大きくなります。我が国の長距離ランナーにはピッチ走法の方が多いのです。
 一方で、ストライド走法の方がより高い絶対スピードを得やすいものですから、競り合いやラストスパートの点では有利といえるでしょう。
 野口選手は超ストライド走法ですから、重心の上下が相当に大きいのですが、その走りで42.195㎞を走り切ってしまうところが、凄いところです。

② ハーフの女王
 野口選手は、その競技歴の初期である1999年の世界選手権ハーフマラソン大会での2位を始めとして、主にハーフマラソンを得意種目としていました。この頃に、前述の超ストライド走法を身に付けたのでしょう。
 そして、2008年の仙台国際ハーフマラソン大会優勝まで、31回走って20回の優勝という素晴らしい成績ですから「ハーフの女王」と呼ばれているのです。フルマラソンに挑戦するようになった2002年以降も、ハーフマラソンレースに出場し続けていたのですから、野口みずきのマラソンは、ハーフマラソンをベースに組み上げられていると言えます。

 従って、野口選手のフルマラソンはハーフマラソンの延長線上にあると考えられます。フルマラソンよりスピードが必要なハーフマラソンで鍛え上げられた走り方で、42.195㎞を押すのです。とても強い足腰、特に太腿と足首の強さ・筋力が、野口マラソンの神髄だと思います。

 しかし、やはり走法の無理が祟ったのか、積年の疲労の蓄積が原因だったのか、アテネの金メダルの翌年ベルリン・マラソンでの2時間19分12秒の日本最高記録での優勝後、野口選手は故障がちになってしまいます。
 股関節の故障や左脚太腿の肉離れ、左足首の疲労骨折などなど様々な故障が発症しました。2008年の北京オリンピックも、代表に選ばれながら故障のため辞退しました。

 正直に言って、オリンピック金メダリストであり、我が国を代表する長距離ランナーでもある野口みずきが、故障続きで30歳を超えた時には、そろそろ引退するべきではないかと思いました。そもそも、野口選手の精神力が続かないのではないかとも思いました。

 ところが、一向に引退する気配がありません。2012年からは、駅伝などのレースにも積極的に挑戦するようになりました。
 走法が変わりました。以前に比べて、上下動が小さくなり、足首のキックも小さくしたように観えます。体への負担を小さくしたことと、年齢による筋力の減少を考慮した走法なのでしょう。創意工夫に溢れていると感じました。おそらく、新走法を着々と自分のものにしていったのでしょう。

 そして、2013年3月10日の名古屋ウィメンズマラソンに挑戦し3位となって、世界選手権モスクワ大会の代表に選ばれたのです。

 もちろん2時間24分5秒というタイムも、3位という順位も、野口みずきには全く満足がいかないものでしょうし、何より野口選手自身が「自分の走りに満足していない」と思います。世界選手権までの半年弱の期間のブラッシュアップが、とても楽しみです。何しろ、我が国を代表する女子ランナーなのですから。

 モスクワ世界選手権の日本女子マラソン代表陣は、現在の我が国最強の女子マラソンランナー木崎良子選手に、野口みずき選手、福士加代子選手の3人です。5人の枠を使い切らず、加えて、回復途上の野口と、ラスト10㎞の走りを身に付けている最中の福士を選んだというのは、日本陸連も思い切った判断をしたものだと思います。良い判断だと考えます。

 最強ランナーの木崎を中心に、野口、福士の二人の実績十分のベテランランナーの、今後のレベルアップと調整力に期待しての代表人選。モスクワ世界選手権大会は、日本陸連のこうした代表選出の考え方・手法が試される大会でもあるのです。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[NPB] 中村紀洋と谷繁元信 2000本安打達成!
NEW Topics
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 再開 ベスト8決まる。
[温故知新-陸上競技13] 男子3,000m障害 オリンピック金メダリストの記録
[全米プロゴルフ選手権2020(無観客)] コリン・モリカワ選手 初優勝
[MLB2020(無観客)・ナショナルリーグ] 8月8日終了時点の各地区の順位
[MLB2020(無観客)・アメリカンリーグ] 15ゲーム前後を終えての各地区の順位
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 2連勝!
[PGAツアー2019~20(無観客)] 全米プロゴルフ選手権大会 開幕
[ルヴァンカップ2020(観客数制限)] 三浦知良選手 53歳5ヵ月10日で先発!
[温故知新2020-陸上競技12] 男子三段跳び オリンピック金メダリストの記録
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] MVPは隠岐の海関
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 照ノ富士関 5年振り2度目の優勝
[競馬コラム275] キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの勝ち馬
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン初登板
[NBA2019~20(各種制限)] 再開 八村塁選手の活躍
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 大一番 朝乃山VS照ノ富士
[欧州4大リーグ2019~20] 各リーグの優勝チームが決まりました。
[NPB2020(観客数制限)セリーグ] 巨人が首位
[NPB2020(観客数制限)・パリーグ] ソフトバンクが首位
[陸上・東京選手権2020(無観客)] 男子800m クレイ・アーロン・竜波選手 快勝!
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 今季初登板・初勝利
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平「投手」 久しぶりの登板
[競馬コラム274] エネイブル号 G1レース11勝目!
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 中日を終えて
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 登場
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 3年目のシーズンイン
[MLB2020(無観客)] 筒香嘉智選手 メジャーデビュー戦で2ランホームラン
[MLB2020(無観客)] 秋山翔吾選手 メジャー初打席・初ヒット・初打点
[MLB2020開幕戦(無観客)] マックス・シャーザー投手とゲリット・コール投手の投げ合い
[MLB2020(無観客)] ついに開幕 今シーズンの試合数など
[大相撲2020・7月場所5日目(観客数制限)] 5戦全勝の力士達
[セリエA2019~20(無観客)] クリスティアーノ・ロナウド選手 驚異の得点力
[競馬コラム273] ビワハヤヒデ号 30歳の大往生
[大相撲2020・7月場所初日(観客数制限)] お行儀の良い観客の皆さん
[ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020(観客数制限)] 一山麻緒選手と前田穂南選手
[FIFAワールドカップ2010準決勝] スペインチーム 「パスサッカー」の完成
[温故知新2020-陸上競技11] 男子400m競走 オリンピック金メダリストの記録
[NPB2020(観客数制限)] 戸郷翔征投手 開幕3連勝!
[NPB2020(観客数制限)] DeNA 7月15日まで16試合連続「○●○●・・・」のNPB記録更新
[大相撲2020・7月場所(観客数限定)] 活躍が注目される10名の力士
[温故知新2020-競泳8] マーク・スピッツ選手とマイケル・フェルプス選手
[リーガエスパニョーラ2019~20(無観客)] 久保建英選手 今シーズン4点目!
[アメリカ・カレッジスポーツ2020] アイビーリーグが秋季のスポーツを中止
[温故知新2020-ボート] 男子エイト オリンピックのメダル獲得チーム
[NPB2020・パリーグ(無観客)] 楽天ゴールデンイーグルスの快走
[NPB2020・セリーグ(無観客)] 阪神タイガース 3連勝
[温故知新2020-陸上競技10] 110mハードル 金メダリストの記録
[競馬コラム272-日本馬の海外挑戦14] 2011年 ヴィクトワールピサの快挙
[温故知新2020-競泳7] 男子100m自由形 オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技9] 男子200m競走 金メダリストの記録
[温故知新2020-自転車] 男子団体追い抜き オリンピックのメダル獲得チーム
Entry TAG
野口みずきモスクワ世界選手権代表   木崎良子   福士加代子     
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031