FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB2019] 日本人対決 大谷翔平選手が前田健太投手からホームラン!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[2019年6月11日・エンゼルスタジアム]
ロサンゼルス・エンゼルス5-2ロサンゼルス・ドシャース

[2004年6月19日・ドジャースタジアム]
ニューヨーク・ヤンキース6-2ロサンゼルス・ドジャース
(MLB日本人対決・第1号ホームランが生まれたゲーム)

 ドジャースの前田健太投手が先発したインターリーグの1戦、6月11日のエンゼルス戦の1回裏、エンゼルスの3番DH・大谷翔平選手が、右中間スタンドにホームランを放り込みました。

 前田投手の失投というか、甘く入った変化球をキッチリと弾き返した、大谷選手にとって快心の当りであったと思います。
 このホームランは、初速が174km/h、飛距離が127mと報じられています。
 2019年シーズンの大谷選手のホームランの飛距離は2018年と比べてやや落ちていますが、どうやら「強振」していないように観えます。
 このホームランも、しっかりと芯で捕えていて、スイング自体は「軽く」振っているようにさえ観えました。「強振せずに右中間スタンドに運ぶ」というのは、2019年シーズンの大谷選手のテーマのひとつなのかもしれません。

 さて、冒頭に2004年のインターリーグ、ドジャースとヤンキースの試合結果を表記しました。
 このゲームの1回表、ヤンキースの松井秀喜選手が、ドシャース先発の野茂英雄投手からホームランを放ったのですが、このホームランが「MLBにおける日本人選手対決の第1号」だったのです。

 野茂投手の投じたフォークボールを上手く拾い上げた印象の打球は、ライトポール際ギリギリに入る3ランホームランとなったのです。結局この3ランを含めて1回に4点を挙げたヤンキースが、この試合を押し切っています。

 松井選手にとっては2004年シーズンの第12号ホームランでした。
 6月19日時点で12号ですから、やはり長距離ヒッターとしての存在感を示していたことになります。

 一方、この試合の5回裏に、野茂投手もレフトスタンドにホームランを放っています。
 「ガツン」と打った感じの、飛距離十分のホームランでした。

 「MLB日本人選手第1号ホームラン」という記録、「永遠不滅の大記録」保持者・野茂投手の意地の一発というところですが、野茂投手は打つ方でも素晴らしい能力を保持していたことがよく分かります。

 MLB日本人対決の組合せは、他にも色々と可能性があったのでしょうけれども、「野茂VS松井」という、重量級対決というか、看板選手対決から「第1号」が生まれていることは、「いかにも」という感じもします。

 確かに、MLBの日本人投手として最も多くの勝ち星を挙げている野茂投手と、日本人野手として最もホームランが似つかわしい打者の松井選手の対決から、「日本人対決・第1号」が生まれるのは、自然な感じがしますが、この件については、どうやらそうでも無さそうです。
 というのは、ドシャースとヤンキースの対決は、21世紀においては滅多に観られないものだったからです。

 もともと、東海岸を代表するチームであるヤンキースと、西海岸を代表するチームのドジャースは、20世紀においては11度もワールドシリーズで相まみえ、激闘を繰り返していたのです。「MLBの看板カード」といっても良い存在だった訳です。
 ところが21世紀になってからは、ドジャースがなかなかワールドシリーズに進出できないこともあってか、リーグの異なる両チームの対戦はめっきり少なくなっていたのです。(毎年のインターリーグでも相手リーグのどのチームと当たるかは、様々な要素により決められますので、ヤンキースとドジャースの対戦が長い間組まれなかったということになります)
 冒頭の2004年6月19日のゲームは、何と「24年振りのドジャースVSヤンキース」の一戦だったのです。

 その「滅多に戦うことが無いチーム同士の対戦」において、先発投手のローテーションも合って、当然ながら「たまたま」松井VS野茂が実現し、その第1打席で松井選手がホームランを打ったというのですから、これは野球とベースボールの神様が組み上げた「奇跡の一発」と観た方が良さそうです。

 松井選手は、このゲームの第2打席・第3打席で連続三振を喫しています。野茂投手のフォークにきりきり舞いという印象でした。
 野球・ベースボールを通じて圧倒的な威力を魅せた「野茂のフォーク」は、なかなか打てないものなのです。(そうでなければ、両リーグでのノーヒッターなど達成できる筈が有りません)

 その「野茂のフォーク」を、松井選手は第一打席でホームランにしています。
 おそらくは「ボール1~2個分高めに来たフォーク」だったのでしょうが、それでもキャッチャーまで届くときにはワンバウンドしそうな投球を拾い上げた松井選手の打撃は、対野茂英雄ということであれば、「生涯最高のスイング」だったのかもしれません。

 さて、話を2019年に戻します。

 6月11日のゲームで、大谷選手が前田選手から放ったホームランは、「MLB日本人対決・第8号」と報じられました。
 「16シーズン・15年間で8本目」なのですから、やはり、日本人対決でホームランを観るのは、何時の時代も至難の技ということなのでしょう。

 現在、野手の日本人プレーヤーでレギュラーを張っているのは大谷選手だけです。
 
 「日本人対決」の機会を増やすためにも、日本人野手のMLB挑戦が増えてほしいものだと改めて思います。(1ファンの勝手な要望です)
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[NPB2019] やっぱり「もってる」吉田輝星投手 NPB初先発・初勝利
NEW Topics
[競馬コラム258-日本馬の海外挑戦5] 栄光の1998年
[ラグビーワールドカップ2011準々決勝] オーストラリアチームの勝利
2016年~20年のスーパーボウルを彩った新進気鋭のクオーターバック達
[競馬(無観客)] 大阪杯2020の注目馬
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
Entry TAG
MLB2019・大谷選手が前田投手からホームラン  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930