FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [セリエA2018~19] ユベントス 悠々と優勝し空前の「8連覇」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 欧州4大リーグの中で、2018~19年シーズンの結果について、イタリア・セリエAが採り上げ未済でしたので追加です。

 2018~19年のセリエAはユベントスが走り、そのまま独走で優勝しました。
 そして、2011~12年シーズンからの「8連覇」を達成しています。
 自身が持つセリエAの連覇記録を、また更新したのです。

[セリエA2018~19の最終順位]
① ユベントス 勝点90 28勝4敗6引分
② ナポリ 勝点79 24勝7敗7引分
③ アタランタ 勝点69 20勝9敗9引分 得失点差31
④ インテル 勝点69 20勝9敗9引分 得失点差24
⑤ ACミラン 勝点68 19勝8敗11引分
⑥ ASローマ 勝点66 18勝8敗12引分
⑦ トリノ 勝点63 16勝7敗15引分

 1位のユーベから4位のインテルまでは、UEFAチャンピオンズリーグCLへの出場権を獲得し、5位と6位はヨーロッパリーグへの出場権を得ました。

 さてユベントスは、2018年8月18日の開幕戦から2019年3月8日の第27節まで「無敗」のドライブを続けました。セリエAにおける今季初黒星は、3月17日のジェノア戦だったのです。

 その後は、最終戦・第38節のサンプドリア戦を含めて3敗、計4敗しましたが、当然のように首位をキープして優勝を決めました。
 
 2019年4月16日には、UEFA-CL・準々決勝におけるアヤックスとの激闘を1-2で落として、CL敗退が決まってしまいましたから、やや意気消沈し、リーグ戦の戦いにも身が入らなかったのかもしれません。
 「セリエAの代表チーム」としてのユベントスへのイタリアサポーターの期待は、当然ながら、とても高いのです。

 今季のユベントスは、フォワードFWにクリスティアーノ・ロナウド選手やマリオ・マンジュキッチ選手といった世界的ストライカーを並べて、「得点力の向上」を目指し、リーグ戦においてはその狙いが当たったという形でしょう。
 一方で、イタリア杯とUEFA-CLは共に準々決勝で敗退していますから、カップ戦では思ったような成績を残せなかったのも事実でしょう。
 不完全燃焼の1年であったとも言えそうです。

 今季のセリエAでは、2位のナポリも堅実なシーズンを送りました。
 変な言い方ですが「悠々と2位を確保した」感じがします。
 チーム得点上位3選手、アルカディウシュ・ミリク選手(ポーランド)17得点、ドリース・メルテンス選手(ベルギー)16得点、ロレンツォ・インシーネ選手10得点を中心とした攻撃が機能していて、各ゲームでしっかりと得点を挙げたのです。
 ナポリは2017~18年シーズンに続く2位であり、UEFA-CLでの戦いも含めて、今やセリエAの看板チームとしての地位を固めつつある感じでしょう。

 2018~19年シーズンのセリエAにおける最大の競り合いは、4位インテルと5位ACミランのUEFA-CL出場権を賭けた争いでしょう。
 第37節でインテルがナポリに1-4で大敗して、俄然ACミランにもチャンスが生まれたのです。
 最終第38節、ACミランはSPALフェッラーラに3-2で勝利しましたが、インテルもエンポリを2-1で下して4位を確保しました。

 本来なら、リーグ優勝争いに参画してほしいインテルとACミランの、やや寂しい順位争いと言えるかもしれません。

 得点王争いは、サンプドリアのファビオ・クアリャレッラ選手が26点で制しました。36歳のベテランがその力を発揮したのです。
 得点ランキング2位にはアタランタのドゥヴァン・ゼパタ選手(コロンビア)が23得点で入り、3位はACミランのクリシュトク・ピアテク選手(ポーランド)でした。
 注目のクリスティアーノ・ロナウド選手は、21得点で4位でした。

 2010年代に入り、ユベントスの強さばかりが目立つセリエAですが、一方で国際大会でのイタリア勢の成績は「いまひとつ」という状況です。

 2019~20年シーズンには、ナポリは勿論として、インテルやACミラン、ASロー、アタランタ、マに「ユーベ王朝」の牙城を崩すような戦いを魅せていただきたいものだと思います。
 それが、国際舞台でのセリエA勢の復活にも結び付くのでしょう。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[陸上日本選手権2019・男子1,500m] 「自己新記録」の大会を象徴するレース
NEW Topics
[競馬コラム259-日本馬の海外挑戦6] 2001年 香港競馬における活躍
[FIFAワールドカップ1982準決勝] 「死闘」 フランスチーム 延長で2点リードするも勝ち切れず
[競馬コラム258-日本馬の海外挑戦5] 栄光の1998年
[ラグビーワールドカップ2011準々決勝] オーストラリアチームの勝利
2016年~20年のスーパーボウルを彩った新進気鋭のクオーターバック達
[競馬(無観客)] 大阪杯2020の注目馬
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
Entry TAG
セリエA2018~19・ユベントス悠々と8連覇  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930