FC2ブログ
HOME   »   水泳  »  [水泳] 山口観弘選手 国体で世界新記録
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 残暑は厳しいのですが、秋のスポーツシーズンが開幕しました。各競技花盛りで、週末になると、筆者は嬉しいやら、忙しいやらですが、ビッグニュースが入ってきました。

 9月15日ぎふ清流国体の競泳少年男子A200m平泳ぎで、鹿児島志布志高校の山口観弘(やまぐちあきひろ)選手が、2分7秒01で優勝しました。これは、今年のロンドンオリンピックでハンガリーのダニエル・ジュンタ選手が樹立した記録を0.27秒更新する世界新記録でした。

 国民体育大会で世界新記録が出ること自体が極めて珍しいことで、1948年・昭和23年の古橋広之進選手が競泳300m自由形で記録して以来だといいます。64年振りの快挙です。
 素晴らしいというか、言葉が見つからないほどの壮挙といえるでしょう。

 太平洋戦争終戦後の復興時期に、古橋選手や橋爪選手が世界新記録を連発し、アメリカの競技会などで好成績を上げたことは知られていますが、東京オリンピック以降日本水泳界は長い低迷期を迎えました。

 オリンピックの金メダルというと、1972年のミュンヘンオリンピックの男子100m平泳ぎの田口信教選手、女子100mバタフライの青木まゆみ選手の登場を待たなければなりませんでした。

 この二人の金メダルを観たときに、少数の天才プレーヤーと少数のコーチによる快挙だと感じました。この頃の日本スポーツ界は、水泳に限らずどの競技でも「天才頼み」の状況だったと思います

 その後、鈴木大地選手や岩崎恭子選手のオリンピック金メダルを観たときには、強化体制が整備されてきているなと、感じたものです。日本水泳界の強化体制確立は、関係者の皆さんのご努力により、他の競技に先行して進められてきたように思います。今年のロンドンオリンピックの水泳競技では、参加27名で9個のメダル獲得という、素晴らしい成績を挙げました。
 日本水泳界の様々な分野の関係者の皆さんのご尽力が実ってきているのだと思います。

 さて、そうした中で、今回の山口選手の快挙です。
国体における64年振りの世界新ということは、この64年間に登場した全ての日本人スイマーを、この点では超えたことになります。また、この全てのスイマーの実績に並び得る素質を証明したことになります。なんと楽しみなことでしょう。

 今年4月のオリンピック代表選考会で山口は3位となり、代表の座をを逃しましたが、オリンピック終了後に、日本水泳界のエース北島浩介選手の記録に迫る記録を連発しました。志布志高校在学中の18歳で世に出たわけですが、決して早い登場ではありません。岩崎選手は、14歳でオリンピックの金メダルを獲得しているのですから。

 山口が通う鹿児島県志布志市のスイミングクラブには、専用プールが無く、公営の25mプールで練習を積み重ねたといいます。ここで相当な力をつけて、北島のコーチでもある平井コーチを始めとするコーチ陣の指導を受けることで才能を開花させた形です。北島は特にキック力に優れるスイマーですが、山口は腕力に優れるスイマーだそうです。

 前述の田口信教氏の9月16日の読売新聞のコメントは興味深いものです。「山口は175㎝・67㎏と体重が軽いのもよい」と。田口氏にとっては当然のことを述べているのだと思いますが、大男で筋肉十分のプレーヤーの方が良いと考えてしまいがちな私にとっては「なるほどのコメント」でした。

 それにしても、全国に充実したスイミングクラブ・スイミングスクールが整備されている時代に、25mプールで鍛えた選手が世界新記録を樹立するのは、少し不思議な感じがします。そういえば、2大会連続のオリンピックメダリストである松田丈志選手も、屋根がビニールハウスのプールで練習し強くなったのでした。

 整備された強化体制の中で、日本水泳の実力は確実に底上げされています。高いパフォーマンスを持ったスイマーを継続して排出できる体制が整備されてきているのだと思います。
一方で、山口や松田のような形で力をつけていく選手もいる点が、日本水泳の地力の向上・裾野の拡大を示しているのだろうと思います。

 これからも、日本人スイマーの活躍から、目が離せません。


関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[大相撲] 9月場所 前半戦評価
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
Entry TAG
山口観弘   国体で世界新   古橋広之進  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930