FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB2019] オールスターゲームを目前にしての各地区順位
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2019年のMLBオールスターゲームは、7月9日(火)、クリーブランド・インディアンズの本拠地・プログレッシブフィールドで開催されます。

 オールスターゲームは、MLBレギュラーシーズンの「折り返し」を示す存在です。
 このタイミングで、2019年シーズンの様相を観てみましょう。

[7月3日終了時点]

[アメリカンリーグAL]
[東地区]
① ニューヨーク・ヤンキース 55勝29敗・勝率.655
② タンパベイ・レイズ 50勝37敗・勝率.575 6.5ゲーム差
③ ボストン・レッドソックス 45勝41敗・勝率.523 11.0ゲーム差
④ トロント・ブルージェイズ 33勝54敗・勝率.379 23.5ゲーム差
⑤ ボルチモア・オリオールズ 25勝61敗・勝率.291 31.0ゲーム差

[中地区]
① ミネソタ・ツインズ 54勝31敗・勝率.635
② クリーブランド・インディアンズ 47勝38敗・勝率.553 7.0ゲーム差
③ シカゴ・ホワイトソックス 41勝42敗・勝率.494 12.0ゲーム差
④ カンザスシティ・ロイヤルズ 29勝58敗・勝率.333 26.0ゲーム差
  デトロイト・タイガース 27勝54敗・勝率.333 25.0ゲーム差

[西地区]
① ヒューストン・アストロズ 55勝32敗・勝率.632
② オークランド・アスレティックス 47勝40敗・勝率.540 8.0ゲーム差
③ テキサス・レンジャーズ 46勝40敗・勝率.535 8.5ゲーム差
④ ロサンゼルス・エンゼルス 44勝43敗・勝率.506 11.0ゲーム差
⑤ シアトル・マリナーズ 38勝52敗・勝率.422 18.5ゲーム差

[ナショナルリーグNL]
[東地区]
① アトランタ・ブレーブス 51勝36敗・勝率.586
② フィラデルフィア・フィリーズ 45勝41敗・勝率.523 5.5ゲーム差
③ ワシントン・ナショナルズ 44勝41敗・勝率.518 6.0ゲーム差
④ ニューヨーク・メッツ 39勝48敗・勝率.448 12.0ゲーム差
⑤ マイアミ・マーリンズ 32勝52敗・勝率381 17.5ゲーム差

[中地区]
① ミルウォーキー・ブリュワーズ 46勝41敗・勝率.529
② シカゴ・カブス 45勝42敗・勝率.517 1.0ゲーム差
③ セントルイス・カージナルス 42勝42敗・勝率.500 2.5ゲーム差
④ ピッツバーグ・パイレーツ 42勝43敗・勝率.494 3.0ゲーム差
⑤ シンシナティ・レッズ 40勝44敗・勝率.476 4.5ゲーム差

[西地区]
① ロサンゼルス・ドシャース 59勝29敗・勝率.670
② コロラド・ロッキーズ 44勝42敗・勝率.512 14.0ゲーム差
③ アリゾナ・ダイヤモンドバックス 43勝45敗・勝率.489 16.0ゲーム差
④ サンディエゴ・パドレス 42勝44敗・勝率.488 16.0ゲーム差
⑤ サンフランシスコ・ジャイアンツ 39勝47敗・勝率.453 19.0ゲーム差

 AL、NL、計6地区の様子を観ると、2019年シーズンは「独走」が多いという印象です。

 NL中地区を除くと、現在首位のチームが2位を大きく引き離しているのです。

 中でも、NL西地区のドジャースは、勝率.670とMLB最高勝率ですし、2位のロッキーズを11.0ゲームも引き離していますから、興味は「地区優勝決定時期」になっているのかもしれません。

 シーズン当初はぶっちぎっていた、AL西地区のアストロズですが、このところやや勝率を落とし、2位アスレティックスとの差も8.0ゲームとなっています。とはいえ、まだまだ独走であることに変わりはありません。

 AL東地区のヤンキースは、シーズン開始直後からレイズと激しい首位争いを展開していましたが、6月に入ってからレイズを引き離し始めて、現在では6.5ゲーム差を付けています。
 この地区は1位と2位のチームが共に高勝率ですので、「他の地区から勝ち星を奪っている」形でしょう。
 アーロン・ジャッジ選手の復帰以降、一層勢いを増しているヤンキースの、今後の戦い振り、ポストシーズンに向けての準備が注目されるところでしょう。

 AL中地区のツインズも、とても好調なシーズンを展開しています。
 勝率.635もとても高く、相当頑張っているインディアンズを7.0ゲーム離しているのです。
 
 ALに付いて観れば、ワールドシリーズ進出に向けて、ヤンキース、ツインズ、アストロズの三つ巴の争いが、今からとても楽しみです。

 「独走」のチームの中では、NL東地区のブレーブスは、まだ盤石とは言えない感じがします。
 フィリーズやナショナルズにも、まだまだ地区優勝に向けてチャンスがありそうです。

 そして、6地区で唯一の「混戦」となっているのが、NL中地区です。
 1位のブリュワーズから5位・最下位のレッズまで4.5ゲーム差と言うのですから、どのチームにも地区優勝の可能性が残されています。
 カージナルスの意外な不振が原因のひとつであろうと思いますが、個人的にはシンシナティの反攻に期待しています。

 今回は、7月3日終了時点の、各地区のレギュラー次ズンの順位を観てきました。
 「独走」の地区が多いのが、2019年レギュラーシーズンの特徴でしょう。

 とはいえ、2017年シーズン辺りから「大連勝・大連敗」が目立つ、「20」を超えるような連勝も時々眼にするようになって来たMLBですから、「独走」しているチームにとっても、油断は禁物ということなのでしょう。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[陸上競技・日本選手権2019・男子400mH] 安部孝駿選手 見事なレース
NEW Topics
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 正代関 初優勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 8勝目
[セリエA2020~21(無観客)] 9月19日 開幕
[ブンデスリーガ2020~21(無観客)] 9月18日 開幕
[NBA2019~20・プレーオフ(無観客)] NBAファイナル進出への戦い
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 7号2ランホームラン
[NFL2020~21(無観客)] 開幕 そして第2週 総額1億円超の罰金
[リーガエスバニョーラ2020~21(無観客)] 9月12日 開幕
[プレミアリーグ2020~21(無観客)] 9月12日 開幕
[PGAツアー2020~21(無観客)・全米オープン] ブライソン・デシャンボー選手 初優勝
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 中日を終えて 稀に見る大混戦
[テニス全米オープン2020(無観客)女子シングルス] 「チームなおみ」の存在感
[MLB2020(無観客)] 全60試合の約50試合を終えて
[2020年インディ500(無観客)] 佐藤琢磨選手 2度目の優勝!
ウイングドフット・ゴルフクラブ・西コースで開催された、過去5度の全米オープン
[陸上競技インカレ2020(無観客)] 女子100m競走 児玉芽生選手  11秒35
[陸上競技インカレ2020(無観客)] 男子走り幅跳び 橋岡優輝選手 8m29cm!
[NPB2020(観客数制限)] 岡本和真選手の2本のホームラン
[テニス全米オープン2020(無観客)女子シングルス] 大坂なおみ選手 2度目の制覇!
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン2勝目
[NPB2020(観客数制限)] 原辰徳監督 通算1,067勝!
[テニス全米オープン2020女子シングルス] 大坂なおみ選手 2度目の決勝進出!
[スーパーラグビー2020] 初の女性主審が笛!
[PGAツアー2019~20(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 初の年間王者
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 活躍が注目される10名の力士
[MLB2020(無観客)レギュラーシーズン] 約40ゲームを終えて
[PGAツアー2019~20プレーオフシリーズ最終戦] 2日目を終えて
[全米オープンテニス2020(無観客)女子シングルス] 大坂なおみ選手 4回戦進出
[MLB2020(無観客)] 「どっしりと」 ダルビッシュ有投手 7連勝
[温故知新2020-競泳10] 女子100m背泳ぎ オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技14] 女子4×100mリレー オリンピックメダル獲得チーム
[競馬コラム277] 2020年のイギリス競馬クラシックレース
[PGA2019~20プレーオフ第2戦(無観客)] 松山英樹選手 「懸命」の戦い
[ニトリレディスゴルフ2020(無観客)] 笹生優花選手 2大会連続優勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有VS秋山翔吾 ダルビッシュ6連勝!
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-4] 白いスパイク
[MLB2020(無観客)] 菊池雄星投手 今シーズン初勝利
[MLB2020(無観客)] 山口俊投手 メジャー初勝利
[セイコーゴールデングランプリ陸上2020(無観客)] 女子1,500m 田中希実選手の日本新記録
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 開幕4連勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 5連勝
[PGA2019~20プレーオフ第1戦(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 独走優勝!
[UEFA-CL2019~20(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 6度目の優勝
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-3] 16試合で柵越えのホームランは2本
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 決勝T会場はポルトガルの「カテゴリー4」スタジアム
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-2] 東西の横綱対決
[2020年 甲子園高校野球交流試合(無観客)] 明石商チーム・中森俊介投手 登板
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 決勝は「パリ・サンジェルマンVSバイエルン・ミュンヘン」
[Jリーグ2020(観客数制限)] 川崎フロンターレ 10連勝
[NPB2020(観客数制限)] 菅野智之投手 完封勝利で開幕8連勝!
Entry TAG
MLB2019・オールスターを前にしての各地区の順位  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930