FC2ブログ
HOME   »   ゴルフ  »  [PGA] タイガー・ウッズ ツアー78勝目!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 アメリカ・フロリダ州のTPCソーグラスを会場として、5月9日~12日の4日間に渡って行われた、ザ・プレイヤーズ・チャンピオンシップ・トーナメントは、タイガー・ウッズ選手が通算13アンダーパーの275ストロークで優勝しました。

 このザ・プレイヤーズ・チャンピオンシップは、第5のメジャー大会とも言われるビッグトーナメントです。例えば、この大会の賞金総額は950万ドルですが、マスターズ、全米オープン、全英オープン、全米プロの4大トーナメントの賞金総額は、各々800万ドルですから、ザ・プレイヤーズ・チャンピオンシップの方が遥かに高いことになります。ちなみに、PGAツアーで最も賞金総額が高い大会です。(金額は2012年シーズン)

 こうしたビッグトーナメントを制して、タイガー・ウッズの優勝は今季4勝目、PGAツアー通算78勝目となりました。

 最終日を11アンダーのトップタイでスタートしましたから、タイガーにとっては勝ちパターンでした。トップに立って最終日を迎えると、滅多なことでは負けないのがタイガーなのです。

 この日も、13番ホールまでに2打リードし14アンダーとしましたから、タイガーの楽勝かと思われました。
 ところが、14番ホールのティーショットに失敗し、このホールをダブルボギーとしてスコアを崩し、セルヒオ・ガルシアに12アンダーで並ばれると、15番ホールもセカンドショットがグリーンをヒットせず、2.5mのパーセービングパットを残します。

 私などが観ると、これを外してボギーとしたとしても、ガルシアとは1打差ですから、残り3ホールでの逆転は十分に可能だと思うのですが、タイガーはここで「踏みとどまらなければならない」と考えたそうです。(試合後のインタビュー)

やはり、試合の流れとしては、ダブルボギー→ボギーと2ホールで3打落とすのでは勝てないと考えたのでしょう。易しくは無いパットをキッチリと決め、15番ホールを終えてタイガーとガルシアは12アンダーのまま、16番ホール・パー5を迎えます。

 このホール、タイガーの第2打はグリーン手前のバンカーへ、ガルシアは2オンして長いイーグルパットを残します。
 タイガーのバンカーショットは距離もあり、グリーンも難しいアンジュレーションでしたから易しくは無いと観えましたが、これを40㎝に寄せてバーディ。この難しいグリーンを読み切ってのバンカーショットは、迫力十分でした。
 ガルシアも、イーグルパットは入りませんでしたが、キッチリとバーディとし、両者譲らず13アンダーで17番のパー3です。

 TPCソーグラスの17番パー3は、このコースを代表するホールで、完全なアイランドグリーンですから観客から見てスリリングなことこの上なく、設計者ピート・ダイの思想を良く表しているパー3です。マスコミに採り上げられることも多く、世界的にも有名なホールです。

 完全なアイランドグリーンで、島の淵は垂直に切り立った木に囲まれていますから、ラッキーにオンすることはありません。例えば、手前から水切りショットで乗って行く可能性は限りなく0に近く、一方グリーンヒットしたとしても転がりながら反対側の淵に達すれば、多くの場合池に落ちますから、手前も奥もダメという、少しのミスショットも許されない構造になっています。

 とはいえ救いはあるもので、短いのです。この日も135ヤードでしたから、世界最高水準のプレーヤーにとってはピッチングウェッジPWで狙っていくことができます。このレベルの選手たちにとっては、ショートアイアンそれもPWで打てるのですから、135ヤード先の3mの円に落とすことなど、造作もないことのはずなのです。

 ところが、ビッグトーナメントの緊張からか、遮るもののない大きな池に存在する島ですから、風の影響をまともに受けるためなのか、不思議な程に多くのプレーヤーが池に打ち込みます。
 その点では、マスターズ・トーナメントが開催されるオーガスタ・ナショナルの12番パー3に似ています。
 それでも、オーガスタの場合には、グリーン奥のラフに打ち込んだ場合であればリカバリーショットの可能性が残りますが、TPCソーグラスは手前も奥も池ですから、ミスショットは即スコアダウンに繋がります。

 まず、タイガーが打ちました。最終日のピンは、向かって右端、右の淵から3ヤードの地点に立っていますから、デッドに狙うのは勇気が要る、ハイリスクなショットです。
 タイガーは、グリーンの真ん中に打って行ったように観えました。しかし風の影響があったのか、2ヤード程ショートして、ピンが立っている面とは違う面、下の段に止まりました。距離も10m程残しましたので、タイガーも残念そうでした。

 これを見たガルシアは、ピンに向かって打っていったように観えました。勝負に出たのでしょう。スイングも滑らかでしたから、どこまで寄るかと思いましたが、ボールは失速、グリーン手前1ヤード程の地点に落下しました。ダイレクトで池に落ちたのです。
 気を取り直しての第3打、再びティーグランドからガルシアは打ちました。左側80ヤード地点に設置してある特設ティーを使わなかったのは、特設ティーからだと、ピンの向こうは直ぐに池ですから、突っ込みにくいと考えたのでしょう。
 ティーグランドからの第3打をベタピンに寄せて、このホールをボギーで終わらせ、1打差で18番ホールに臨めば、まだチャンスはあると考えたのでしょう。

 この第3打は、しかし、やはりショートしてグリーン手前の淵をやっと超えましたが、手前にバウンドして、池に落ちてしまいました。これで、セルヒオ・ガルシアの今大会は終わりました。ガルシアは、このホールに7打を要したのです。

 ガルシアが脱落したこともあったのでしょうか、18番パー4のタイガーのティーショットは、滅多に見られない程の完璧なものでした。この18番は、ホールの左側がグリーンまで池になっていて,ペブルビーチ・ゴルフリンクスの18番ホールに似ています。

 少しでも、ドローが掛かりすぎれば池に入りますし、真っ直ぐに打ってしまえば右のラフです。最終日のピンは、池に近いところに立っています。とても難しいホールなのです。タイガーも、このホールに関しては多くの場合右のラフにティーショットを打っていたように記憶していますが、この日のショットは最高でした。完璧なドローボールが、フェアウェイセンターにヒットしました。
 
 そして第二打のアイアンショットも綺麗なドローボールで、ピンに被さるように飛び、ピン奥7m地点をヒット。これを2パットとして、パーでホールアウトしました。
 ガルシアが脱落したとはいえ、新鋭のストリールマンが1打差で追っていましたから、この難しい18番をパーセーブするのは容易なことではありません。これをキッチリと遣り遂げるのがタイガー・ウッズなのです。追っているストリールマンの方が、18番をボギーとしました。

 タイガー・ウッズ選手は、この試合がPGAツアー300試合目の節目の大会でした。そして、優勝しました。300戦78勝、勝率は26%です。4試合に1試合は優勝するという、驚くべき確率です。

 加えて、シーズン4勝目としては、タイガーにとっても最速でした。2000年前後のプライムタイムの時よりも速く4勝目を挙げたわけです。
 試合後のインタビューで「相当良くなっている」と答える今シーズンのタイガー・ウッズには、第二のプライムタイムを実現する可能性が十分にあります。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬] 第74回優駿牝馬(オークス) 注目馬
NEW Topics
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 再開 ベスト8決まる。
[温故知新-陸上競技13] 男子3,000m障害 オリンピック金メダリストの記録
[全米プロゴルフ選手権2020(無観客)] コリン・モリカワ選手 初優勝
[MLB2020(無観客)・ナショナルリーグ] 8月8日終了時点の各地区の順位
[MLB2020(無観客)・アメリカンリーグ] 15ゲーム前後を終えての各地区の順位
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 2連勝!
[PGAツアー2019~20(無観客)] 全米プロゴルフ選手権大会 開幕
[ルヴァンカップ2020(観客数制限)] 三浦知良選手 53歳5ヵ月10日で先発!
[温故知新2020-陸上競技12] 男子三段跳び オリンピック金メダリストの記録
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] MVPは隠岐の海関
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 照ノ富士関 5年振り2度目の優勝
[競馬コラム275] キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの勝ち馬
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン初登板
[NBA2019~20(各種制限)] 再開 八村塁選手の活躍
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 大一番 朝乃山VS照ノ富士
[欧州4大リーグ2019~20] 各リーグの優勝チームが決まりました。
[NPB2020(観客数制限)セリーグ] 巨人が首位
[NPB2020(観客数制限)・パリーグ] ソフトバンクが首位
[陸上・東京選手権2020(無観客)] 男子800m クレイ・アーロン・竜波選手 快勝!
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 今季初登板・初勝利
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平「投手」 久しぶりの登板
[競馬コラム274] エネイブル号 G1レース11勝目!
[大相撲2020・7月場所(観客数制限)] 中日を終えて
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 登場
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 3年目のシーズンイン
[MLB2020(無観客)] 筒香嘉智選手 メジャーデビュー戦で2ランホームラン
[MLB2020(無観客)] 秋山翔吾選手 メジャー初打席・初ヒット・初打点
[MLB2020開幕戦(無観客)] マックス・シャーザー投手とゲリット・コール投手の投げ合い
[MLB2020(無観客)] ついに開幕 今シーズンの試合数など
[大相撲2020・7月場所5日目(観客数制限)] 5戦全勝の力士達
[セリエA2019~20(無観客)] クリスティアーノ・ロナウド選手 驚異の得点力
[競馬コラム273] ビワハヤヒデ号 30歳の大往生
[大相撲2020・7月場所初日(観客数制限)] お行儀の良い観客の皆さん
[ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020(観客数制限)] 一山麻緒選手と前田穂南選手
[FIFAワールドカップ2010準決勝] スペインチーム 「パスサッカー」の完成
[温故知新2020-陸上競技11] 男子400m競走 オリンピック金メダリストの記録
[NPB2020(観客数制限)] 戸郷翔征投手 開幕3連勝!
[NPB2020(観客数制限)] DeNA 7月15日まで16試合連続「○●○●・・・」のNPB記録更新
[大相撲2020・7月場所(観客数限定)] 活躍が注目される10名の力士
[温故知新2020-競泳8] マーク・スピッツ選手とマイケル・フェルプス選手
[リーガエスパニョーラ2019~20(無観客)] 久保建英選手 今シーズン4点目!
[アメリカ・カレッジスポーツ2020] アイビーリーグが秋季のスポーツを中止
[温故知新2020-ボート] 男子エイト オリンピックのメダル獲得チーム
[NPB2020・パリーグ(無観客)] 楽天ゴールデンイーグルスの快走
[NPB2020・セリーグ(無観客)] 阪神タイガース 3連勝
[温故知新2020-陸上競技10] 110mハードル 金メダリストの記録
[競馬コラム272-日本馬の海外挑戦14] 2011年 ヴィクトワールピサの快挙
[温故知新2020-競泳7] 男子100m自由形 オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技9] 男子200m競走 金メダリストの記録
[温故知新2020-自転車] 男子団体追い抜き オリンピックのメダル獲得チーム
Entry TAG
タイガー・ウッズPGAツアー78勝目   セルヒオ・ガルシア  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031