FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  [全米カレッジフットボール-10] オハイオ州立大学バックアイズ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 「20世紀の4大ボウルゲーム」の全てに勝っているのがオハイオ州立大学チームです。

 これは「有るようでなかなか無い」記録でしょう。
 バックアイズは、カレッジフットボールの名門チームなのです。

 アメリカ合衆国オハイオ州コロンバスに在るオハイオ州立大学自体が、全米屈指の名門公立総合大学です。
 創立は1870年、公立名門校が集う「パブリックアイビー」のひとつです。

 そのオハイオ州立大学のフットボールチームの活躍は、全米に鳴り響いています。
 
 ローズボウルでは、1950年の初勝利を皮切りに8度の勝利を重ねています。
 今年2019年1月1日に行われたゲームでも勝利しました。

 シュガーボウルでも、1999年の初制覇から2015年までに3度の勝利。

 オレンジボウルでも、1977年に勝利。

 コットンボウルでも、2017年に勝利しているのです。

 出場チームが、決められたカンファレンス所属という「伝統的な条件」がある4大ボウルにおいて、それを全て制覇しているというのは、凄いことだと思います。
 もちろん、ボウル・チャンピオンシップ・シリーズBCSやカレッジフットボール・プレーオフの開始に伴って、伝統的なボウルゲームの出場校が、「全米王者決定戦」に向けて変化してきたことが、全てのボウルゲームに出場できることになった要因のひとつなのですけれども、それにしても、少ない出場機会を活かして勝利するというのは、容易なことではないでしょう。

 数ある「カレッジフットボール名門チーム」の中でも、オハイオ州立大学バックアイズは「21世紀になってもとても強い」チームと言って良いと思います。

 4大ボウルゲームに比べて、少し新しいフィエスタボウルにおいても大活躍しています。
 1983年にピッバーグ大学パンサーズを破って初勝利を挙げると、2002年、2003年、2005年、2015年、とこれまで6勝、2008年、2016年には惜しくも敗れていますが、出場するだけでも大変なことですから、21世紀におけるバックアイズの強さには驚かされるばかりです。

 そして「プレーオフ制度」がスタートした2015年1月12日の全米王者決定戦(AT&Tスタジアム)では、オレゴン大学ダックスを42-20で下して、全米王者に輝きました。

 「21世紀にも強い」オハイオステート・バックアイズですから、NFLで活躍するOBも現役選手が目白押し。

 まずはジョーイ・ボッサ選手。ロサンゼルス・チャージャーズのディフェンスエンドDEです。2016年にデビューし、2017年にはプロボウルにも選ばれました。J.J.ワット選手(ヒューストン・テキサンズ)2世との呼び声も高い、若手ディフェンダーです。

 続いてはエゼキエル・エリオット選手。ダラス・カウボーイズのランニングバックRBです。やはり2016年にデビューし、その年にプロボウル選出。

 続いては、マイケル・トーマス選手。ニューオーリンズ・セインツのワイドレシーバーWR。やはり2016年デビューですが、クオーターバックQBドリュー・ブリーズ選手を中心とした華麗なパス攻撃のチームにおいて、既にエースレシーバーです。

 前述のボッサ選手やエリオット選手、トーマス選手が在籍した頃のバックアイズが強かったのは、自然なことなのでしょう。2014年シーズンの全米チャンピオン、ビッグ・テン・カンファレンス優勝に輝いています。

 続いては、キャメロン・ヘイワード選手。ピッツバーグ・スティーラーズのDEです。2011年デビュー。「鉄のカーテン」を誇るスティーラーズで、プロボウルとオールプロに選出されています。

 続いては、マルコム・ジェンキンズ選手。フィラデルフィア・イーグルスのフリーセイフティFSです。NFLデビューは2009年、ニューオーリンズ・セインツのコーナーバックでした。この2チームで、2010年(第44回)と2018年(第52回)の2度のスーパーボウル制覇に貢献しています。2チームで2度のスーパーボウル、そして2度の制覇というのは、マルコム・ジェンキンズ選手の「星の強さ」を感じます。

 さて、ミシガン大学ウルヴァリンズの記事の中で、ミシガン・スタジアムが全米大学の中で最大と書きましたが、オハイオステート・バックアイズのホーム、オハイオ・スタジアムも100,000人以上を収容する巨大なものです。
 バックアイズは、全米屈指のハイレベルなカンファレンスであるビック・テン・カンファレンスに所属しています。そして、ウルヴァリンズとは伝統的なライバル関係にあります。ただでさえ入手困難なバックアイズ戦チケットですが、オハイオ州立VSミシガンのチケットはなかなか手に入らないそうです。

 ちなみにバックアイズとは「トチノキ」のことで、オハイオ州が”Buckeye State”と称されることに由来しています。
 オハイオ州立大学は、オハイオ州を代表する大学なのです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬] 天皇賞(春)2019の注目馬
NEW Topics
[FIFAワールドカップ1982準決勝] 「死闘」 フランスチーム 延長で2点リードするも勝ち切れず
[競馬コラム258-日本馬の海外挑戦5] 栄光の1998年
[ラグビーワールドカップ2011準々決勝] オーストラリアチームの勝利
2016年~20年のスーパーボウルを彩った新進気鋭のクオーターバック達
[競馬(無観客)] 大阪杯2020の注目馬
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
Entry TAG
全米カレッジフットボール10・オハイオ州立大学  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930