FC2ブログ
HOME   »   ゴルフ  »  [全米オープン2019] 第119回大会の舞台はペブルビーチ・ゴルフリンクス
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 第119回全米オープンゴルフ選手権大会が、6月13日~16日、アメリカ合衆国カリフォルニア州のペブルビーチ・ゴルフリンクスを舞台に開催されます。

 全米オープンは、1895年に開始された、世界屈指のナショナルオープン大会であり、世界四大メジャートーナメントのひとつであり、コースの難易度が最も高いメジャートーナメントでもあります。

 今年の舞台、ペブルビーチ・ゴルフリンクスは、1972年、1982年、1992年、2000年、2010年に続いて6回目の全米オープン開催となります。

 「6回」というのは、オークモント・ゴルフクラブの9回、バルタスロール・ゴルフクラブ・ローワーコースの7回、オークランドヒルズ・カントリークラブ・サウスコースの6回、ウイングドフット・ゴルフクラブウエストコースの5回、シネコックヒルズ・ゴルフクラブの5回、と共に、「全米オープン開催コース」として「定着」しているコースのひとつです。
 さらに言えば、バルタスロールGCやオークランドヒルズCCが、近時は舞台となっていないことと比較すれば、「20世紀から21世紀にかけて、継続して全米オープンの舞台となっている」ゴルフ場のひとつなのです。(既に、2027年の第127回大会の舞台にも内定しています)

 「ペブルビーチ」は、「狭いフェアウェイと懲罰的な深く濃いラフ、そして箱庭的な佇まい」という典型的な全米オープンのコースである「オークモント」と比べれば、おおらかな感じで距離が有り(21世紀のコースとしては短い方に入るのですげれども)、フェアウェイFWのすぐ横まで海が在り、風の強い日であれば18番ホールなどは「飛沫がFWにもかかる」というコースです。
 カリフォルニアの明るい陽射し、真っ青な空、碧い海、白く打ち寄せる波頭。大きな波しぶきがFWの半ばまで飛ぶ姿は、ペブルビーチの名物と言って良いのかもしれません。他の全米オープン開催コースとは異なる、ペブルビーチ独特の「絵」がここかしこに溢れています。

 一方で、「リンクス」という呼称から、全英オープン開催コースに近いかと言えば、それも違っていると思います。
 ドックレッグの形状やラフの在り様がスコットランドやイングランドのリンクスコースとは相当異なりますし、FWの芝の様子やグリーンのコンディションは、まさにアメリカ合衆国のコースという面持ちです。
 また、全英オープン大会で、海の飛沫がFWに、眼に見える量・形で飛んでいるというシーンをこれまで観た記憶がありませんので、「海との距離-水平距離・垂直距離」共に、ペブルビーチは全英オープン開催コース比、とても近いのではないかと思います。

 つまり、ペブルビーチ・ゴルフリンクスは、アメリカ合衆国で造られ、時代と共に、ファンの思いも乗せて成長した、「アメリカンリンクス」とでも呼ぶべきゴルフ場なのでしょう。

 また、「ペブルビーチ」は、マスターズトーナメントの会場である「オーガスタナショナル」や、全英オープン大会の会場のひとつである「セントアンドリュース」らと並んで、世界で最も著名なゴルフ場のひとつです。
 結果として、ゲームのソフトウェアに登場する頻度も、最も多いゴルフコースでしょう。
 ホール毎の形状・景色の違いがダイナミックで、とても美しいので、おそらくはゲームソフトにぴったりなのです。

 ペブルビーチ・ゴルフリンクスは、1972年に初めて全米オープンの舞台としてデビューしました。今から47年前のことです。
 テレビ画面で、初めてこのコースを眼にした時、その従来の全米オープン開催コースとの余りの違い、その「非日常性」に驚かされました。
 そして、この大会はジャック・ニクラウス選手が優勝しました。

 強風吹きすさび海が至近のショット、確か195ヤード位の距離であったと思いますが、ニクラウス選手はこれを4番ウッド(バフィー)で狙って行きました。
 メジャートーナメント、1打が重いメジャートーナメントで、大変な「冒険」だと感じました。低く打ち出されたショットは、空中で大きく曲がりましたが、きっちりとグリーンを捕えました。凄いショットでした。(全て私の記憶ですので、間違っていたらご容赦ください)

 まだ本物の木(パーシモン製)だった4番ウッドや、いくら風が有るとはいえ、195ヤードを4番ウッドで打っていくところなど、隔世の感が有りますが、本当に素晴らしいプレーをテレビで観させていただきました。

 ちなみに、1972年の優勝賞金額は30,000ドルでした。当時の為替レートは1ドル305円位でしたから、9,150,000円位です。現在の優勝賞金額は180万ドル位でしょうから、1ドル110円として1億9800万円となりますから約20倍、こちらも隔世の感が有ります。
 PGAツアーの賞金額は、急激に上がったのです。

 さて、振り返ってみると、ペブルビーチで開催された全米オープンでは、「時代時代を代表するプレーヤー」が勝利を収めていることが多いと感じます。
 1972年がジャック・ニクラウス選手、1982年がトム・ワトソン選手、2000年はタイガー・ウッズ選手が優勝しているのです。

 さて、2019年大会は誰が優勝を飾るのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[UEFAネーションズリーグ2018~19] 第1回大会はポルトガルが優勝
NEW Topics
[NFL2020~21] ペイトリオッツのQBは?
[温故知新2020-女子テニス6] 「豪打」と「悲劇」 モニカ・セレシュ選手
[温故知新2020-陸上競技8] 男子円盤投げ オリンピック金メダリストの記録
[PGAツアー2019~20(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 今期初優勝
[NPB2020(無観客)] ロッテマリーンズ 8連勝!
[競馬コラム271・宝塚記念2020] 「重巧者」 クロノジェネシス 圧勝!
[温故知新2020-男子水球] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[NPB2020(無観客)] 山川穂高選手の逆転3ランホームラン
[温故知新2020-競泳6] 女子200m平泳ぎ 日本チーム「伝統」の種目
[競馬(無観客)] 宝塚記念2020の注目馬
[セリエA2019~20(無観客)] 再開!
[プレミアリーグ2019~20(無観客)] 再開!
[PGAツアー2019~20(無観客)] ベテランの戦い
[NPB2020(無観客)] 開幕3連戦の結果
[温故知新2020-陸上競技7] 女子円盤投げ オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳5] 男子4×200mフリーリレー 日本チームの復活
[温故知新2020-男子ホッケー] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[NPB2020(無観客)] 6月19日 歴史的な開幕
[競馬コラム270-日本馬の海外挑戦13] 2010年 ブエナビスタとナカヤマフェスタ
[温故知新2020-女子テニス5] 「強烈無比なフォアハンド」 シュテフィ・グラフ選手
[温故知新2020-男子テニス6] 初代「ザ・オールラウンダー」 ピート・サンプラス選手
[温故知新2020-女子バレーボール] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[リーガ・エスパニョーラ2019~20(無観客)] 再開!
[PGAツアー2019~20(無観客)] トーナメントの再開!
[温故知新2020-陸上競技6] 男子砲丸投げ オリンピック金メダリストの記録
[ラグビー日本選手権2006・2回戦] 早稲田大学チーム トヨタ自動車チームを破る
[温故知新2020-競泳4] 男子200m平泳ぎ 日本チームの「お家芸」
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] バイエルン 圧倒的な攻撃力
[温故知新2020-女子テニス4] WTAツアー歴代最多勝 マルチナ・ナブラチロバ選手
[温故知新2020-陸上競技5] 女子走り高跳び オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-男子バレーボール] オリンピックにおけるメダル獲得チーム
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 長谷部誠選手 309試合出場!
[温故知新2020-男子テニス5] 「フラットの強打」 ジミー・コナーズ選手
[UEFA-EURO2000準決勝] フランス ポルトガルとの死闘を制す
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
Entry TAG
ゴルフ全米オープン2019・舞台はペブルビーチ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031