FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬コラム239] ケンタッキーダービー2019
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2019年のケンタッキーダービーは、5月4日、アメリカ合衆国ケンタッキー州ルイビルのチャーチルダウンズ競馬場ダート左回り2000mコースで行われました。

 アメリカ三冠レースの第1弾ですが、結果は以下の通りです。
1着 カントリーハウス 2分3秒93
2着 コードオブオナー 3/4馬身差
3着 タシトゥス 3/4馬身差
4着 インプロバブル アタマ差
5着 ゲームウィナー 1/2馬身差
6着 マスターフェンサー アタマ差
7着 ウォーオブウィル 1/2馬身差

 カントリーハウスの快勝でした。
 カントリーハウスは、前走アーカンソーダービーG1で3着、前々走ルイジアナダービーG2で4着と勝ち切れないレースが続いていましたが、「本番」で見事に優勝した形です。

 コードオブオナーは、前走フロリダダービーG1で3着、前々走ファウンテンオブユースステークスG2で1着と実績を重ねてきましたが、「本番」では惜しくも2着でした。

 タシトゥスは、前走ウッドメモリアルステークスG2、前々走タンパベイダービーG2を連勝して臨みましたが3着でした。

 つまり、「2019年のアメリカクラシック戦線は『大混戦』」ということになります。
 傑出した馬は居ませんが、毎回とても面白いレースが繰り広げられているということになるのでしょう。

 ちなみに、三冠レース第2弾のプリークネスステークス2019は5月18日に行われ、ウォーオブウィルが優勝しました。
 ウォーオブウィルは、ケンタッキーダービー2019の7着馬です。

 ちなみに、ケンタッキーダービー6着のマスターフェンサーは、日本馬・ジャスタウェイ産駒です。

 2019年のアメリカ三冠レースを締めくくるベルモントステークスは、6月8日(日本時間6月9日早朝)に行われます。
 日本から唯一出走するマスターフェンサーは、馬番3となりました。
 活躍が期待されます。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[UEFAネーションズリーグ2018~19] 第1回大会の決勝は ポルトガルVSオランダ
NEW Topics
Entry TAG
ケンタッキーダービー2019とアメリカ三冠レース  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031