FC2ブログ
HOME   »   バスケットボール  »  [NBAファイナル2019] ゴールデンステイト・ウォリアーズVSトロント・ラプターズ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 NBA2018~19シーズンのプレーオフは、両カンファレンスの決勝が終了して、ファイナル進出チームが決まりました。

[イースタンカンファレンス決勝]
トロント・ラプターズ 4勝2敗 ミルウォーキー・バックス

[ウェスタンカンファレンス決勝]
ゴールデンステイト・ウォリアーズ 4勝0敗 ポートランド・トレイルブレイザーズ

 イースタンカンファレンスCのプレーオフは、バックスが好調な勝ち上がりを魅せました。
 24歳、身長2m11cm、期待の若手プレーヤー、ヤニス・アデトクンボ選手が縦横無尽の活躍を披露して、デトロイト・ピストンズを4連勝で破り、ボストン・セルティックスを4勝1敗で撃破して、カンファレンス決勝に駒を進めたのです。
 ピストンズとセルティックスは、イースタンCにおける伝統のチームであり、プレーオフでは格別の強さを示すことが多いのですが、今季のバックスは悠々と駒を進めたのです。

 そして、カンファレンス決勝の第1戦・第2戦を連勝した時には、このままバックスがファイナルに進出するのではないか、との見方が広がりました。
 気の早いメディアは、「NBAの次代を担うアデトクンボ選手とウォリアーズの戦い」への期待を書き綴ったのです。

 ところがラプターズは、C決勝第3戦から、怒涛の反撃を魅せました。
 カイル・ラウリー選手やカワイ・レナード選手の活躍を中心に、第3戦を118-112で勝利すると、第4戦も120-102で勝ち、C決勝を2勝2敗のタイとしました。
 この段階で、C決勝の流れはラプターズに傾いていたと思いますが、第5戦を105-99のロースコアゲームで制したラプターズが、第6戦も100-94で制して、「4連勝」でファイナル進出を決めたのです。

 一概には言えないのでしょうが、やはり第2戦で125点を挙げたバックスの攻撃を、第3戦以降次第に抑え込んだところに、今季C決勝におけるラプターズの戦い振り、戦略・戦術が滲んでいるように観えます。

 最近のファイナルにおける、レブロン・ジェームズ選手のプレーに代わる活躍(至難の技であることは間違いありませんが・・・)が期待されたアデトクンボ選手でしたが、今季は残念ながらその姿をファイナルで観ることはできませんでした。

 一方のウエスタンCプレーオフは、「いつものように?」ウォリアーズが強さを見せつけました。
 C準決勝までは、ケビン・デュラント選手が攻撃のエンジンでした。
 プレーオフ緒戦のロサンゼルス・クリッパーズ、第2戦のヒューストン・ロケッツとの戦いはいずれも4勝2敗で危なげなく勝ち進んだ印象です。2敗はしているけれども「余裕含み」という戦い振りであったと思います。

 そして、その大エンジンたるデュラント選手が「右ふくらはぎ」の故障で戦列を離れると、今度はステフィン・カリー選手が取って代わり、攻撃の大エンジンとなったのです。
 ウォリアーズの「二枚看板」の威力をまざまざと見せつけたC決勝は、トレイルブレイザーズを相手にスイープしました。第2戦は3点差、第3戦は1点差、第4戦は2点差と、接戦が続いたのですけれども、試合時間残り30秒を切ってからのウォリアーズの強さは「別格」という感じがしますので、トレイルブレイザーズファンの皆様には申し訳ありませんが、ウォリアーズはまだ「余裕含み」のドライブを続けているのではないでしょうか。

 さてファイナルです。

 5月27日、ウォリアーズのヘッドコーチHCスティーブ・カーは、ファイナル緒戦にケビン・デュラント選手が欠場すると発表しました。加えて、デマーカス・カズンズ選手も大腿四頭筋断裂の怪我から回復していないので出場は不透明とコメントしたのです。

 中心選手2名を欠くというのは、ウォリアーズとしては大きな戦力ダウンを余儀なくされることですけれども、何か、あまり心配していないような様子が感じられるのも、いかにもウォリアーズという感じがします。

 第1戦・第2戦をデュラント、カズンズ抜きで戦い、勝てないようなら、第3戦から投入するという戦略なのかもしれません。
 
 ラプターズとしては、デュラント選手が出場を余儀なくされるような展開に持っていかなければ、ファイナル制覇は覚束ないということになるのでしょう。

 5月31日のファイナル第1戦が、本当に楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[大相撲2019・5月場所・千秋楽] 炎鵬と松鳳山の「大相撲」
NEW Topics
[競馬コラム258-日本馬の海外挑戦5] 栄光の1998年
[ラグビーワールドカップ2011準々決勝] オーストラリアチームの勝利
2016年~20年のスーパーボウルを彩った新進気鋭のクオーターバック達
[競馬(無観客)] 大阪杯2020の注目馬
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
Entry TAG
NBAファイナル2019・ウォリアーズVSラプターズ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930