FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [FIFA女子ワールドカップ2019フランス大会] なでしこジャパン 準々決勝進出ならず
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[6月25日・ラウンド16・Roazon Park]
オランダ2-1日本

 グループDを2位で通過し、ラウンド16に駒を進めたなでしこジャパンですが、オランダに敗れ、ラウンド8への進出はなりませんでした。
 1-1で迎えた後半45分、痛恨のペナルティーキックPKによる失点でした。

[グループDの戦い]
① 6月10日 日本0-0アルゼンチン
② 6月14日 日本2-1スコットランド
③ 6月19日 イングランド2-0日本

 グループステージも大変苦しい戦いが続きましたが、なんとかクリアした所は、なでしこらしい粘り強さでした。
 この不思議なほどの「上に行く強さ」は、おそらく「なでしこの伝統」なのでしょう。

 しかし今大会の決勝トーナメントでは、その伝統の力を発揮することができませんでした。残念な結果となったのです。
 オランダ戦における再三の決定的なチャンスを物にできなかったことは、痛恨でしょう。

 この大会を通じて、なでしこの戦い振りから感じたことは以下の通りです。

① 得点力不足

 グループステージ3試合で2得点、ノックアウトステージ1試合で1得点、計4試合で3得点では、いかにも苦しい。伝統の粘り強さを発揮するにも不十分でしょう。

 グループAのフランスチームは3試合で7得点、グループBのドイツチームは3試合で6得点、グループCのイタリアチームは3試合で7得点、グループEのオランダチームは3試合で6得点、グループFのアメリカチームは3試合で18得点!(緒戦のタイチームとのゲームで13-0と大勝しました)と、有力チームはキッチリと「1試合2得点」を示現しています。

 もちろん、このレベルで1試合・2得点が至難の技であることは分かりますが、その至難の技を実現できなければ、これらのチームと戦って行くのは難しいということにもなりそうです。

② 淡白なプレー振り

 特に、パスが自分の位置から1~2m位離れたところを通った時に、なんとかボールを確保する、取りに行く、というプレーが足りなかったように観えました。

 パスの出し手も、相手チームのプレーヤーとの競り合いから正確なパスばかりを出せるわけでは無いので、受け手の頑張りが重要なことは言うまでもありません。
 かつてのなでしこは「ボール確保への努力」を惜しみませんでしたが、この大会では、1~2m位離れたところを通るパスやクロスに喰らいつくシーンが少なかったように観えました。見送っているのです。

 男女を通じての若手プレーヤーの傾向かと思いますが、「綺麗に嵌ったプレー」では素晴らしいパフォーマンスを魅せてくれるのですが、ボールが「少しズレる」と全く機能しないことが、多いように観えます。
 前述の理由により「綺麗に嵌ったプレー」は滅多に観られないものですから、少しくらいズレてもボールを確保する努力というか、少しズレることを前提として自らの体制を整えておくことを励行すべきなのでしょう。

 「ボールを奪われた時」、取り返すためにしつこく相手プレーヤーを追いかけるという、泥臭いプレーは、とても大切なものでしょう。
 男子ウルグアイ代表のカバーニ選手は、相当長い間、相当長い距離、ボールを取り返しに行くプレーが印象的ですし、かつての日本代表・ラモス瑠偉選手も奪われたボールを取り返しに、相当長い間相手プレーヤーを追い詰めていました。
 こうした行動により、相手チームが自由にパスを回すことを防ぐ効果、ディフェンス効果が大きいことは言うまでもありませんし、相手から再びボールを取り返すことができれば、攻撃のチャンスが増えます。(豊富な運動量とそれを支える体力が無ければできないことは、言うまでもありません)

 こうした泥臭いプレーは、世界の一流選手の多くに観られるものでしょう。
 こうしたプレーを数多くの選手が励行するチームは、相手チームから嫌がられるチーム、最終的には「強いチーム」であることは明白です。

 今回のなでしこジャパンは、これまでに比べて、やや淡白なチームであったと思います。
 もともと、体格面で劣るなでしこが淡白になってしまっては、国際大会でなかなか勝つことは出来なくなってしまいます。

 チームを叱咤激励し、泥臭いプレーの継続を牽引するリーダー的存在としての澤穂希選手、セットプレー等でピンポイントの極めて正確なパスを出すことにより体格差をカバーするプレーを示現し続けた宮間あや選手、の2名の偉大なプレーヤーが居なくなったなでしこジャパンは、今後どのように戦って行ったらよいのか。

 若きなでしこが、真剣に考え、苦しい中で実行して行かなくてはならない重い課題なのでしょうが、「新生なでしこジャパン」の確立に向けて、是非とも実現して行っていただきたいものだと思います。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[NPB交流戦2019] ソフトバンク・ホークスが8度目の制覇
NEW Topics
[MLB2019] 菊池雄星投手 MLB初完封勝利!
[NPB2019] 残り約30試合 ペナントレースの行方
[ツアー選手権2019] ラウンドを始める前から10アンダーパー?
[夏の甲子園2019・準決勝] 星稜の投手陣 「逆転」の中京打線を零封
[夏の甲子園2019・準決勝] 「骨太」の履正社打線が中森投手を攻略
[PGAツアー2018~19] 松山英樹選手 6年連続ツアー選手権大会出場
[夏の甲子園2019] 8回裏 逆転満塁ホームラン
[夏の甲子園2019] 延長14回タイブレーク
[夏の甲子園2019] 敦賀気比・杉田翔太郎選手 サイクルヒット
[NPB2019] 山田哲人選手 30号本塁打 4度目の30・30へ
[NPB2019] ヤクルトスワローズ・村上宗隆選手の大活躍
[夏の甲子園2019] 3回戦の組合せ
[夏の甲子園2019] 守備の時に「脚が痙攣」する。
[セーリング470級世界選手権2019] 吉田・吉岡組2位 東京オリンピック2020代表内定
[夏の甲子園2019] キャッチャーフライでタッチアップ→進塁!
[夏の甲子園2019] 10回表に2盗、3盗
[夏の甲子園2019] バントが上手い広島商チーム
[夏の甲子園2019] 習志野チーム 伝統の粘り
[NPB2019] 読売ジャイアンツ 0-7からの逆転勝利
[夏の甲子園2019] 国学院久我山チーム 甲子園初勝利
欧州4大リーグの2019~2020年シーズン 開幕迫る!
[夏の甲子園2019] 珍しい 2試合連続の「1-0」ゲーム
[MLB2019] ジャスティン・バーランダー投手の活躍
[夏の甲子園2019] 「甲子園」で実力を発揮することの難しさ
[全英女子オープン2019] 渋野日向子選手 メジャー初出場・初優勝
[競馬コラム243] ディアドラ号 ナッソーステークスG1を快勝
[夏の甲子園2019] 活躍が期待される10チーム
[世界水泳選手権2019・男子200mバタフライ] クリストフ・ミラーク選手 驚異的な世界新記録
[世界水泳選手権2019・女子200m背泳ぎ] 17歳のレーガン・スミス選手 圧勝!
[世界水泳選手権2019] 短距離の王者 ケレブ・ドレセル選手
[競馬コラム242] 「優駿」 ディープインパクト号 逝く
オシムが語る2つの東京五輪
[世界水泳選手権2019・競泳] 日本代表の獲得メダルは6個
[大相撲2019年7月場所] 照強の15日間
[世界水泳選手権2019] 「4連覇」 カティンカ・ホッスー選手とケイティ・レデッキー選手
[コパアメリカ2019準決勝] ブラジルとアルゼンチンのメンバー構成
[コパアメリカ2019] 準々決勝4試合の内3試合がPK戦
[東京オリンピック2020] メダルのデザインが発表されました。
[大相撲2019・7月場所・千秋楽] 北勝富士と遠藤の大相撲
[MLB2019] 大谷翔平選手の162試合
[全英オープン2019] シェーン・ロウリー選手の見事な優勝
[大相撲2019・7月場所] 横綱・鶴竜 通算6度目の優勝
[陸上競技DL2019ロンドン・男子100m決勝] 小池祐貴選手 9秒98
[MLB2019] ダルビッシュ有投手 長いトンネルを抜けて4月27日以来の勝利!
[WBA世界ミドル級タイトルマッチ] やはり、ビートたけし氏は凄かった。
[MLB2019] 田中将大投手 MLB通算70勝目
[大相撲2019・7月場所・11日目] 4大関 全員が休場
[ウィンブルドンジュニア2019・男子シングルス] 望月慎太郎選手 優勝!
[大相撲2019・7月場所] 安美錦関 引退
[MLB2019] エンゼルス スカッグス選手の追悼試合でノーヒッター
Entry TAG
FIFA女子WC2019・なでしこジャパン準々決勝ならず  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031