FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB2019] オールスターゲームを目前にしての各地区順位
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2019年のMLBオールスターゲームは、7月9日(火)、クリーブランド・インディアンズの本拠地・プログレッシブフィールドで開催されます。

 オールスターゲームは、MLBレギュラーシーズンの「折り返し」を示す存在です。
 このタイミングで、2019年シーズンの様相を観てみましょう。

[7月3日終了時点]

[アメリカンリーグAL]
[東地区]
① ニューヨーク・ヤンキース 55勝29敗・勝率.655
② タンパベイ・レイズ 50勝37敗・勝率.575 6.5ゲーム差
③ ボストン・レッドソックス 45勝41敗・勝率.523 11.0ゲーム差
④ トロント・ブルージェイズ 33勝54敗・勝率.379 23.5ゲーム差
⑤ ボルチモア・オリオールズ 25勝61敗・勝率.291 31.0ゲーム差

[中地区]
① ミネソタ・ツインズ 54勝31敗・勝率.635
② クリーブランド・インディアンズ 47勝38敗・勝率.553 7.0ゲーム差
③ シカゴ・ホワイトソックス 41勝42敗・勝率.494 12.0ゲーム差
④ カンザスシティ・ロイヤルズ 29勝58敗・勝率.333 26.0ゲーム差
  デトロイト・タイガース 27勝54敗・勝率.333 25.0ゲーム差

[西地区]
① ヒューストン・アストロズ 55勝32敗・勝率.632
② オークランド・アスレティックス 47勝40敗・勝率.540 8.0ゲーム差
③ テキサス・レンジャーズ 46勝40敗・勝率.535 8.5ゲーム差
④ ロサンゼルス・エンゼルス 44勝43敗・勝率.506 11.0ゲーム差
⑤ シアトル・マリナーズ 38勝52敗・勝率.422 18.5ゲーム差

[ナショナルリーグNL]
[東地区]
① アトランタ・ブレーブス 51勝36敗・勝率.586
② フィラデルフィア・フィリーズ 45勝41敗・勝率.523 5.5ゲーム差
③ ワシントン・ナショナルズ 44勝41敗・勝率.518 6.0ゲーム差
④ ニューヨーク・メッツ 39勝48敗・勝率.448 12.0ゲーム差
⑤ マイアミ・マーリンズ 32勝52敗・勝率381 17.5ゲーム差

[中地区]
① ミルウォーキー・ブリュワーズ 46勝41敗・勝率.529
② シカゴ・カブス 45勝42敗・勝率.517 1.0ゲーム差
③ セントルイス・カージナルス 42勝42敗・勝率.500 2.5ゲーム差
④ ピッツバーグ・パイレーツ 42勝43敗・勝率.494 3.0ゲーム差
⑤ シンシナティ・レッズ 40勝44敗・勝率.476 4.5ゲーム差

[西地区]
① ロサンゼルス・ドシャース 59勝29敗・勝率.670
② コロラド・ロッキーズ 44勝42敗・勝率.512 14.0ゲーム差
③ アリゾナ・ダイヤモンドバックス 43勝45敗・勝率.489 16.0ゲーム差
④ サンディエゴ・パドレス 42勝44敗・勝率.488 16.0ゲーム差
⑤ サンフランシスコ・ジャイアンツ 39勝47敗・勝率.453 19.0ゲーム差

 AL、NL、計6地区の様子を観ると、2019年シーズンは「独走」が多いという印象です。

 NL中地区を除くと、現在首位のチームが2位を大きく引き離しているのです。

 中でも、NL西地区のドジャースは、勝率.670とMLB最高勝率ですし、2位のロッキーズを11.0ゲームも引き離していますから、興味は「地区優勝決定時期」になっているのかもしれません。

 シーズン当初はぶっちぎっていた、AL西地区のアストロズですが、このところやや勝率を落とし、2位アスレティックスとの差も8.0ゲームとなっています。とはいえ、まだまだ独走であることに変わりはありません。

 AL東地区のヤンキースは、シーズン開始直後からレイズと激しい首位争いを展開していましたが、6月に入ってからレイズを引き離し始めて、現在では6.5ゲーム差を付けています。
 この地区は1位と2位のチームが共に高勝率ですので、「他の地区から勝ち星を奪っている」形でしょう。
 アーロン・ジャッジ選手の復帰以降、一層勢いを増しているヤンキースの、今後の戦い振り、ポストシーズンに向けての準備が注目されるところでしょう。

 AL中地区のツインズも、とても好調なシーズンを展開しています。
 勝率.635もとても高く、相当頑張っているインディアンズを7.0ゲーム離しているのです。
 
 ALに付いて観れば、ワールドシリーズ進出に向けて、ヤンキース、ツインズ、アストロズの三つ巴の争いが、今からとても楽しみです。

 「独走」のチームの中では、NL東地区のブレーブスは、まだ盤石とは言えない感じがします。
 フィリーズやナショナルズにも、まだまだ地区優勝に向けてチャンスがありそうです。

 そして、6地区で唯一の「混戦」となっているのが、NL中地区です。
 1位のブリュワーズから5位・最下位のレッズまで4.5ゲーム差と言うのですから、どのチームにも地区優勝の可能性が残されています。
 カージナルスの意外な不振が原因のひとつであろうと思いますが、個人的にはシンシナティの反攻に期待しています。

 今回は、7月3日終了時点の、各地区のレギュラー次ズンの順位を観てきました。
 「独走」の地区が多いのが、2019年レギュラーシーズンの特徴でしょう。

 とはいえ、2017年シーズン辺りから「大連勝・大連敗」が目立つ、「20」を超えるような連勝も時々眼にするようになって来たMLBですから、「独走」しているチームにとっても、油断は禁物ということなのでしょう。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[陸上競技・日本選手権2019・男子400mH] 安部孝駿選手 見事なレース
NEW Topics
2016年~20年のスーパーボウルを彩った新進気鋭のクオーターバック達
[競馬(無観客)] 大阪杯2020の注目馬
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
Entry TAG
MLB2019・オールスターを前にしての各地区の順位  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930