FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [コパ・アメリカ2019] 日本代表チーム 決勝トーナメント進出ならず
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[グループC]

[6月17日・第1戦・サンパウロ]
チリ4-0 日本

[6月21日・第2戦・ポルトアレグレ]
日本2-2ウルグアイ

[6月24日・第3戦・ベロオリゾンテ]
日本1-1エクアドル

 コパ・アメリカ2019ブラジル大会に参加した日本代表チームは、グループCでの戦いで3戦して1敗2引分・勝点2としましたが、各グループの3位チーム同士の比較において3番目となり、決勝トーナメント進出はなりませんでした。

 3位チーム同士の比較において、2番目のパラグアイチームとは勝点2で並んだのですが、得失点差でパラグアイ△1、日本△4となり及ばなかったのです。

 こうして観ると、返す返すも「緒戦の大敗」が堪えました。
 こうした国際大会、世界屈指の国際大会のグループステージにおいては、大敗は絶対に回避しなくてはならないのです。

 今大会には、現在の日本代表チームの主力メンバーの多くが参加できませんでした。
 ヨーロッパのプロリーグで活躍する選手たちの多くが、その契約に「コパ・アメリカへの参加によるクラブチームからの離脱」が盛り込まれていないので、今回の代表チームには参加できなかったようです。

 欧州のクラブチームが「コパ・アメリカに日本チームが参加する」と考えないのは無理もないところですので、参加可能なメンバーで創り上げた代表チームとなったのです。
 そうした中での「大健闘」であったとも言えると考えます。

 今大会を通じて感じたことは、

① 得点力の不足

 これは、常に日本代表チームに対して指摘され続けていることなのですが、今大会も3ゲームで3得点と、弱点は解消されませんでした。
 こうした大きな国際大会で、現在の様な「軽くて操作し易いボールをベースとした攻め合いのサッカー」が主流となっている時代では、3ゲームで3得点では、グループリーグを突破するのは難しいと思います。

 例えば、今大会のブラジルチームは3試合で8得点を挙げています。それも、第2戦で0-0の引分を演じながらの8得点ですから、残りの試合では、特に第3戦のペルー戦は5-0で大勝しているのです。
 こうした爆発力、「取れる時には得点を積み重ねる力」が、グループリーグ突破に向けて大きな力となることは、自明の理でしょう。

② ここぞという局面での勝負強さ不足

 日本チームにも、決勝トーナメント突破のチャンスが十分にありました。
 第3戦・エクアドル戦であと1点を挙げればよかったわけですし、そのチャンスもありました。
 もちろん、その1点が遠いこと、その1点を取ることがとても難しいことは百も承知ですけれども、「その1点が取れない限り決勝トーナメントには進出できない」のです。

 グループBの緒戦でコロンビアに0-2で敗れ、第2戦でパラグアイと1-1で引分け、2戦を終えて1敗1引分と追い込まれながら、第3戦・カタール戦を2-0で勝って、グループBを2位で勝ち抜いた、アルゼンチン代表チームの勝負強さは見事なものです。
 大きな国際大会で勝つ方法を良く知っているというか、伝統として具備しているということなのでしょう。

 「執念」といった空疎な精神論では無く、「プレーの丁寧さ」という種類の力の差という感じもします。

③ コパ・アメリカでの初勝利は遠い

 日本代表チームがコパ・アメリカ(南米選手権)に出場するのは、1999年以来2度目でした。
 1999年大会では、2敗1引分でグループステージ敗退でした。

 20年振りに出場した今大会では1敗2引分でしたから、成績は少し向上したのです。
 この1引分→2引分が「1999年から2019年までの日本サッカーの進歩量」とまでは言えないのかもしれませんが、南米各国のナショナルチームが精魂を傾けて臨む大会で日本チームが初勝利を挙げるのは、何時の事になるのでしょうか。

 今大会のグループリーグを観ても、南米各国のナショナルチームの試合運びの上手さは、相変わらずです。
 華麗なプレーや派手さこそ少ないのですが、「得点の取り方を良く知っている」上に、得点を取った後のプレー、時間の潰し方もとても上手です。

 やはり、ヨーロッパ各国のナショナルチームとは異なるサッカーが、大袈裟に言えば「サッカー文化」が、まだ厳然として存在しているのでしょう。

 「南米の上手なサッカー」を改めて感じさせてくれた、グループステージの戦いでした。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[FIFA女子ワールドカップ2019フランス大会] なでしこジャパン 準々決勝進出ならず
NEW Topics
[ラグビーワールドカップ2019] 決勝トーナメントの行方 パターン2
[ラグビーワールドカップ2019] 決勝トーナメントの行方 パターン1
[大相撲2019・9月場所] 中日を終えての大混戦
[MGC2019・女子] 前田穂南選手 見事な走りで優勝
[MGC2019・男子] 中村匠吾選手 見事な走りで優勝
[全米オープン2019男子シングルス] ラファエル・ナダル選手 4度目の優勝
[MLB2019] 大谷翔平選手 左ひざの手術を受ける。
[ラグビーワールドカップ2019] 世界ランキングから観た一次リーグ
[U-18W杯2019] 台湾代表チーム 「堅守」の優勝
[ラグビーワールドカップ2019] 「日本開催」の意味と価値
[U-18W杯2019] これだけエラーをすると勝てない。
[キリンチャレンジカップ2019] 大迫勇也選手の「クローゼ風」ゴール
[PGAツアー2019~20] 新しいシーズンへ
[MLB2019] 珍しい? ヤンキースの完封負け
[MLB2019] ジャスティン・バーランダー投手とジョージ・ブラッドリー投手
[U-18W杯2019] 石川昂弥選手 起死回生の3ランホームラン
[U-18W杯2019] 日本チーム アメリカチームの連勝を止める
[大相撲2019・9月場所] 活躍が期待される10名の力士
[世界柔道選手権2019] 日本代表チームの健闘
[LPGA2019] 鈴木愛選手 ニトリレディス大会 快勝!
[NFL2019~20シーズン開幕迫る] スーパーボウル 雑感
[MLB2019] 田中将大投手と菊池雄星投手の初対決は、田中投手に軍配
[MLB2019] ダルビッシュ有投手 8回1失点で5勝目
[夏の甲子園2019] 完投した両投手の投球数は 合計202球
[ホッケー2019] 大井ホッケー競技場の東京オリンピック2020テスト大会
[ツアー選手権2019] ロリー・マキロイ選手 2度目の「年間王者」
[バドミントン世界選手権2019] 日本チーム 2種目で優勝 2種目で準優勝
[MLB2019] ヒューストン・アストロズの素晴らしい先発陣
[MLB2019] その試合を、どのようにして「特別」なものにするのか。
[男子100m競走2019] クリスチャン・コールマン選手 2年間の資格停止処分?
[夏の甲子園2019・決勝] 「鉾」が「盾」に勝ったゲーム
[MLB2019] 菊池雄星投手 MLB初完封勝利!
[NPB2019] 残り約30試合 ペナントレースの行方
[ツアー選手権2019] ラウンドを始める前から10アンダーパー?
[夏の甲子園2019・準決勝] 星稜の投手陣 「逆転」の中京打線を零封
[夏の甲子園2019・準決勝] 「骨太」の履正社打線が中森投手を攻略
[PGAツアー2018~19] 松山英樹選手 6年連続ツアー選手権大会出場
[夏の甲子園2019] 8回裏 逆転満塁ホームラン
[夏の甲子園2019] 延長14回タイブレーク
[夏の甲子園2019] 敦賀気比・杉田翔太郎選手 サイクルヒット
[NPB2019] 山田哲人選手 30号本塁打 4度目の30・30へ
[NPB2019] ヤクルトスワローズ・村上宗隆選手の大活躍
[夏の甲子園2019] 3回戦の組合せ
[夏の甲子園2019] 守備の時に「脚が痙攣」する。
[セーリング470級世界選手権2019] 吉田・吉岡組2位 東京オリンピック2020代表内定
[夏の甲子園2019] キャッチャーフライでタッチアップ→進塁!
[夏の甲子園2019] 10回表に2盗、3盗
[夏の甲子園2019] バントが上手い広島商チーム
[夏の甲子園2019] 習志野チーム 伝統の粘り
[NPB2019] 読売ジャイアンツ 0-7からの逆転勝利
Entry TAG
コパアメリカ2019・日本チーム決勝T進出ならず  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930